犬が夏場に発症しやすい皮膚病の種類と対処法をご紹介

愛犬が急にイライラしたり、そっけない態度をとって明らかに不機嫌な様子の場合には様々な理由が考えられますが、気温が暖かくなってくる梅雨~夏場にかけての場合には皮膚病の可能性が高いです。

今回は夏場に起きる皮膚病についてと、その対処法についてご紹介します。

Sponsored Link

皮膚病は治りにくい病気

愛犬がやけに体を掻いていたり、グゴグゴ体を噛んだりしていて、もしやこれはと思ったら、こぶし大に体毛が剥げ落ちて、地肌が真っ赤に爛れていた。

これは愛犬が皮膚病になった場合のよくある光景です。

室内で飼育しているワンちゃんの場合には冬場の暖房などで乾燥して皮膚炎を起こすこともありますが、やはり気温が暖かくなってくると皮膚病になる犬が多いようです。

まず、皮膚炎にかかるワンちゃんは意外と多く、一度かかると治りにくい病気だという事を知っておいてください。

人間でも、水虫が完治するには結構時間と根気がいるものです。

ワンちゃんは、全身が毛でおおわれていますから、症状に気が付くのも遅れがちで、その分治療も根気が必要です。

夏場に多い皮膚病

皮膚病と言っても、その種類も多岐にわたっていますので、夏場に発症しやすい皮膚病とその対処法をご紹介します。

ノミアレルギー

1番多いのが、ノミアレルギーによる炎症です。

とくに夏場は、この手の寄生虫が大繁殖します。

これは、ノミに噛まれることにより、その唾液に含まれるアレルゲンに対する、アレルギーです。

尾の付け根をフガフガ言いながら何度も噛んだり、後ろ足で掻きすぎて、脇腹の体毛が抜けてしまい、掻いたところが、かさぶたになってしまうワンちゃんもいます。

これは、ノミを退治する以外完治させる道はないので、夏場のノミの猛攻との戦いになります。

基本的には、シャンプーやノミ取り櫛での駆除、薬剤を塗布もしくは散布です。

ノミ取り首輪も販売されていますが、これは、常時薬剤を首に巻いていることになるので、薬剤の塗布と同じように、肌荒れの原因となる場合があります。

あまり使用はおすすめできません。

室内飼育なら、こまめな部屋の掃除も重要です。

ノミの繁殖サイクルは、交尾、産卵、幼虫、さなぎ、成虫、となります。

成虫になると、ピンピン飛び跳ねて、家じゅうに広がって、どんどん増えてしまう危険があるので、そうなる前の卵~さなぎのうちに掃除機で、吸い取ってしまいます。

最近は、卵から成虫までの発育を阻害するスプレーが販売されたので、そちらも試す価値はあります。

ノミがついているかの判断は、非常にかゆがることと、体毛をかき分けると、小さくて黒いつぶつぶのふんが見られることです。

同じ寄生虫のマダニの場合も、その噛み跡が炎症を起こすことが多くあります。

こちらはノミよりも大きいので見つけやすいですが、あわてて取り除くと、ダニがかみついている部分が残ってしまい、それが炎症の原因になってしまうので、駆除には気を使います。

どちらも一度ついてしまうと、完全駆除には手間と時間がかかります。

こまめなシャンプーとブラシ、出来ればお散歩後、家に入る前に必ず行いたいですが、毎日のシャンプーは大変ですから、ブラッシングだけでもしっかり行って、犬の大敵である寄生虫を除去、予防してください。

その他、ハウスダストによりアレルギーを起こすワンちゃんもいますので、やはりお掃除は大事です。

湿度による炎症

もう1つが、湿度によっておこる皮膚炎です。

梅雨から夏にかけて、湿度がどんどん上がります。

この湿度によって、細菌が大繁殖して皮膚炎を起こしてしまいます。

暑さを避けるために、ワンちゃんも、暗く湿ったところ(お腹を冷やせる場所)に避難することが多くなりますが、そういうところは、細菌も繁殖しやすいのです。

対処法ですが、まずワンちゃんの毛をさっぱり刈り込んであげます。

特に長毛種は、湿度が上がり風通しが悪くなると、皮膚病を起こしやすくなります。

すでに皮膚病に罹っていたら、薬もつけやすいですし、熱射病予防にもなるので、思い切って散髪してあげて下さい。

そしてワンちゃんと、ワンちゃんの居場所を清潔に保ってあげることが大切です。

除菌成分が配合されたシャンプーでもいいですし、人間用の薬用石鹸でも効果があります。(こちらの方が、安価で負担が少ないです)

やはり皮膚病対策は、清潔が1番です。

薬による対処法

ここまで、アレルギーと湿度による皮膚病の詳細と対処法をかいてきましたが、あまりにも症状が重いようなら、やはり病院で獣医さんに診てもらうのが1番良いでしょう。

犬の皮膚病は、飼い主さんも悪化して初めて気が付く事が多い為、毛が抜けてしまったり、爛れてしまったり、掻いたり、噛んだりで、ますます悪化させてしまうことも多いです。

あまりに痒がるようなら、獣医さんに痒みと炎症を抑える薬を処方してもらう方が、治りも断然早くなります。

フィラリアの予防接種薬には、寄生虫駆除の成分が入っているものもありますので、発病してしまったら、まずは、獣医さんの診察を受けて、指導を受けることをお勧めします。

Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す