犬が散歩中や室内で無駄吠えする原因としつけ方法

最近ではペット可の物件も増えて、マンションやアパートの室内で犬を飼っているという方も多いと思いますが、一軒家とは違い、マンションのような集合住宅では無駄吠えはとても深刻な問題です。

また、室内だけではなく散歩中に人や犬とすれ違っただけで吠えたりという場合もあり、無駄吠えのしつけは重要と考えられています。

今回は室内や散歩中での無駄吠えの原因と対処法など、有効的なしつけ方法について書いていきたいと思います。

Sponsored Link

無駄吠えの原因

無駄吠えとは文字通り、吠える必要のない場面で必要以上に吠えてしまうという事です。

とは言うものの、吠えるという行為は犬にとってはごく自然な行動ですので、すべてに理由があります。

この理由を良く知り、コントロールしてやることが無駄吠えのしつけ方法と言えるでしょう。

よく見られる無駄吠えの理由として、以下が挙げられます

  • 要求を伝えたい:空腹である、構ってほしい等、飼い主に対して何かしら要求がある際
  • 体の異常:痛みがある、怪我をしている等
  • 恐怖や驚き:突然の来客や物音に対しての警戒を行っている際
  • 縄張りを侵されている:自らの縄張りとして認識している敷地内に侵入者があった際
  • 社会的促進:いわゆる『遠吠え』
  • 認知症:老化による脳の衰退によって、理由なく上記のいずれかを感じてしまっている際

無駄吠えのしつけ

犬のみに限らず動物をしつける際には、してほしいことに対してご褒美を与える『強化』と、してほしくないことに対してお仕置きを与える『弱化』という両面からのアプローチが大切になります。

どちらか一方、例えば吠えたら電流が流れる首輪でおしおきを与え続ける等の方法では強化が足りず、めざましい効果は見られません。

また、犬の声帯を一部除去する解決法もありますが、犬へのストレスも大きい為あまりお勧めできません。

今回は、無駄吠えの理由で特によくある2つの理由を重点的にしつけの方法を紹介したいと思います。

要求による無駄吠え

まず、その無駄吠えが本当に無駄吠えであるのかというのを確かめてみてください。

例えば散歩に行っていないだとか、餌を与えていないという状況ならば、それは正当な要求であるとも言えます。

要求による無駄吠えはこうした要求をきちんと満たすだけで収まる場合が殆どです。

しかし、幼少の頃から甘やかされてきた犬は、こうした正当な要求ではなく、自分勝手な要求すらも吠える事で解決すると思い込んでいる場合があります。

こういった犬の要求吠えは、無視することによって「吠えても要求が解決されることは無い」ということを学習させましょう。

明らかなわがままや飼い主の関心を得るためだけの無駄吠えを行い始めたら、別室へ移る、視線を逸らし反応を止める等、犬を無視するようにしてください。

犬が吠えるのを止め静かになったらご褒美(少しのおやつや褒め言葉、構ってやる等)をあげるようにすれば「大人しくすれば構って貰える=吠えていると構って貰えない」という風に矯正することが出来ます。

恐怖や驚きによる無駄吠え

犬は恐怖や不安を感じた際にも吠えることがあります。

最初に犬が何に対して恐怖、驚きを感じているのかを確かめてから対処を行いましょう。

例えば来客があるたびに激しく吠えるのか、特定の人物が来る場合のみ激しく吠えるのか等、細かく条件を確かめてみることが大切です。

郵便配達の人が来るたびに激しく吠える場合ならば、過去に郵便配達の人が来た際に何か嫌な思いをしたのかもしれません。

雷や掃除機といった特定の物音に激しく反応する等、人間にとっては些細な事でも犬にとっては多大なストレスになっている場合があります。

こういった時は、少しずつその条件に対して犬を慣らしていきましょう。

例えば掃除機の音に激しく反応するという場合は、遠くの部屋で掃除機を鳴らし、徐々に近づけていきます。犬が吠え始めたところで音はそのままに、犬が吠えるのを止めるまで待ってみましょう。

息継ぎや小休憩の瞬間に褒めたり報酬を与えたりすることによって「この音が鳴っていても吠えなければご褒美がもらえる」ということを学習させます。

段々音を大きくしながらこれを繰り返していけば、不安や恐怖の切っ掛けだった音がご褒美(=嬉しいもの)の切っ掛けに切り替わり、吠える事が無くなります。

音以外での条件の場合も同じで、少しずつ慣らして行き、「吠えない=ごほうびがもらえる」という意識に矯正していくことが大切です。

それ以外の無駄吠え

もしも特に上記のような条件や原因が無く、要求でもない場合は体に何処か異常があるのかもしれません。

犬はもともと痛みに強く弱っている姿を他者に見せません。

それでも鳴いて飼い主に異常を訴えているというのなら緊急事態と言っても過言ではありませんので、すぐに獣医さんへ行き診断してもらいましょう。

また、犬はとても縄張り意識の強い生き物です。

例え室内飼いだったとしても自分の縄張りを決め、そこを侵そうとしている他者が居た場合は威嚇の為に吠えることがあります。

窓から他所の犬や野良猫が見えたというだけで吠えるということもありますので、そういう時は窓にカーテンを掛ける等して、犬自身を変えるのではなく環境を変えてやるようにする工夫も必要です。

散歩中の無駄吠え

散歩中に他の犬とすれ違った時に無駄吠えをする場合には次の3つの原因が考えられます。

  • 他の犬に対して恐怖心を感じている
  • 自分のテリトリーや仲間を守ろうとしている
  • 犬とのコミュニケーション手段が分からず興奮している

この3つのうち、他の犬に対して恐怖心を感じている場合と、自分のテリトリーや仲間を守ろうとしている場合に関しては、飼い主が愛犬にとって良きリーダーになっていないためと考えられます。

自分がリーダーだと思い込んでいる犬は、他に自分を守ってくれる犬がいないため、他の犬に対して恐怖心を感じます。

逆に言うと、リーダーがしっかりしていれば、犬はそれによって安心感を持ち、不安や恐怖心が減る為、無駄吠えも減るという訳です。

また、仲間を守るために吠えるというのは、守ろうとする仲間を下位の相手として認識している可能性が高いため、どちらにせよ飼い主がリーダとしっかり教える必要があるでしょう。

犬とのコミュニケーション手段が分からず興奮している場合に関しては、他の犬との触れ合いが足りませんので、もっと頻繁に公園やドッグランなどに行き、他の犬と触れ合う練習をしましょう。

Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す