犬が震える原因はストレス?元気がない時は病気?

dog-sick

犬が震える原因というのは、必ずしも寒さだけが原因ではなく、ストレスや恐怖心、何かに不安心を抱き震える場合もあります。

また、内面的な要因だけではなく、何か病気のメッセージという可能性もありますので、愛犬が震えてる時に寒いんだと思って放置するのは実は危険な面もあるのです。

今回は犬が震える様々な原因について紹介します。

Sponsored Link

犬の震えについて

愛犬がブルブル震える姿を目撃したことがあるという飼い主さんはきっと多くいることと思いますが、それぐらい犬は頻繁に震えることがあります。

なので、初めて犬を飼った人は愛犬の震えを見て極度に心配するかもしれませんが、そこまで深く考える必要はないかもしれません。

とは言っても、全く理由も無く震える訳ではありませんので、犬が震える時の原因を知っておけば必要以上に不安にならなくて済みます。

そもそも犬が震える時というのは、様々な要因によって心身に何かしらの変化があり、それが体からメッセージとして現れるのが震えなのです。

犬が震えてるときは何かあったのかなと少し様子を見てあげて下さい。

怪我や病気による要因

まずは怪我や病気が原因で震えている場合の主な要因を順番に説明していきます。

発熱

病気が原因で発熱した場合、震えを伴うことがあります。

また、嘔吐・下痢を併発している場合には消化不良、異物誤飲、内臓疾患など消化器系の病気の可能性もあります。

熱中症や夏バテでも震えることがありますので、夏場に体温が高くぐったりしている場合には夏バテを疑って下さい。

関連記事:犬の夏バテの症状は食欲不振や嘔吐!

低血糖

血糖値が何らかの理由で下がった場合に、低血糖症となって震えることがあります。

犬の低血糖症の症状は、無気力・食欲消失・痙攣(けいれん)・発作・こん睡などがあり、食事と食事の間隔が長時間あいていたり、空腹時に興奮したりすると発症しますので、震えて元気がなく、季節的に熱中症の可能性が低い場合は低血糖症の可能性が高いです。

中毒症状

犬は食べ物によって中毒症状を引き起こす場合があります。

有名な食べ物ですとチョコレートや玉ねぎなどがありますが、他にも害虫駆除の薬品など毒性の強いものを食べても発症する場合があります。

中毒症状には震えの他に衰弱・ヨダレ・嘔吐・下痢・痙攣など様々な症状があるので、何か誤飲した場合には注意が必要です。

その他病気

ここまで、発熱・低血糖・中毒と紹介しましたが、ジステンパー・てんかん・神経系の病気・脳の異常・尿毒症などなど、様々な病気で震えることがあります。

つまりどんな病気でも震える訳ですので、震えだけを見て何の病気か判断するのは無理ということです。

犬の震えは体や心の異常を伝えるメッセージであると覚えておきましょう。

ホワイト・シェイカー・ドッグ・シンドローム

この病気に関しては若干特殊なので特筆しておきます。

白い体毛の小型犬に見られる病気として、主にマルチーズやウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどで症例が見られたため、この名前が付けられました。

これは『体が震える』という病気です。

今まで紹介した病気のように、何かしらの症状と共に併発する訳ではなく、震えること自体が症状という特殊な病気です。

しかも、震えるだけで特に何か異常があるわけでもなく、命に係わるものでもない、さらに原因不明で実際には白い小型犬以外も症例があるという謎だらけの病気と言われています。

しかし極端に症例が少ないため、この病気にかかる可能性は限りなく0に近いですので、まぁ記憶の片隅に覚えておくくらいで大丈夫でしょう。

怪我や痛み

震えだけでは詳細は分からないと書きましたが、ある程度原因が分かる場合もあって、それが怪我などによる痛みのメッセージです。

痛みを我慢して震えている犬は、触られるのを嫌がったり、少し触れただけでキャンっと鳴きます。

まずは全身を外傷がないかチェックし、外傷が無い場合は身体の中に異常がある場合もあるので、体中を押して嫌悪反応を示す場所がないか探しましょう。

▼痛みで震える犬

精神的な要因

次に精神的な要因からくる震えについて解説します。

寒い

犬に限らず動物は寒さを感じると、体温低下を防ぐために筋肉を震えさせて熱を発生させるのですが、これをシバリングと言います。

人や暖房機器に近づいて小さく丸まってる場合には寒さを感じている状態なので、この時の震えはシバリングによる体温調節ということになります。

子犬や老犬は体温調節が上手くできない場合が多く低体温症になる可能性もありますので、寒いだけだからと放っておかず、温度管理にも注意しましょう。

▼寒さで震える犬

トイレを我慢

犬は排便を我慢していると震えることがあります。

散歩でしかトイレをしない犬の場合、家で排便する子に比べて我慢する時間が長い傾向にあります。

また、トイレが汚れていたり、何回も使用したおしっこシーツを交換していない場合などはトイレスペースに立ち入るのを躊躇して我慢している場合があります。

汚れだけでなく、近くに見たことない物が新しく置かれた場合に怖くて近づけないということも考えられます。

トイレスペースを正確に覚えている子の場合には、その近くで震えながら立ち止まっている場合もありますので、トイレスペースに異常がないかチェックしましょう。

ストレス・恐怖心

物を落とした時・雷・掃除機など何か大きな音に驚いた時や、見知らぬ人にあった場合に恐怖心や緊張感を感じ震えることがあります。

▼雷を怖がる犬

また過去の恐怖体験が原因で過度のストレスを感じ震えることがあります。

例えば、ブラッシングやお風呂が嫌いな犬なら、その行為をされている時はストレスを感じ震えます。

このストレスを感じる過去の恐怖体験は個体によって全く違うので、一概にこれとは書けませんが、その犬が嫌がることをした場合という認識で問題ないでしょう。

やはり多いのは動物病院でしょう。

▼病院の待合室で震える犬

興奮

飼い主が帰宅した場合などに喜びを感じ興奮状態になることがありますが、その際に震える場合があります。

また、何かに怒ったときなども興奮状態になるので震えることがありますが、そういう場合犬の視線の先には原因となる何かがありますので、視線の先を確認すると良いでしょう。

気持ち悪い

犬は吐き気がする場合に震えを伴うことがあります。

これは病気に分類しても良いような項目ではありますが、犬が気持ち悪いと感じている場合には必ずしも病気であるとは限りません。

例えば、乗り物酔いや食べ過ぎ、薬の副作用など様々な要因が考えられますので、前後の行動と合わせて考えるようにしましょう。

関連記事:犬の車酔いは酔い止め薬で吐くのを防止!アロマやツボで克服も?

老犬の震え

ここまで外因的な部分と内因的な部分を見てきましたが、高齢犬になるとここまでの内容とは関係なく筋力の低下が原因で震える場合があります。

老犬になると筋力が衰えるため、後ろ足や前足に震えを発症することがあります。

特に、ダックスのような手足の短い犬種ほど多く見られると言われています。

高齢犬の場合は仕方ない部分もありますが、痛みから震えが来てる場合もありますので、仕方ないと放っておかず獣医さんに相談してみて下さい。

まとめ

  • 外因的要素と内因的要素がある
  • 老犬は特に震えやすい
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す