犬との海水浴は危険?生理や下痢などの注意点と便利な持ち物!

暑い季節に涼しさを求めて海水浴に行く機会が増えますが、愛犬家としてはペットも連れて行きたい所です。

しかし犬と行く海水浴は危険も多く、下痢をしたり生理中の気遣いが必要だったりと、注意する点がたくさんあります。
今回は海水浴場に愛犬と行く場合の危険性や注意点、便利な持ち物についてなどをご紹介します。

Sponsored Link

犬との海水浴の注意点

犬も水遊びは大好きですし、ペット同伴で遊べるレジャー施設が少ない中で、海は非常に犬と遊ぶのにピッタリな場所です。

しかし自然の中での遊びは常に危険と隣り合わせということを忘れてはいけません。

とは言え、そこまで神経節になる必要はありませんので、ここで紹介する代表的な注意点はしっかり理解した上で遊びに行くようにしましょう。

暑さによる危険性

犬を海水浴場に連れて行く際に注意する点はまず暑さ対策です。

海水に浸かっていて一見冷たそうに見えますが、海上では木陰などがないので実は直射日光にずっと照らされている状態になりますので、直射日光の熱にやられてしまう場合があります。

また、海を出てからの砂浜も危険です。

犬はサンダル等をはいていないので強烈に熱せられた砂浜に 直接肉球が接してしまいやけどを負ってしまう場合があります。

また、人間よりも体が地面に近い位置にあるので、地面からの照り返しの熱で犬の体が高温になってしまい熱中症になるという危険もあります。

体が水に濡れたままずぶぬれになっているのも実は非常に危険で、毛の中に熱がこもって逆に熱中症になってしまう危険性がありますので、しっかりとタオルで水をふき取ってあげる必要があるでしょう。

以前の記事で犬用のドッグブーツを紹介しているのですが、これは水の中でも脱げないので非常におすすめです。

砂浜ではなく夏場のアスファルトに関する記事ですが、今回のテーマとも関連する部分があるので、良かったら参考にしてみて下さい。

ドッグブーツについては記事内下部に書いてあります。

関連記事:犬の夏場の散歩時間やアスファルトの熱さなど注意点を紹介

また見落としがちなのが、海水に含まれる塩分です。

海水を飲むと逆に喉が渇いてしまいますが、犬が海水を飲んでしまい喉がからからに渇いてしまうというケースもあります。

犬を海水浴させる場合は人間と同じようにこまめな水分補給をさせてあげて脱水症状から犬を守ってあげるというケアも必要になります。

人間と同じように、犬の身体をクールダウンするスプレーやジェルといったものもあるので、そういったものを効果的に活用すれば犬の身体を安全に守りながら海水浴を楽しむことが出来ます。

▼冷却スプレー(楽天市場に飛びます)

犬が生理中の場合

犬が生理中の場合はやはり人間の場合と同じで海水浴は控えるべきです。

まず衛生面で、海水浴場には他のお客さんも来ているのですから、他のお客さんもみんな動物好きとは限りません。

犬のことが好きではない人にとっては、犬が海水浴をしているだけでも良い印象を持っていないかも知れません。

そんな時にさらに衛生面で問題になるようなことがあるとトラブルの元です。

また、海水自体も完全に綺麗とも言えません。

雑菌等が入って何らかの病気になってしまう可能性もあるので感染症予防という面からも海水浴を控えさせるのが妥当です。

犬が嘔吐や下痢をした場合

犬が嘔吐や下痢をした場合に疑われるのは熱中症です。

犬がハアハアと息苦しそうな様子をしている場合はさらに熱中症の可能性が高まります。

このような症状が見られた場合はとにかく一刻も早く身体を冷やして水分補給をさせる必要があります。

涼しい場所に移動させて、水が飲める状態であれば、水をたくさん飲ませて水分補給をしてあげます。

人間と同じで、スポーツドリンク等があれば、スポーツドリンクを水で2倍くらいに薄めてから飲ませるのがベストです。

冷水で濡らしたタオルを体、頭やわきの下、内股のつけね等にかけたり、体全体に冷水をかけるなどして、急いで体温を下げることが必要です。

体温は下げずぎないように注意する必要があります。

応急措置をとってなるべく早く病院に連れて行き、獣医師の診察を受ける必要があります。

また、熱中症のような症状が無く、体調も元気そうなのに下痢をしている場合にはお腹の冷えが考えられます。

しかし、お腹はお腹でもあっても腸の冷えが原因ですので、砂の上にタオルを敷いてその上に座らし、体にもタオルをかけて温めるという方法では実は意味がありません。

腸の冷えは内側から温めなければ解消することはできませんので、犬も食べれる温かい食べ物や飲み物を用意して、下痢になる前に腸を冷やさないようにしましょう。

犬と海水浴に行くときに便利な持ち物

犬と海水浴に行く際の便利な持ち物といえば、まず犬用のライフジャケットです。

犬も当然おぼれることがありますし、ずっと犬かきをしていると疲れてきます。

人間と違って泳いでいる時の状態が分かりづらいので、ライフジャケットを身に付けておくととても便利で、万一の時も安心です。

▼犬用ライフジャケット(楽天市場に飛びます)

もう1つは、水をたくさん入れることが出来るポリタンクです。

ポリタンクの中にたくさん水を入れておけば、海水浴終わりに水をかけてあげて海水を落とすことが出来ますし、海水浴中の水分補給も出来て一石二鳥です。

タンクの中に氷を入れておくと、冷たい水で犬の身体をクールダウンしてあげることも出来ます。

▼ポリタンク(楽天市場に飛びます)

まとめ

  • 暑さによる熱中症や日射病が危険
  • 水で腸が冷えると下痢になる
  • 生理中は衛生面を配慮して海水浴は控える
  • 便利なグッズはライフジャケットとポリタンク
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す