犬は寒さに強い?弱い?下痢や吐くといった症状も!

犬は本来は寒さに強い動物ですが、それも犬種により寒がりな犬とそうでない犬の違いがあり、日頃の生活環境によっても違います。

冬になると犬が下痢したり吐くという話も聞きます。

今回は、犬が寒さに強いのか弱いのか、寒さで犬が下痢したり吐くという症状が出るのか紹介します。

Sponsored Link

犬の寒さへの耐久性

雪という童謡の歌詞に、このような一節があります。

【以下引用】
雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭かけまわり
猫はこたつで丸くなる
【引用元:世界の民謡・童謡

この童謡は学校などで習うことも多く、犬は寒さに強いというイメージが定着しているのではないでしょうか。

基本的に、日本犬は寒さに強いと言えます。

日本犬の代表とも言える、柴犬や秋田犬などは体の毛が下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)の二重構造(ダブルコート)になっています。

アンダーコートは非常に密で柔らかく身体の保温に適しています。

元々、寒い地域が原産の犬種や寒い地域で飼うことが出来るように品種改良された犬種はダブルコートの為、寒さには強いです。

犬種としましては、ゴールデンレトリーバーの種類やセントバーナード、ピレネー、バーニーズやハスキーのようなダブルコートであり、なおかつ皮下脂肪が厚い犬種はさらに寒さに強いと言えます。

寒さに強い犬種

↓寒さに強い犬種↓

コーギー、ポメラニアン、シェットランド・シープドッグ、ミニチュア・シュナウザー、レトリーバー、ボーダー・コリー、テリア系、etc…

これらの犬種は被毛がダブルコートの為、特に寒がる事はないようです。

寒さに強い犬種は水にも強い傾向がある為、雨の日の散歩も苦にならないようです。

オーバーコートのトップコートが水をはじくように出来ているからです。

しかし、いくら寒さに強いからといって冷たい路面を長時間歩かせたりするのは、身体を冷やしてしまうので気をつけたいものですね。

また、寒がりの犬と同じ室内で飼っていて冬は人間も寒いので暖房をつけっぱなしにしていたら、寒さに強いハスキー犬が脱水症状を起こしてしまった、などというお話もあります。

こう言う場合は寒さに弱い犬には服を着せたり、床暖房のような一角だけ温めるような暖房の仕方の工夫が必要となります。

寒さに弱い犬とは?

↓寒さに弱い犬種↓

プードル、ミニチュア・ダックスのスムースコート(ストレートで短毛)、ヨーキー、チワワ、パピヨン、マルチーズ チャイクレ(チャイニーズクレステッド)、イタリアングレイハウンド、etc…

などのシングルコートという種類で、被毛が一重構造で抜け毛が少ない(生え変わらない)犬種となります。

固体差による違い

犬種は関係なく、体型や年齢でも寒さへの影響は変わります。

痩せ形なら寒さには弱いですし、ポッチャリ体型なら寒さには強い場合が多かったりします。

まぁ人間と同じですね。

そうすると、当然高齢になるにつれて、寒さには弱くなると考えた方が良いでしょう。

寒い場合の犬への影響

冬になると食欲がなくなったりウンチが緩くなり下痢をする、時には吐く事もあります。

寒くて身体が冷えるので、冷たいお水を飲むのを嫌がり便秘になる時もありますが大体は下痢の方が多いようです。

それは体調を崩してしまっているのです。

寒さに弱い犬種や脂肪が少ない犬種、幼犬と老犬の場合は特にこの症状が長引いてしまう事もあります。

また、冬には「涙やけ」が酷くなると言うような傾向もあります。

下痢が長引いたり、吐くなどの症状がある場合はすぐに病院へ行きましょう。

まずは慌ててフードを変えたりしないで、朝、晩の気温が下がってきた頃に寝る場所へフリースなどの暖かいモノを敷いてあげてください。

後は、さつまいもやかぼちゃを蒸したものを与えて予防をします。

この時期は暴飲暴食はさけて様子を見ましょう。

犬の寒さ対策

ここでは犬の寒さ対策について紹介します。

室温調整

犬を冬の寒さから守ってあげるには、室内の温度に注意する事です。

ヒーターなどで急激に温めるよりも、太陽光を取り入れひなたぼっこが出来るくらいにしてあげます。

暑ければ犬は自分で移動しますね。

お外で飼われている犬も冬は南の温かい場所へ移動するのは良いかもしれません。

散歩の時はコートを着せたり、気温が高い時間に外出するなど心掛けたりするのは重要ですし、雪が降ったり風が強い日は散歩に行きたがらない犬も居るようなので、そういった時は無理強いをして連れて行かないようにしましょう。

低温火傷に注意

ホットカーペットや床暖房の上は温かいので犬が好む場所の1つです。

しかし、温度に気をつけなければいけません。

長時間ホットカーペットや床暖房の上に居ると低温ヤケドをしてしまう可能性があります。

主にしっぽの付け根の裏側をヤケドすることが多いらしいです。

犬が長時間動かないようなら、ホットカーペットや床暖房の電源を下げるかOFFにしましょう。

多めに運動させる

夏の暑さは犬にとって大敵でコンクリートも熱く、昼間は散歩にもなかなか行けません。

冬なら熱中症の心配などはほとんどありませんから、思いっきりお外で遊んで運動不足を解消するには良い季節と言えます。

動き回って体も温まれば、冬の寒さも吹き飛ぶでしょう。

犬の本能を利用する

温かいコンクリートの上や、部屋の陽が当たる所に犬がよく伏せてじっとしている光景を見た事はありませんか?

あの行動は寒かったり、夏であれば冷房で冷えたりした時などに犬が行う行動で、風邪を引いたりお腹を壊さない様にする為の健康法と考えられています。

人間は寒くなくても、犬は寒がっている時だってあります。

人間は着る物で調節したり飲み物や食べ物を取るなどして、コントロールしていますが犬にはそれが出来ません。

部屋の一角にいつでも暖まれるような場所を作るというのは、犬の本能を利用した効率的な寒さ対策と言えるでしょう。

まとめ

  • 犬種や個体差で寒さへの強さも違うな
  • 寒さで具合を悪くする場合もある
  • 温度調節など寒さ対策が重要
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す