ポメラニアンの特徴と性格や飼い方、注意したい病気と寿命

ポメラニアンはドイツ原産で、サモエドを祖先とするスピッツの一種です。サモエドはわりと大きな犬なので、小型のポメラニアンがその系統であるということには驚くかもしれません

今回はポメラニアンの性格や気を付けたい病気などの特徴と、飼い方や寿命についてなどをご紹介します。

Sponsored Link

犬種情報

名称:ポメラニアン(Pomeranian)
サイズ:小型犬
原産地:ドイツ
体高:20cm
体重:3kg以内
寿命:12~16歳

主要団体によるグループ分け
  • FCI:5G.原始的な犬・スピッツ
  • AKC:5G.トイ(愛玩犬種)
  • JKC:5G.原始的な犬・スピッツ

歴史

ポメラニアンという名前は、バルト海付近のポメラニア地方に由来する名前です。

ポメラニアンが流行した背景には17世紀以降の王族がポメラニアンを飼育し始めた事に始まります。

特にヴィクトリア女王が小さなポメラニアンを愛好していたと言われていて、このころからポメラニアンの小型化が始まりました。

現在のポメラニアンの祖先は、極地原産の大型の使役犬です。使役犬とは、働く犬、職業犬の事を差し、猟犬やそり犬、軍用犬から探知犬などが挙げられ、盲導犬などもこの分類に当てはまります。

ポメラニアンの祖先であるジャーマンスピッツは、中世のドイツ語でとがった鼻先を意味するスピッツという言葉から来ており、16世紀の宮廷に端を発します。

ポメラニアンに関する最初の記録は1764年11月2日のもので、ジェイムズ・ボズウェルという法律家兼作家である人物が、ドイツとスイスを旅行していた時に書いた日記があります。

また、博物学者であるトマス・ペナントが1769年に記したスコットランド旅行記にロンドンの商人がポメラニアンとオオカミを交配させた子孫について記述しています。

1767年にイギリス国王ジョージ3世の王妃シャーロットが2頭のポメラニアンをイングランドへ持ち込んだことがイギリスでのポメラニアン普及の始まりであり、その頃のポメラニアンは現在の種より大型であったと言われています。

この王妃シャーロットの孫にあたる前述したヴィクトリア女王が、ポメラニアンの小型化に着手しています。

ポメラニアンが愛犬家団体であるケンネルクラブに登録されたのが、1900年頃で、1912年のタイタニック号が沈没したときに生き残った犬が3頭いましたが、そのうちの2頭がポメラニアンだったと言われています。

最近では、アメリカでの人気犬種上位15位に入っており、幅広く人気の高い犬種であるといえます。

特徴

初期のポメラニアンの毛色はほとんどホワイトでブラック系のポメラニアンは稀でした。

1888年にヴィクトリア女王がレッド系のポメラニアンを飼育し始めこの種が流行るきっかけになりました。

現在のポメラニアンは、ホワイト、ブラック、ブラウン、レッドにはじまり、様々な毛色を持つ犬種として知られています。

基本的に丈夫な犬種ですが、寒さ暑さ両方に弱いため、室内の温度調整をして、適切な温度を保ってあげましょう。

性格

ポメラニアンは友好的で元気のいい性格をしている種が多く、飼い主と共にいる事を喜ぶタイプです。

環境の変化に敏感に反応し、縄張り意識も強いため、知らない人に対しては吠えやすい傾向にあり、そういった点は、しつけをする必要があります。

知性豊かなのでしつければ飼い主の言う事をよくきく素晴らしい伴侶になります。

ものごとをプラス思考でとらえるため、一緒にいて楽しい事が多く、学習能力も高いのでたくさん芸を覚える事ができます。

良い意味でも悪い意味でも自己主張が強い性格の犬が多く、うなったり、吠えたり、一緒に遊ぼうと近寄ってきたり、とにかくポジティブです。

注意したい病気

ポメラニアンは頑丈で丈夫な犬として知られていますが、膝蓋骨脱臼や気管虚脱、黒班病と呼ばれる遺伝性の皮膚疾患を発症することがあります。

その他に難聴、高眼圧症、屈折異常、小眼球症、虹彩欠損症を発症しやすい点が挙げられます。

ストレスが溜まると、低血糖を起こす場合がありますので、そういった場合は、動物病院でブドウ糖を注射してもらうか、砂糖水やはちみつをなめさせる事も効果的です。

飼い方

ポメラニアンの毛は密生しており、手入れは難しくありませんが、抜け毛が多いためブラッシングは毎日行う事が望ましいです。

運動は室内だけでも十分ですが、気分転換に外の散歩にも連れ出してあげましょう。

幼少期は、ポメラニアンの届くところに食べてしまうようなものを置かない事が大切です。

植木の栄養剤や、小銭といった何気ないものでも、口に入れて飲み込んでしまう事があるので、注意が必要です。

年をとってきたら、老齢用の餌に切り替え、散歩も犬のペースに合わせてゆっくりと歩いてあげましょう。

愛情をこめて大切に育ててあげると、よき伴侶となってくれます。

Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

1件のコメント

  • 金田奈保

    すごく良かったですよ

コメントを残す