犬の夏バテの症状は食欲不振や嘔吐!

夏には愛犬とキャンプに行ったり旅行をしたり楽しい計画を立てたくなりますが、しかし夏は「寒さに強く暑さに弱い」犬には夏バテの危険性がある厳しい季節です。

人間も食欲不振になったり身体がだるかったりと夏バテになりますが、犬の夏バテの症状も同じように食欲不振になり、嘔吐をする場合まであります。

今回は食欲不振や嘔吐など、犬の夏バテの症状について紹介します。

Sponsored Link

犬の体温調整

犬は被毛というセーターを1枚着ているようなものですから、夏は人間よりかなり辛いかも知れません。

暑い時に人間は汗をかくことで体温を下げますが、犬には汗線がありません。

舌を出してハーハーと荒い息をして唾液を出して体温を下げようとします。

▼体温調整中の犬

温度だけでなく湿度が高いといくら荒い呼吸をして唾液を出して、水分を蒸発させ体温を下げようとしても下がりにくくなります。

真夏には温度だけを気にするのではなく、湿度の高さというのにも気をつけてあげてください。

夏バテの症状

それでは犬の夏バテの症状をいくつか箇条書きで紹介します。

  • 食欲不振になり、いつも食べているドックフードを食べなくなる
  • 散歩に行きたがらずだるそうにしている
  • 大好きな飼い主に呼ばれても来ないか、のろのろとして動きが鈍い
  • 便が軟らかく、下痢をしているなどいつもの便と違う
  • 嘔吐をして、気持ち悪そうにしている

これが最も分かりやすい夏バテの症状だと思いますが、やはり人間と同じで消化器系に症状が現れることが多く、食欲不振が最も多く見られる症状だと思います。

夏場に急にエサの食べが悪くなった場合には、真っ先に夏バテを疑うのが正しいでしょう。

夏バテの対策

夏バテを予防する上で効果的な対策方法をご紹介します。

食事について

暑い日が続くと食欲不振になってくる犬は多いですから、いつもより量が減って来るのはそれほど気にしなくてもいいと思います。

いつも食べているドックフードを食べないような時には、味のついていない鶏肉や牛肉をまぜたり野菜を細かく切ってまぜて食欲が出るよう工夫をし体力をつけてあげてください。

全然食べない時は無理に食べさせずに大好物をあげて様子をみてみましょう。

ただし、手から食べさせる癖や好きな物しか食べなくなるなど甘えが日常化しないように気をつけて下さい。

また、水分補給についてですが、夏は水をよく飲みますから水は切らさないように新鮮な水を用意しておきましょう。

水分が不足すると夏バテだけではなく尿路結石などになることもあります。

炎天下の散歩の後、尿意が減ったり血尿が出たりすることがあった場合、脱水症・膀胱炎・尿路結石の可能性がありますので注意が必要です。

嘔吐した時や気持ち悪そうな時は、暑さで胃腸が疲れ働きが落ちているのかも知れません。

日頃から嘔吐しやすい犬は様子を見てもそれほど問題はないですが、あまり嘔吐しない犬が嘔吐した場合は注意してください。

嘔吐の内容物を見て、黄色い胃液や血がまじっている時などは、他の病気の可能性もありますので、すぐに病院に連れて行ってください。

運動や散歩

散歩に行く時間帯ですが、日照りの強い日中はやめて、朝の涼しい時間や日の落ちた夕暮れにすることで散歩による夏バテを防げます。

アスファルトは夕方でも温度がなかなか下がらない場合もありますので、手で確認して犬の足には気を使ってあげてください。

関連記事:犬の夏場の散歩時間やアスファルトの熱さなど注意点を紹介

毛の短いダックスやミニチュアピンシャーなどは直射日光を避けるために薄い服を着せて散歩した方がいいかも知れません。

散歩の後は室内の涼しい場所で休ませて水をあげましょう。

車内放置の禁止

炎天下の車の中に入れておくことは絶対にしないでください。人間と同じで熱中症になってしまいます。

夏バテは症状がゆっくり出ますが、熱中症は急激に症状が出ます。

命にかかわることですので、炎天下の散歩や暑くて狭い場所に入れて放置するなどはやめましょう。

また子犬の場合は飼い主との遊びが楽しくて興奮し、気づかないうちに熱中症になってしまうこともありますので、まだ愛犬が子犬の場合は夏場に遊ばせ過ぎるのは控えた方が良いでしょう。

熱中症の症状

ここまで夏バテの症状や対策について記載してきましたが、熱中症というのは夏バテの延長線上にあるため、非常に関連が深いです。

ここでは熱中症の症状も箇条書きで紹介します。

  • 荒い息だけでなく呼吸困難になる
  • 急に嘔吐や下痢をする
  • 足の運動障害・痙攣
  • 高熱が出て、身体を触ると熱い

熱中症の症状が出たら、クーラーを効かせるなど涼しい場所に移動させて、冷たく濡らしたバスタオルなどで包んで身体を冷やし早く病院に連れて行って下さい。

病院に着くまで身体を冷やしながら四肢の摩擦をしてあげると直腸温が下がります。

夏場のレジャーの注意点

Dog

flickr photo shared by dgoomany under a Creative Commons ( BY-SA ) license

夏バテも熱中症も飼い主が注意を払えば防げる病気です。

夏場のレジャーに犬を同行させたい気持ちは分かりますが、やはり海やキャンプなどに連れて行くときなどは特に注意してあげてください。

砂浜は高温になり日差しや照り返しは人間の体感以上に犬にはダメージがあります。

犬の様子を見ながら早めに切り上げ、海に入れた後は真水でよく洗ってあげることが大切です。

また、森林でキャンプなどをする場合には、ダニや蚊にも気をつけましょう。

関連記事:犬との海水浴は危険?生理や下痢などの注意点と便利な持ち物!
関連記事:犬連れキャンプの持ち物と注意点!テントとコテージどっちが良い?

意外と注意が必要なのは花火大会です。

夜間で暑さによる被害は少ないため連れて行きやすい気もしますが、犬にとって花火の音は恐怖でしかありません。

人間が花火を楽しんでいる間、愛犬は得体の知れない爆音に全身を硬直させています。

くれぐれも花火大会には連れて行かないように気を付けましょう。

まとめ

  • 夏バテは消化器系に症状が出やすい
  • 車内や炎天下での散歩など特に気を付けよう
  • 熱中症まで悪化すると症状が急激に悪くなる
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す