初めまして、こんにちは。

どうも、羊と申します。

この度から愛犬ホワイトさんについて書かせてもらう事になりました。

よろしくお願いします。

まずは軽くですが自己紹介をしていきますね。

名前 羊
性別 女性
年齢 23
趣味 天体観測

はい、ざっくりとこんな感じです。

ホワイトさんとは10歳の時からずっと一緒に暮らしており、大切な家族又は兄弟のように思っています。

このブログでは、ホワイトさんの日々の出来事や他愛もない日常を書いていきたいなと思っています。

…後は、最近頑張っている料理などなど。

料理はオマケだと思って寛大な心で見てあげてくださいね。

ではでは早速ですが、ホワイトさんについて書きます。

実は今年の6月の終わりに左後ろ足の十字靭帯を切ってしまい、獣医さんには治る確率は8割りと言われ手術を勧められました。

小型犬だと安静にしていれば完治はしないものの、すぐに治るらしいのですが、ホワイトさんは11キロ近くあるため、安静にしつつまずは9キロくらいまで体重を落とさないといけませんでした。

絶対安静と言ってもどのくらい?って話ですが、もちろんお散歩はNG。

理想を言えば、家の中でも歩かせない。です。

最初に獣医さんに「家の中でも歩かせない」って言われた時「それは無理でしょ!」と思いましたよ。

でも、やりました(笑)

治してあげたい一心で。

寝室から布団を持ってきてソファを仕切りにして、リビングの生活スペースを6畳くらいに狭めました。まるでワンルームのようでした。

その努力あってか1ヶ月半くらいでゆっくり歩けるようになり、お散歩OKの許可も出て少しずつ距離も伸ばし、今では足をケガしたなんて言わなければ分からないくらい走りまわったり元気にしていました。

高齢犬なので、リスクを抱えて手術しなくて良かったね。って。

前置きが長くなりましたが、そんなこんなで最近は今まで通りに生活をしていたのです。

が、今月13日に今度は逆の足…右後ろ足の靭帯を切ってしまいました。

前回の左足は全部プッチンと切れましたが、今回は部分的に切れたみたいで左足の時よりも歩けます。

先生からは、安静にして2週間後にまたきてね。と。

今回もまたリビングを狭くして、絶対安静にしています。

治りますようにと祈りながら介護生活をしていますが、フラフラ歩いてる姿を見るとかなしくなります。

だけど、痛くて一番つらいのはホワイトさん本人だし、私達は支えてあげることしかできません。

犬は飼い主の表情を見ている。

私達がかなしい顔をしていたら不安になります。

なのでホワイトさんの前では、明るくいたいと思います。

これからどうなるかは誰にも分からないけども、いい方向へ向いてくれたら良いなと願っています。

しばらくは介護ネタが多いかもしれませんが、よろしくお願いします。

そして最後に、料理ネタで終わりたいと思います。

15-11-15-22-35-55-108_deco.jpg

鶏胸肉のトマト煮でした。

胸肉がさっぱりしていて美味でしたよ。

納豆は、初めて買ってみた梅風味の黒酢ダレとやら。

ほんのり甘くクセになりそうです。

梅や黒酢がお好きな方は是非お試しあれです。

ここまでお付き合いありがとうございました。

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す