犬と節分!豆は食べて平気?生の大豆は危険?

2月3日は節分の日ですが、犬は豆を食べても平気なのでしょうか?

節分の日に犬に豆を与える飼い主さんは多いと思いますが、この時に飼い主さんは注意が必要です。

生の大豆の場合には中毒症状が出る可能性もありますので、今回は節分の日に犬に豆を食べさせて平気なのかを紹介します。

Sponsored Link

豆は食べて平気

節分の日、愛犬に豆を与える飼い主さんが多くいると思いますが多くの量を犬に与えると、消化不良などを起こしてしまう場合があります。

また犬が多くの量の豆を食べてしまうと、喉に詰まらせたりして獣医さんに厄介になる羽目にもなります。

なので、犬には少量の豆を食べさせることを飼い主さんは心がけなければなりません。

最大でも20粒ぐらいまでです。

例えばですが、家で豆まきをする場合に室内犬のワンちゃんは床に落ちている豆を食べてしまい、多くの豆を口にすることになります。

その場合は危険ですのでハウスに入れてから豆まきをするなどの対策をし、犬には別に豆を与える方がいいでしょう。

それでも心配な飼い主さんは、豆を茹でてから与えると消化不良などを起こさず安全に与えることができます。

豆を食べる危険性

豆の危険性については上記でも少し説明したように、消化不良を起こしてしまうことです。

大量の豆を一気に与えてしまうと犬種によっては下痢になったり、便に豆が混じってしまうこともあります。

大量の豆を消化しきることは犬にはできないのです。

更に豆にはラフィーノースとスタキオースが大量に含まれており、犬の酵素によっては消化しきれないことがあります。

これらの成分は有害なガスを発生させますので、鼓腸症になってしまうこともあります。

豆を大量に与えると喉に詰まらさせてしまう犬が多くいます。

高齢の犬の場合、一気に豆を与えると喉に詰まらせてしまい呼吸困難にまでなっていまうこともありますので、高齢犬の場合には必ず茹でるなどの対策をする必要があります。

生の大豆について

生の大豆には、多くのトリプシン・インヒビターが含まれており、それが犬にとっては有害な物質になります。

犬がこれらの物質を多く摂取すると消化不良やアレルギー、鼓腸症、皮膚疾患を引き起こす場合があるので、生大豆の場合は、危険と言って良いでしょう。

しかしトリプシン・インヒビターを消す方法はあります。

その方法が生大豆を加熱してあげることです。

大豆を加熱してあげることで、トリプシン・インヒビターを消すことができますので、これらの成分を消してあげることで犬に大豆を食べさせても平気にはなります。

しかし、過剰な豆の量を与えることは非常に危険なので止めましょう。

犬との節分

愛犬と節分を迎える上で、知っておきたい知識や注意点を紹介します。

犬に鬼のお面は無意味

節分の日に鬼のお面で犬を怖がらせようとする飼い主さんは多いかもしれません。

しかし効果なしです。

犬は顔でも飼い主を認識していますが、犬の優れた嗅覚を使って臭いでも飼い主を識別しています。

顔は鬼でも臭いが飼い主なら飼い主だと判断し、着けていたお面を噛まれて、外され、くしゃくしゃにされるのがオチでしょう。

地域によって豆が違う

実は地域によって節分の文化が違います。

私は神奈川県民なので、関東に住んでる方と同じ目線で記事を書いていますが、読者の中には、節分の豆は大豆じゃないと思った方もいるかもしれません。

節分の日に大豆ではなく落花生を使って豆まきをする地域があります。

その地域は北海道や宮崎県仙台市付近や、上信越地方、宮崎県や鹿児島県などが挙げられ、これらの地域では大豆ではなく落花生を撒くようです。

落花生の場合、犬は落花生の殻なども一緒に食べてしまいますので非常に危険なんです。

落花生の皮は非常に消化に悪いので、犬には与えてはいけません。

喉に詰まらせることなどもありますので落花生を節分に撒く地域の飼い主さんは注意が必要ですよ。

関連記事:体調も良く、節分とバレンタインを無事迎えられました!

まとめ

  • 犬も豆は食べて平気
  • 食べるなら少量にしよう
  • 生の大豆は絶対にダメ
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す