地震などの災害時の犬との同行避難の重要性と便利な防災グッズ

地震などの災害時に犬と一緒に避難するには事前の準備がとても大切です。

日頃から一緒に訓練し、十分に準備しておくことで慌てずに安全に同行避難ができます。

今回は愛犬に必要な防災グッズもご紹介します。

Sponsored Link

災害被害にあった犬達の現状

多くの犬達が室内飼いになっている今の時代では地震などの災害によって建物が崩れたり、扉が壊れてしまったりして家を飛び出して行ってしまうことがあります。

災害の規模が大きければ飛び出してしまった犬達の捜索は困難を極めます。

そうして迷子になってしまった犬達は運が良ければ保護してもらえることもありますし、災害の恐怖でパニックに陥り人の手に負えない状態で保護できないこともあります。

また、たとえ保護してもらえても飼い主がわからなければ再会は難しいです。

そうした飼い主不明の犬達は数ある保護施設でひたすら飼い主との再会を待つしかないのです。

同行避難の重要性

同行避難とは人間が避難をする際に愛犬と共に避難をすることです。

同行避難を推奨する理由をいくつか紹介します。

体調管理

犬の中には専門的なケアが必要不可欠な場合もあります。

病気の治療中だった場合は投薬が必要だったり、特別な療法食が必要な犬もいます。

そういった体調管理は飼い主が一番よくわかっていますし、同行避難し一緒にいることによって体調の変化にいち早く気づくことができます。

ストレスケア

犬も急な環境の変化にストレスを感じます。

ただでさえ不安な現状にさらに飼い主とも離れてしまうことになればとてつもなくストレスがかかります。

可能であれば同行避難することでなるべく愛犬と一緒にいてあげることが必要です。

野良犬の繁殖

復興が長引いてしまうとその分迷子になってしまった犬同士が繁殖を行い、保護しきれない野良犬が増えていってしまいます。

野良犬となってしまえば保護の対象だった犬達も次第に殺処分の対象に変わっていってしまうのが現状ですので、災害時には愛犬も同行避難し、野良犬にさせない、野良犬を増やさないというのが非常に重要になってきます。

避難所に犬を連れて行くことについて

愛犬家の中には犬は家族の一員だから避難所でも一緒の空間にいるのは当たり前、と強く思う方が居ると思いますが、残念ながらすべての人が犬好きとは限らないのです。

小さい小型犬だから、うちの子はとてもいい子だから大丈夫というわけにはいかず、小型犬でも犬が怖いという人もいますし、アレルギーを持っている人もいます。

そうした人たちの迷惑にならないようにお互いに譲歩し合うことが大切な課題です。

同行避難をするために必要なしつけ

同行避難が可能だとしても複数の愛犬が一か所に集まるとなれば普段の飼育環境と同じようにとはいきません。

おそらくはケージで過ごすことになるでしょう。

そこで普段からケージに慣れさせることが必要です。

クレイト(ケージ)トレーニング

日頃からお留守番の時など一定時間ケージの中で過ごす時間を作りましょう。

また初めてケージの練習をするときは決して無理やり詰め込んではいけません。

おやつやおもちゃなどを利用して徐々にケージの中に入るように誘導していきます。

次に犬がケージに入ったからと言っていきなり扉を閉めてはいけません。

閉じ込められてしまうという恐怖心を植え付けてしまえば次からなかなか入ってくれないので、初めのうちは出入り自由にしておきましょう。

遊びの中でおやつやおもちゃをケージに入れてとってこさせたりして慣れさせましょう。

その後少しずつ扉を閉めていき、完全に閉めても中で大人しく過ごすことができるようになれば完璧です。

慣れるまでは扉を閉めてもすぐに出してあげましょう。

トイレトレーニング

避難生活中は普段と違ってゲージの中で過ごす時間が増え自由に排泄できない場合や、外の状態によってはお散歩できないこともあります。

いつも外でしかトイレができない犬や逆に家の中でしかしない犬もいると思いますが、衛生面を考慮し一定の場所を排泄のエリアとする避難所もありえますので、状況に応じてどちらでもできるようにしておくと安心です。

基本的には犬がトイレをしている最中に声掛けをすることです。

ワンツーワンツーやトイレートイレーでも構いませんので指示語を決めて練習し、飼い主の指示で排泄できるようになると場所を選ばす上手に排泄できるようになります。

問題行動の矯正

大勢の犬達が一か所に集められることになりますので、犬が嫌いな犬やお散歩中に引っ張り続けるなどの問題行動は犬にとっても周りの人にも迷惑になります。

ほかの犬や人を見て吠え続けるような犬は同行避難が可能な避難所でもトラブルになります。

しっかりと飼い主が制御できるように基本的なしつけを行いましょう。

役立つ防災グッズ

予備の首輪やリード、ペットシーツ、基本的な食事や水、薬などは人同様に確保しておきましょう。

フードはいつも食べなれているものを用意します。

期限切れにならないように普段から大目に買い置きをして順番に開封していくとよいと思います。

服用している薬があれば病名と薬名、服用時間を控えておきましょう。

避難生活で一番重要なのは前述にもあるケージです。

ステンレス製の柵状のものよりもできればクレイト(キャリー・バリケンネルとも)と言われる扉以外の側面が布やプラスチックでおおわれているもののほうが良いでしょう。

柵状だと周りの犬達や騒音がダイレクトに伝わるのである程度目隠しになる方が落ち着きます。

犬用の服も一着あると便利です。

体温の調節だったり、怪我をしたとき手当の後に着せてカバーなります。

犬を清潔に保てますし、抜け毛の飛散防止にもなります。

犬用の靴というのもあり、災害時の危険な地面から足を保護してくれます。

犬が迷子になってしまったときに便利なのがマイクロチップです。

犬の所有者を証明するものは最初に市に届けたときにもらった鑑札と狂犬病予防注射をしたときに毎年もらう狂犬病予防注射済票の2枚のプレートが一般的です。

鑑札の番号はあらかじめ控えておきましょう。

この2枚プレートは常に犬に付けておくことが法律で義務付けられていますが、その大きさゆえに昨今の小型犬には大きすぎて常につけていない飼い主さんもいると思います。

また首輪に付けていても災害時に万が一外れてしまったりしてわからなくなってしまいます。

マイクロチップは犬の体内に埋め込む電子標識器具で直径2㎜長さが12㎜程ととても小さく、首の後ろの皮膚が余っているところに注射と同じような形で埋め込みます。

このチップは15ケタの番号が記録されており、専用のリーダーで数字を読み込んで個体の識別をします。

読み取りのリーダーは動物病院や保健所に配備されているので災害時には迷子の犬はマイクロチップを読み取り飼い主に連絡が届きます。

このマイクロチップは動物病院で入れることができます。

最近では子犬の購入時にすでにマイクロチップが入れられている場合もあります。

人と同様に愛犬にとっても防災はとても大切です。

いつ起こるともわからない災害に対して今日から考え、行動して行きましょう。

まとめ

  • 犬の為に同行避難は重要
  • 全ての人に理解があるわけではないと知っておこう
  • 万が一のために常にしつけておくことが大切
  • マイクロチップを入れておくのが確実
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す