犬が水をたくさん飲むのは病気?飲み過ぎにならない摂取量とは

夏の暑いときや運動後などに愛犬が水を勢い良く飲むというのは、よく見る光景ですが、たくさん飲む場合には病気のサインという可能性もあります。

今回は、犬の水分摂取量の目安と、水を飲み過ぎてしまう病気について、ご紹介したいと思います。

Sponsored Link

平均的な水分摂取量

平均的な水分摂取量と言っても、体重などの個体差によってかなり変わってきますので、まずは個体ごとの目安の算出方法をご紹介します。

1日に最低限必要な水の摂取量の目安は、体重(kg)×50(ml)と言われています。

犬種ごとの体重は、ロイヤルカナン社の分類によると、
小型犬:~10kg
中型犬:11~25kg
大型犬:26~44kg

これらから、水の摂取量の目安を計算すると、
小型犬:~500ml
中型犬:550~1250ml
大型犬:2300~2200ml

小型犬と大型犬、同じ犬でも体の大きさだけで、およそ数倍の違いがありますね。

水分摂取量の調べ方

平均的な水分摂取量を紹介しましたが、正直数字で言われてもパッとしませんよね。

おそらくですが、そもそも愛犬が1日にどれだけの水を飲んでいるかしっかり把握している飼い主さんはそうそういないと思います。

水の飲む量の調べ方ですが、正式なやり方というものはもちろんないので、皆様でやりやすいようにやる感じで全然大丈夫ですが、参考までにいくつか調べ方を紹介します。

適当に水をあげている場合には全く見当もつかないかもしれませんが、ペットボトルに水を満たし、そこからだけ与えるようにすれば、どれだけ減ったかで1日の飲む量を知ることができます。

しかし、ホワイトの飲む量を調べたときは、この方法では上手くいきませんでした。

ホワイトの場合は水を全部飲みきるわけではなく多少残すことがほとんどですし、生意気にも水の前でヒーンヒーンとアピールして、次に飲む際に水を新しく変えさせようとします。笑

ホワイトが新鮮な水好きなせいで、定期的に捨てる分を加味するのが大変でした。笑

▼水待ちのホワイトさん
15-10-09-08-39-23-674_photo.jpg

ホワイトの場合は毎回決まった量を量ってから入れ、捨てる時に再び量って、その差で1日の飲む量を調べました。

量が多かったり少ない場合

まだ愛犬の水の飲む量が分からない方は、まずは、ご自身の愛犬のことを知る所から始めましょう。

愛犬の摂取量を調べた方、元々知っていた方は、先ほどの平均摂取量と比べてみて下さい。

愛犬がもし、平均水分摂取量より多くの水を飲んでいるとしたら、食事に塩分が多かったり、フードが足りず空腹を強く感じたりしていないかチェックしてあげましょう。

水を飲むのが極端に少ない場合には病気の可能性は少ないですが、それをきっかけに、脱水症状や老廃物が溜まり病気を引き起こしたりする可能性が高くなりますので、平均から極めて少ない場合にも動物病院で獣医さんに相談しましょう。

水をよく飲む病気

健康で水をよく飲むのは問題ないのですが、中には実は病気が隠れていてよく飲むようになったという場合も充分に考えられるのです。

愛犬が水を飲みすぎている場合に考えられる病気について見ていきましょう。

愛犬が水を飲みすぎる場合に考えられるのは、ホルモンの異常か腎臓の異常があるときが多いと言われています。

ホルモンの異常:糖尿病、クッシング症候群、尿崩症など
腎臓の異常:腎不全など

尿石症治療では、わざと塩分が濃いフードを与え、多量の水分摂取を促すこともありますが、それ以外の場合なぜ上記のような病気で多く水を飲むようになるのでしょうか。

糖尿病

膵臓から出るインスリンというホルモンは、血液中の糖分を吸収する働きをしています。

インスリンの分泌が減少したり、機能低下したりして、糖分を吸収できなくなる病気を、糖尿病と言います。

余分な糖分を外に出すために、おしっこを多く出し、その分多量の水を飲むようになります。

糖尿病がほかの病気と違うのは、たくさん食べていても、痩せていってしまうことです。

日頃から、食事量や体重をチェックしてあげれば、症状が軽いうちに気が付けるかもしれません。

クッシング症候群

副腎に腫瘍ができるなどの異常によって、副腎皮質ホルモンが過剰に分泌され、グルコースを多量生成します。

そして、血液中の糖分が多くなり、不要な糖分をおしっこで排出しようと頻尿になり、水を多く飲んでしまいます。

クッシング症候群にかかると、脱毛したり、お腹が膨れるなど、他の病気に比べれば見た目にわかりやすいと言えそうです。

ホワイトは血液検査でALP値が高く副腎に腫瘍も見つかったため、獣医さんから水分量のチェックを指示され調べました。

関連記事:犬のクッシング症候群は完治するのか?治療費と余命について!
関連記事:血液検査を受けさせたらALP値が高く、腫瘍が見つかりました

尿崩症

おしっこを調節するための抗利尿ホルモンのバランスが崩れてしまい、おしっこが止まらなくなってしまう病気です。

失われた水分を得るために、大量の水を飲むようになります。

多飲多尿以外には、目立った症状が現れないことが多いようです。

腎不全

腎臓は通常、老廃物を吸収する働きをしています。

何らかの異常により、老廃物が除去できずに、身体中を回ってしまう病気を腎不全と言います。

老廃物を何とか尿で排泄しようとしておしっこが増えると、体内の水分が失われ、水を多く飲むようになります。

急性腎不全では、元気なく食欲不振になり、嘔吐し、おしっこが出なくなります。

さらに進行して慢性腎不全になると、元気喪失・食欲不振に加え、水っぽい尿が大量に出てしまいます。

早期発見の重要性

このように、ただ水を飲みすぎてしまう病気といっても、様々な原因から起きてしまうのが、お分かり頂けたかと思います。

日頃から、水を飲む量についてはもちろん、食事量・体重、身体にはいつもと違うところがないかなど、少しでも気にしてあげることで、病気を早期発見することができるでしょう。

病気を早期発見できると症状が軽くて治りやすく、治療費も抑えることができ、言葉は悪いですが本当に一石二鳥なんです。

毎日量るようにとは言いませんが、愛犬の平均的な水分摂取量を把握し、数か月に1度くらいで良いので定期的にチェックをすることをおすすめします。

まとめ

  • まずは愛犬の水分摂取量を知ろう
  • 1日の摂取量の目安は体重(kg)×50(ml)
  • 色々な病気が考えられるので水は病気に気付くきっかけにすぎない
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

2件のコメント

  • てるみ

    2才になったばかりのトイプーです。
    初めて迎えた仔でしたので、勉強しながらの生活です。毎日癒やされて、可愛くて可愛くて。出来るだけ、健康で長生きして欲しくて、気になった事はすぐに調べています。最近寒い割りに、飲む水の量が多い気がして心配しましたが、標準量でした。

    • ゆーま

      あけましておめでとうございます。
      愛犬が急にいつもと違う行動を取ったりすると本当に心配になりますよね。
      飲水量が標準的ということで良かったです。
      あまりにも飲む量が多いと、やはりなにかしら病気が隠れている場合も多いので、定期的にチェックしてあげるのは重要だと思います。

コメントを残す