一人暮らし必見!夏場のお留守番犬にクーラーは絶対に必要!

1年中もふもふの毛に覆われている犬は暑さにとても弱く、また、その体温調節をほぼ口だけで行うという極めて珍しい動物でもあるのです。

そんな暑さに弱い愛犬を家でお留守番をさせる時にクーラーを付けるべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

特に一人暮らしの方は愛犬をお留守番させることも多いと思いますので、クーラーを付ける重要性について紹介します。

Sponsored Link

クーラーの重要性

一昔前まで犬は家畜で、家を守り、防犯のために飼われている事が多い動物でしたので、犬のためにクーラーをかけるなんて言うと「もったいない」と思う方もいるかもしれません。

しかし、最近では犬に関する様々な知識が広まり、病気や体調管理などの意識にも大きな変化が現れてきたように思います。

特に一人暮らしの家では、他に面倒を見てくれる家族がいない分、留守中には注意が必要です。

一般的に犬は、気温が22度、湿度が60%を超えてしまうと、熱中症になるリスクが格段に上がると言われています。

お家に帰ったらぐったりしていた、という事にもなりかねませんので、暑さに弱いわんちゃんのために、外出時は必ずクーラーを付けておいてあげましょう。

また、気温だけでなく湿度にも注意が必要なので、梅雨の時期はドライ設定で湿度を下げ、梅雨明けから冷房に切り替えたりするのも非常に効果的です。

愛犬をお留守番させるのは、そもそもストレスの原因になりますが、そこでクーラーも入れず夏バテや熱中症にでもなったら、飼い主が帰宅するまで放置ということになります。

一人暮らしの方が犬を飼うこと自体は全く否定しませんが、何かあった時にすぐ対処ができないというのは事実ですので、万全を期してクーラーをかけておくというのは必須かと思います。

犬を飼う場合には出費が増えます。

エサ代・ワクチン代・薬代・病院代、などなど上げればキリがないですが、冷暖房費用というのも犬を飼う上で必要な出費だと認識し、1年を通して常に適温であるように調整しましょう。

犬は元々暑さに弱い動物

クーラーの重要性を説明してきましたが、なぜそこまで温度調整にこだわるのか疑問に思う方もいるかもしれません。

これは単純で、個体差はありますが基本的に犬は暑さが苦手な動物だからです。

人間は普通汗をかくなどして体温調節を計りますが、犬は汗腺が無いため汗をかきません。

そのため、口から熱を放出する事によって体温を調節しています。

よく暑い夏の日などにハアハアと口を開けて舌を出している犬を見かけますが、ああする事によって体温調節をしているのです。

▼秋田犬が呼吸で体温調整する様子

しかし、あまりに暑い日になると、口だけでは体温調節は追いつきませんので、梅雨が明けて次第に暑くなるにつれ、犬の熱中症が増えてきます。

最悪の場合は死亡事故につながりますので、飼い主さんは正しい知識を身につける必要があるでしょう。

犬種による違い

基本的に犬は暑さに弱いですが、それでも犬種や個体差によって多少の差はあります。

まず暑さに強い犬はやはり毛足の短い犬、又は南国の方が原産の犬でしょうか。

例えばダルメシアンなどは毛足も短く、クロアチア原産なので比較的暑さに強いと言えます。

また、グレーハウンドなどは古代エジプトにそのルーツがあると言われており、こちらも暑さには強い犬種です。

また、ビーグルなどは狩猟犬として活躍していたためか、比較的暑さ、寒さ両方とも強い犬種と言われています。

反対に暑さに弱い犬種ですが、はやり北国が原産の犬種でしょう。

シベリアンハスキーなどは、その名の通りシベリアからアラスカが原産ですが、冬の厳しい寒さはなんのそのでも、暑さにはめっぽう弱いという特徴があります。

また、ブルドックやパグ、シーズーなどの鼻の短い犬などは、元々呼吸する事が上手でないため、暑さ対策には特に注意が必要です。

他にも肥満であったり、病気であったり、老犬であるなど、様々な理由で通常より暑さに気を使わなければならない犬もいるので、それぞれ個体に合わせて見極める事が重要です。

犬種や体調などが愛犬と一致していた場合は、通常よりもさらに気を使ってあげましょう。

熱中症や夏バテのサイン

体調調整が上手くいかないと夏バテになり、悪化すると熱中症にまで発展する可能性があります。

その症状はまず荒い息づかいから始まり、そして次第に目に充血が見られるようになり、ぐったりして名前を呼んでも反応が無くなってしまうのです。

そういった場合、息づかいが荒くなった時点で何か対策をしてあげる事が重要です。

例えばクーラーの効いた室内に連れて行って涼ませる、首回りに水などをかけて冷やしてあげる、凍らせた冷却剤をタオルに撒いて首などに当ててあげるなども効果的です。

それ以上放っておいてしまうと、最悪の場合多機能不全に陥り、死に至ってしまう可能性もあるのです。

熱中症を発症する場合には、その手前段階として夏バテのような症状が出ますので、まずは夏バテを起こさないように気を付けましょう。

過去記事:犬の夏バテの症状は食欲不振や嘔吐!

クーラー以外の暑さ対策

愛犬が体温調整をしやすいように、クーラーである程度気温を下げたら、わんちゃんが涼める場所を室内に用意してあげるというのも大切だと言われています。

暑ければ勝手に涼める場所に移動して、寒ければ勝手にいつもの寝床に戻るので、口を使った内面的な体温調整だけでなく、空間を利用した外面的な体温調整も利用しましょう。

まずは、日の差し込む窓はカーテンやブラインドなどを閉じて太陽の光を遮断しておき、そして、夏場たくさんの水を飲むわんちゃんのために、十分な水を置いておくというのが基本です。

さらに換気をし、室内の空気が滞る事のないようにしましょう。

この時注意が必要なのは、犬にとって扇風機は効果が無いということです。

室内の空気を循環するという意味では効果はありますが、愛犬に直接風を浴びせても意味はないので注意しましょう。

そういう意味では、最近ペットショップやホームセンターなどで見かけるペット用のクールグッズを活用するのが最もおすすめと言えます。

ジェルマットや固い板状のクールプレートなど、わんちゃんの大きさによって使い分けられる様々なサイズが比較的お手頃な価格で売られています。

夏場は落雷などの停電でクーラーが停止してしまうなどのリスクもありますので、こういったクールグッズを置いておくと、愛犬が自分で暑さをしのげるというメリットもあります。

▼ひんやりベッド(楽天へ飛びます)

ひんやりマットの注意点は過去記事をご覧下さい。

関連記事:犬がクールマットや保冷剤を食べるとエチレングリコール中毒になる

ホワイトは、ジェルマットが取り外しできるタイプのクッションを使っていて、冬の寒い時期はジェルマットを取り外してクッションだけで使っています。

▼マットの取り外し比較
mat.jpg

L.L.Beanの犬用ベッドを使っているのですが、これにはシマムラなどで売ってる人間用のひんやりシーツみたいなのを上からひいて使っています。

このシーツはタオルケットのように単体でも使えるし、形状がジェルマットのように固くないので色々なクッションに巻きつけて使うこともでき、かなりおすすめです。

▼ベッドのひんやりシーツ
mat02.jpg

追記:2016/07/05
後から気付いたのですが、この写真両方にタオルケット乗ってて分かりづらいですね。笑

下の写真がひんやりシーツです。青色のシロクマ柄のやつです。

まとめ

  • 一人暮らしの愛犬はクーラーが必須
  • 空調費はエサ代と同じ必要経費
  • ひんやりグッズの活用がおすすめ
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

2件のコメント

  • 理科の先生

    「犬にとって扇風機は効果が無い」というお話しはどういう理論でしょう?
    いくら犬が汗をかかないとは言っても、物理学の法則にそぐわないのでは?

    • ゆーま

      コメント頂きありがとうございます。
      ご返信遅くなりまして申し訳ございません。

      理科の先生にご指摘されてしまうと、自分が間違っている気しかしません。笑

      一応私の認識だと、扇風機が涼しいと感じる理由は気化熱と熱移動の2つの効果があるからと記憶しております。

      汗をかいて皮膚の表面に水分が付着した状態で風を浴びることで、水分が気化し蒸発し、そのとき熱を奪いながら気化するので涼しいと感じます。

      熱移動ですが、これは人間の体温が体の表面に熱として留まっているのを風の力で移動させるために涼しいと感じるものです。

      記事にも書いてあるように犬は汗腺が無いため汗をかきません。
      そのため、熱移動による涼しさは多少あるかもしれませんが、気化熱による効果は期待できませんので犬に扇風機は意味が無いというわけです。

      間違った情報を載せ続けてもいけませんので、修正点などあればすぐに記事を修正致しますので、ぜひともご指摘下さい。

コメントを残す