臭い犬ランキング!部屋の匂いを消す消臭対策を紹介!

35083271011_6f2b89cfad_k.jpg
Photo by chendidi | Flickr

犬を飼いたいと思っても臭いが気になるという人は多いと思います。

きちんと調べてみると、臭いがあまりない犬種、反対に臭いが強い犬種などそれぞれの犬種が持っている特徴などによって違ってきます。

今回は臭いが少ない犬と多い犬のランキングと、部屋の臭い対策について詳しく説明していきたいと思います。

Sponsored Link

臭いの少ない犬種ランキング

 トイ・プードル
3095212184_8f78fa14f1_b.jpg
Photo by Yasuhiko Ito | Flickr

かわいらしいぬいぐるみのような見た目で人気なのがトイプードルですが、プードル種は全体的に臭いが少なく抜け毛も少なく非常に飼いやすいと言われています。

トリミングが必要な犬種なので月に1度から2ヶ月に1度はシャンプー・カットといったケアをきちんとしなければならないという点も臭いを抑えている要因だと思います。

 

 パピヨン
4507181320_62677929a8_b.jpg
Photo by Bill Harrison | Flickr

パピヨンはトリミングの必要がない犬種ですが、体臭がほとんどない犬種です。

もちろんシャンプーに定期的に入れてあげたりする必要はありますが、毛の抜け変わりもない個体が多く(遺伝によっては換毛期がある個体がいます)、臭いも手間もかからないと言われています。

 

 シュナウザー
2738357817_485d34e28a_b.jpg
Photo by Becky | Flickr

シュナウザーはトリミングが必要な犬種で、トイプードルと似ています。

抜け毛が少なく臭いも少ないと言われていて、臭いが気になる人でも飼いやすいようです。

ただしシュナウザーの場合はミニチュアでもトイプードルより少し大きめなので、大きい分少し臭いがする可能性もあります。

しかし基本的には臭いが少ないので人気があります。

 

臭い犬種ランキング

 短頭犬種
520960962_67964913d8_b.jpg
Photo by Spencer Thomas | Flickr

短頭犬種とは、パグやブルドッグなど鼻先の短い犬種のことです。

短頭犬種、皮膚にしわがよっている部分があるので、そのしわに細菌が繁殖しやすく臭いがきつくなると言われています。

 

 コーギー
6364987551_68ee818668_b.jpg
Photo by Daniel Stockman | Flickr

コ―ギーは体形が特徴的で胴長短足なので、おしっこの失敗が多く、排泄のたびに自分の体におしっこをひっかけてしまったり、トイレから外れてしまうといった失敗も多く、それが体臭の原因ともなっているようです。

胴長短足という意味ではダックスフントも同じような傾向にあると言えます。

 

 ゴールデンレトリバー
10577829796_93f0182bf6_b.jpg
Photo by Dirk Vorderstraße | Flickr

まずは体が大きく何でも量が多いことと、垂れ耳の犬種なので耳が臭いやすくなること、よだれが他の犬種よりも多いことが臭う原因です。

耳については定期的なケアによって改善されます。

よだれや排泄物の量は生理現象でもあるのである程度は仕方がありませんが、マメに掃除をしたりケアをしてあげることで臭いを抑えてあげることはできます。

部屋の臭いを消す消臭対策について

36942627366_9323f8b526_b.jpg
Photo by NAPARAZZI | Flickr

ここまで臭い犬種・臭くない犬種を紹介しましたが、犬を飼う以上ある程度の臭いは仕方ないと思いますし、これから犬を飼う人もある程度覚悟して飼って頂きたいです。

特に犬は個体差が結構ありますので、臭くない犬種を飼ったのに、うちの子は・・・
なんてことも全然ありえます。

犬は臭いものという前提で色々考えると、やはり部屋の消臭対策はどうしても必要になると思いますので、おすすめの消臭対策をご紹介します。

部屋の対策について

空気清浄機をおく

部屋の空気を常に循環してくれる空気清浄機を常に回しておくようにしましょう。

部屋の空気がこもっているとどうしても部屋の臭いは悪くなるものです。

それを循環してあげるだけでも臭いのきつさは違ってきます。

空気清浄機を回しておくと、臭い以外にも花粉やほこり対策にもなって人間にも良いことが多いので、部屋の臭いが気になる場合は導入してみましょう。

ケージ内はよく掃除する

ケージ内の掃除が十分でないと、体に排泄物が少しついてしまったり、餌の残りがついてしまったりして体臭の原因となります。

特にトイレは汚れたらすぐに掃除するようにしましょう。

排泄物が臭いの原因となっていることは多いです。

いつも清潔にケージ内を保ってあげるだけでも臭いが軽減されます。

犬の対策について

餌の内容を確認する

犬の体臭は食べているものと関係していると言っても過言ではありません。

従って、安くて内容の悪い餌を与えていたり、犬の体に合わないものを与えていると犬の体臭もきつくなります。

同時に犬の糞や尿の臭いもきつくなりますので、体臭と排泄物が臭うようであれば餌を変えてみることで改善される場合があります。

口臭や耳の掃除は行き届いているか

体臭というと体の表面から出ている臭いだと思い込みがちですが、口臭や耳の臭いであることもあります。

口内にトラブルがあれば口の臭いがきつくなり、体臭と勘違いしてしまうこともありますし、耳のトラブルがあった場合も同様です。

歯磨きなど歯のケアと耳掃除を定期的におこなうようにして、口臭や耳の臭い対策も怠らないようにしていきましょう。

まとめ

  • プードルは臭いが少ない
  • 短頭犬種は臭いが強い
  • 個体差があるので皆消臭対策は意識しよう
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す