アドレスタン(トリロスタン)の犬への副作用について

今までクッシング症候群の薬を飲ますのかずっと悩んでいましたが、最終的に投薬治療を始めまして、ホワイトの調子が非常に良いです。

正直もっと早く始めていればと若干後悔もしているので、同じような方の参考になるようにアドレスタン(トリロスタン)を飲んでの感想や副作用について書いていきたいと思います。

続きを読む »

犬の黒いイボが大きくなるのは悪性でピンクは良性!

犬には様々な皮膚の病気がありますが、今回はイボについて取り上げたいと思います。

犬にできるイボにも良性のものと悪性のものがあり、その色や大きさによって治療方法も違ってきます。

イボの色の違いから悪性良性の見分け方と、イボになる原因と治療法について詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む »

犬の目が白いのは病気!目やにや充血には要注意!

犬の目の病気には白く濁ってしまう症状が出るものと赤く充血するものがあります。

その症状によってある程度どのような病気であるのか検討をつけることができるので、目の色や白目の色をしっかりと観察しておくことは重要です。

今回は目の病気を見つける際のポイントについて詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む »

犬のヘルニアの初期症状と治療法!手術の費用やリスクとは

犬のヘルニアも今は聞きなれた病気の一つとなっています。

犬の場合は持って生まれた体の形もあるので、ヘルニアになりやすい犬種などもいて、その症状や治療法はぜひ知っておきたいことでもあります。

そこで今回は、犬のヘルニアの初期症状と治療法、手術をする場合の費用やリスクについて詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む »

犬が痛がらないのにびっこを引く原因は仮病かも

犬が賢いのは有名ですが、実は仮病を使って飼い主を心配させるという犬がいます。

よく聞く仮病の使い方としては、足をびっこ引いて歩き、心配して触っても全く痛そうにしないという状態がそれに当たります。

では一体なぜそのような行動をするのか、何のためにびっこをひいて足をけがしているような仮病を使うのか、原因を考えていきたいと思います。

続きを読む »

犬の歯周病を放置すると抜歯が必要!治療法や値段について

犬は歯周病が非常に多いと言われていますが、実はそこまで口内ケアをしていない飼い主さんも多いのが実情です。

犬は虫歯にあまりなりませんので、歯周病も軽く考えている方が多いですが、とても怖い病気で最悪手術で抜歯する必要があったりもいます。

今回は主な治療法やその気になるお値段などをご紹介したいと思います。

続きを読む »

犬の虫歯の症状は穴空き、痛み、腫れ!治療費はいくら?

最近まで、犬は虫歯にならないと考えられていましたが、犬の食事の変化や環境の変化など色々な条件が変化したこともあり、犬の口内トラブルや虫歯は増えてきています。

主な症状としては、穴空き、痛み、腫れなどが考えられ、当然治療費の負担も心配な部分です。

そこで今回は、犬の虫歯について取り上げ、具体的な症状や治療法について説明していきたいと思います。

続きを読む »

犬の耳が臭い、赤い、かゆいのはカビが原因!

犬は比較的耳の病気にかかりやすい動物ですので、定期的に耳が臭い、赤い、痒いなどの状態になることが多いです。

その理由は、耳の中の通気性を確保できない垂れ耳の犬種がいるという体の構造的な問題もありますが、カビやダニなど通常の生活をしていても感染源となる原因が身近にあるからです。

今回は犬の耳が臭い、赤い、かゆい場合に考えられる耳の病気とその症状、またカビやダニなどの原因や治療法について詳しく説明していきたいと思います。

続きを読む »

犬のしっぽが上がらない病気!-下がる・丸める・震える-

犬のしっぽは、犬が喜怒哀楽を表す1つの表現方法となっていますが、感情以外にも病気や犬の体調などを知らせてくれる重要な役割を果たしています。

例えば、しっぽが上がらない、下がる、丸める、震える、これは全て何かしらのサインかもしれません。

そこで今回は、犬のしっぽの状態を色々な角度から見て、しっぽの状態から分かる病気について紹介していきたいと思います。

続きを読む »

犬のてんかんの症状や原因、寿命について!前兆や後遺症はあるの?

人間のてんかんは有名ですが、犬にもてんかんの症状が現れることがあります。

どのような原因で発症するのか、てんかんと寿命に関係はあるのか、知らない事も多い病気です。

今回は発作の前兆や発症後の後遺症などを含め、犬のてんかんの症状や原因を解説していきます。

続きを読む »

犬がタバコを食べた時の致死量とは!誤飲の症状や副流煙の影響!

タバコは犬に限らず、生き物が誤飲してしまうと命に関わる危険なものですが、実際に食べた場合の致死量やニコチン中毒の症状はどのようなものなのでしょうか。

そもそもタバコの副流煙は人体だけでなく犬にも悪影響だと言われています。

今回は犬がタバコを食べた時の致死量や、誤飲した場合の症状、副流煙の影響などを詳しく説明します。

続きを読む »