ミニチュア・ダックスの特徴と性格や飼い方、注意したい病気と寿命

ダックスフンドはドイツ原産で、体のサイズや体毛の性質によって様々な種類が存在する犬種です。日本で人気なのはミニチュア・ダックスで、町で見かけるダックスフンドはほとんどがミニチュア・ダックスといっても過言ではありません。

今回はミニチュア・ダックスの性格や気を付けたい病気などの特徴と、飼い方や寿命についてなどをご紹介します。

Sponsored Link

犬種情報

名称:ダックスフンド(Dachshund)
サイズ:小型犬
    スタンダード
      体高(cm):♂♀24-27
      体重(kg):♂♀9-13
      胸囲(cm):♂♀35以下
    ミニチュア
      体高(cm):♂♀21-24
      体重(kg):♂♀4-6
      胸囲(cm):♂♀30-35以下
    カニンヘン
      体高(cm):♂♀18-21
      体重(kg):♂♀3-4
      胸囲(cm):♂♀30以下
原産地:ドイツ
寿命:14歳~17歳

主要団体によるグループ分け
  • FCI:4G.ダックスフント
  • AKC:7G.ハーディング(牧畜犬種)
  • JKC:4G.ダックスフント

歴史

ダックスフンドは、ダッケル又はテッケルと呼ばれ、中世の時代から知られてきました。

狩りに適した犬が次々と生み出されてきた中で、ダックスフンドもそれらの中で進化していったと考えられています。

穴熊の狩猟犬という名前の意味のとおり、小動物の巣穴に潜り込んで、中から獲物を追い出したり、獲物の捜索や追跡に優れた力を発揮します。

スタンダードなタイプから、更に小型サイズのダックスフンドへと改良が加えられ、ミニチュア・ダックスが誕生しました。

特徴

ミニチュア・ダックスは、胴長短足なユーモラスな体型と愛くるしい表情が特徴の人気犬種です。

飼い主に忠実で、狩猟犬らしく機敏で活発で、そして好奇心旺盛で友好的な犬です。

落ち着きもあるので、家の中でも安心して飼うことができます。

とにかく、遊ぶことが大好きな犬なので、コンパニオンドッグとしても優秀な犬種です。

サイズと毛質による分類

体のサイズによって3種類に分類されていて、1番大きいサイズから、スタンダード→ミニチュア→カニンヘンと分けられています。

また3種類の毛質があり、これもそれぞれロング・ヘアード、スムース・ヘアード、ワイアー・ヘアードと呼び名が設定されています。

カラーバリエーションに関しても他の犬種と比べてずば抜けて種類が豊富なのも特徴です。

性格

基本的に明るく好奇心旺盛で、活発で遊び好きで、聡明、そして、狩猟犬特有の探求心と状況判断する能力に溢れています。

また、毛のタイプによって少しずつ性格に差があり、ロング・ヘアードは温厚、スムース・ヘアードは少し神経質、そしてワイアー・ヘアードは他に比べると少し攻撃的と、それぞれ違った一面を持っています。

ロング・ヘアード

スパニエルとの交配種で、少しウェーブのかかった被毛は柔らかくツヤがあり、耳やしっぽには波打つ飾り毛が生えています。

鳥猟犬の血が入っているため、性格はスムースに比べると温和で大人し目です。

全体の雰囲気がゴージャスで美しい毛並みのロング・ヘアードは、ミニチュア・ダックス中で一番人気があります。

スムース・ヘアード

ダックスの原型種です。固い短毛が密に生えていて、光沢があります。3種の中では一番手入れが簡単で、飼いやすい種類となります。

ダックス本来の体型と顔付きが直ぐにわかるスムースは、日本で最初に紹介されたタイプです。

性格は忠実で利口、そして活発です。

ワイアー・ヘアード

スムースにテリア種であるシュナウザーを交配しているため、テリア気質を備えています。

短く固い毛とテリア種の影響でスムースよりも全般的に活発で陽気な性格です。

原産国のドイツでは、最もポピュラーなタイプです。

注意したい病気

長い胴を短い足で支えるダックスフンドは、脊髄に負担がかかりやすい犬種です。

病気の原因は、肥満、過度な運動、高い所からの飛び降りなど様々ですが、飼い主の心掛けでしっかりと予防してあげることで防止できる病気です。

また、肥満は脊髄への負担の他に、関節炎、心臓病、糖尿病などを引き起こしてしまう恐れがありますので、適度な運動とカロリーコントロールで肥満を予防してあげることが適切だと思います。

飼い方

ダックスフンドは基本的に寒がりと言われています。

夏のクーラーでも涼しすぎる環境はダックスフンドにとって危険です。

そして、日常生活の中でもダックスフンドは陽気な性格を持っているため遊ぶことが大好きです。

活動的な犬種なので、毎日の散歩や運動は十分に行いましょう。

毛のお手入れ方法ですが、ダックスフンドのロングヘアードは毛が細くて柔らかいため、毛玉やもつれ毛になりやすいです。

ピンブラシを使って丁寧にとかし、全身をブラッシングしたあとは、コームで毛並みを整えてあげます。

ワイヤードヘアードは、獣毛ブラシを使って毛並みにそって滑らせて抜け毛や汚れを落とし、最後に顔周りをコームで整えます。

スムースヘアードは、軽く獣毛ブラシを滑らせる程度で十分ですが、定期的にノミやダニチェックをしてあげましょう。

ミニチュア・ダックスは、健康に気を付けてあげることで寿命は、14歳から17歳くらいまでと言われています。

Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す