犬はストーブで火傷しやすい!ストーブガードの重要性!

Wood stove dog
flickr photo shared by BarelyFitz under a Creative Commons ( BY ) license

犬は人間よりもストーブで火傷しやすいという特徴があります。

冬の季節は人間も犬もストーブが大好きですが、ストーブガードなどで安全対策することが重要でしょう。

今回は犬がストーブで火傷しやすい理由や、おすすめストーブガードをご紹介します。

Sponsored Link

犬は熱を感じにくい

寒さが苦手な犬はストーブの前に陣取り、ストーブにくっついてさえいます。

「動物だから熱さには敏感なはず」とか「やけどする前に気が付くだろう」とか、ついついそう思いがちなのですが、そんな事はないのです。

犬の体を覆っている被毛は、皮膚を守る為に厚く密に出来ているんです。

つまり犬の皮膚そのものに熱さは届きにくく、そのぶん犬はストーブに近づきます。

長い毛の場合は、特にその傾向があります。

油断をすれば犬が熱いと感じる頃にはもう手遅れになっている事るがあり、軽く毛がコゲている状態かもしれないのです。

被毛で熱が肌に届きにくいからです。

人間が厚手のコートを着て、ストーブの前に居るのと同じ原理ですね。

熱いと感じないままコートを焦がしたりしてしまいます。

低温火傷の危険性

実は私の知り合いに、ホットカーペットで低温やけどを負わせてしまった人が居ます。

人間がちょっと触ったくらいでは決して熱いとは言えないホットカーペットなのですが、その犬はかなりの長時間(1時間~2時間)ホットカーペットの上で眠ったりしてジッとしていたそうです。

そんなある日の事、何気なく尻尾を見たら付け根が黄色く変色していて毛がうっすらしかなくなって少し血が滲んでいたそうです。

普段はあまりよく見えない場所なので、すぐには気が付かなかったみたいです。

そして急いで動物病院へ、獣医さんから低温やけどと診断されました。

処方された薬を塗る事ですぐにやけどは治ったみたいでなので良かったですが「痛かっただろうと思うと可愛そう。」と知り合いの方は言っていました。

石油ストーブによる一酸化炭素中毒

これは熱による事故ではありませんが、我が家のストーブは愛犬が近づけないように工夫しているから平気と安心していると別の角度で危険が潜んでいます。

機密性の高い部屋で石油系のストーブを使用すると、一酸化炭素中毒になってしまう危険があります。

中毒を引き起こすのは犬も人間も同じですから、元々知っている方も多いかもしれませんが、換気は充分に行いましょう。

火傷から守るには

四六時中、犬を見張っているわけにもいきませんからやはりストーブ事故などによる火傷を防ぐためには工夫が必要です。

ここでは安全対策に関してご紹介します。

ストーブガードの活用

ストーブであればストーブガードというのが商品として売られています。

これはファンヒーターでも代用ができます。

ファンヒーターの熱風でも低温やけどをしてしまいますから、ストーブガードがあれば安心安全です。

我が家の愛犬も実家にいた頃、一度だけ石油ストーブの天板の一番熱い部分(やかんを乗せたりする所)に両手を掛けた事がありまして、さすがに熱かったらしく直ぐに離れたのでやけどはしませんでしたが、見ていたこちらはびっくりしてしまいました。

それからはストーブガードを必ず併用するようにしています。

▼ストーブガード(楽天市場に飛びます)

楽天で調べてみましたが、2000円~4000円あたりでそこそこ良いのが買えそうでした。

エアコンの使用

ペットをお留守番させて外出する際の暖房には、これが1番安全と言われています。

注意点としては、暖房を1日中付けっ放しにしていて暖かい部屋に居た犬を、お散歩やお出かけでいきなり冷たい外に出すのは体にとても負担になり、急激な温度差で体調を崩してしまう恐れがあります。

温めすぎにはくれぐれも注意して、特に子犬や老犬の温度管理は慎重にしましょう。

しかし被毛が焼け焦げるようなストーブ事故に比べればよっぽど安全でしょう。

我が家でも実家のストーブで危ない思いをしたことがあるので、今の住まいではエアコン派です。

ホットカーペットの上に1枚敷く

低温火傷の場合には、直接犬の体に暖房器具の熱が当たらないようにする事が重要です。

ホットカーペットの上にフリースなどを広げて敷き、直接熱に当たらないようにしたり、長時間その場に居ないように気をつける事でやけどを回避できます。 

まとめ

  • 犬は熱を感じにくいため被毛が燃えても動かない
  • ホットカーペットやファンヒーターは低温火傷の危険性がある
  • ストーブを使う場合はストーブガードを併用しよう
  • 愛犬家はエアコンの利用に切り替えるのが安全
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す