犬の室内マーキングをやめさせる方法はマーキングの意味を知ること

8775208202_81b7c72764_k.jpg
Photo by yeskefo | Flickr

犬は色々な所におしっこをしますが、それはただ用を足しているわけではなく、自分のにおいをつけるためのマーキングであることはご存知の方が多いでしょう。

しかし、それを室内でやられてしまうと非常に困りますが、室内でのマーキングをやめさせる方法はマーキングの意味を知ることが非常に重要なのです。

そこで今回は、犬はなぜマーキングをするのかというマーキングの意味を中心に、室内マーキングをやめさせる方法をご紹介します。

Sponsored Link

犬のマーキングの意味

17078309058_1c231258f8_k.jpg
Photo by Blondinrikard Fröberg | Flickr

犬はおしっこをすることで自分のにおいをつけ、アピールするという意味を持っています。

それがマーキングです。

犬がマーキングをする場所はどこでも良いというわけではなく、目立つ物や目立つ場所にすることが多いです。

電信柱はその象徴のようなもので、目立つ場所にあり多くの犬がおしっこをかけてマーキングをしていることからその上に自分のにおいづけをする意味でマーキングをしています。

室内でマーキングする理由

では自分のにおいを付けるためにするマーキングを、なぜ室内でするのでしょうか。

それは自分のにおいがしないため落ち着かない場合に、においをつけて安心するためであると言われています。

飼いたてで家に初めてやってきたときは不安でいっぱいなので、とにかく自分のにおいにして安心できる居場所にしようとするのです。

自分のにおいがついていれば室内でマーキングをするということは基本的にしないものですが、何度も何度も室内でマーキングをしていると徐々に癖付いていってしまい、室内でマーキングをする子になってしまうのです。

縄張りを意識するというよりは安心感を得たい方が最初は強いと思うので、癖になる前に室内マーキングのしつけを行った方が良いでしょう。

それから生活環境の変化でも室内マーキングをすることがあります。

例えば、家族が増えた、新しい犬がきた、一番懐いていた人がいなくなったなど、こういった場合はストレスが大きな原因となっているので、少しずつ新しい環境に慣らしてあげるようにして、ストレスを軽減させてあげましょう。

室内マーキングをやめさせる方法

さきほど紹介したように、最初は不安から自分のにおいを付けようと始めたマーキングでも徐々に癖になり、慢性的に室内マーキングをするようになります。

つまり、室内マーキングは癖になる前に対策をとる必要があるのです。

まず、トイレを覚えていないうちは室内フリーにせずにケージを用意して、その中を犬の居場所として落ち着く場所を与えてあげるようにしましょう。

家にきてすぐにフリーにしてしまうとあちこちにおしっこをしてしまうので、マーキングの癖もそのうちつくようになってしまいます。

まずはトイレトレーニングを徹底して行い、トイレ以外でおしっこをすることをなくすようにしましょう。

あとはまめに散歩に連れ出して排泄を済ませてあげるようにしましょう。

とにかくマーキングの習慣をつけさせないことが大切で、最初が肝心です。

癖づいている場合は根気が必要になりますが、やはりトイレを教えることが大切です。

つきっきりで様子をみながら、床のにおいをかぎながらクルクルまわっているなどおしっこをしそうな行動をとっていたらすかさずトイレに連れていき、できたらたくさん褒めてあげることを何度も繰り返し行うしかありません。

成功体験を増やしていき、トイレをしつけていけば、室内マーキングは徐々になくなっていきます。

雄犬が足を上げてする理由

2181688395_04efafe427_b.jpg
Photo by cantaloupe99 | Flickr

もちろんメス犬だってマーキングをしますが、やはりやっかいなのはオスの足を上げておしっこをする行動です。

あの足上げションを室内でやられると、床だけでなく、壁やテーブルの柱、ソファーの側面などなど、被害が倍増します。

ところで、雄犬はなぜ足を上げてマーキングするのでしょうか。

自分をアピールするため

雄犬が足を上げてマーキングをする理由はいくつかあると言われていますが、第一に自分の強さや雄としての威厳のようなものをアピールするためです。

雌は基本的には足を上げてマーキングをすることはないので、雌へのアピールにもなります。

それは発情期とも関連してくる話になりますのが、それは事項で詳しく説明します。

縄張り意識が強いため

去勢をしていない雄犬は特にですが、自分の強さと縄張りを競う傾向にあります。

自分の縄張りだということをアピールするために足上げ排尿をして、その姿とマーキングをすることで自分の縄張りだと他の犬に見せつけているのです。

自分の体におしっこがかからないようにするため

ごく一部ですが、とても神経質な犬は足をあげて排泄をしたほうが自分にかからずに不快な思いをしないということから、この方法でおしっこをしている犬もいます。

犬の体の構造とおしっこが出る方向を考えても理にかなっているので、神経質だという理由だけで足を上げている場合もあります。

いつ頃から足を上げてマーキングをはじめるのか

1680662925_beb344ea6a_b.jpg
Photo by Liza | Flickr

雄犬がマーキングをはじめるのは、だいたい生後7ヶ月頃からだと言われています。

体の成長が整ってくる時期で、子犬から成犬へ体が変化する時期でもあります。

変化の一番の原因となるのはホルモンの分泌です。

ホルモンが分泌されることにより、縄張り意識や雌犬への意識が強くなり、足をあげてマーキングをするようになるのです。

去勢をしていない犬であれば自然なことではありますが、最近では犬のおしっこに対する管理は非常に厳しくなっているので、どこでもマーキングしてしまわないように注意も必要です。

まとめ

  • マーキングは自分のにおいを付ける為
  • 室内に自分のにおいが無いと不安でする
  • 徐々に癖付いてしまう
  • 早めに対処が大切
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

2件のコメント

  • 返信は別になくても構いませんが
    『まめに散歩に連れ出して排泄を済ませてあげるようにしましょう』という発言について、
    公共の場である道路や植え込みや公園などを飼い犬のトイレとして利用させるよう不特定多数に勧めるのはいかがなものかと思うのですが。
    わが国では昔からそうやって犬を飼っているのだとしても、公道はやはりトイレじゃないですよ。

    • ゆーま

      コメントありがとうございます。
      中々痛いところを突かれましたね。
      返信は不要とのことでしたが、こういうデリケートな問題については筆者としての意見を述べるべきかと思いましたので返信させて頂きます。

      最近は電信柱が犬のおしっこで老朽化が進んでいてニュースになっていたりしますし、私も犬を飼う前はそのように思っていたので気持ちは非常に分かります。

      しかし、ここまで犬を飼うということが一般化してきている中で、犬が散歩中にマーキングのために排泄するという当たり前の行為が全く世間から理解されていないというのも私としては問題な気もします。

      もちろん犬を飼う者として、なるべく家でトイレを済ますことを覚えさせたり、外でおしっこする場合も人の家にさせないようにある程度場所を選んだり、水で流したりと、マナーを守ることは当然重要です。

      しかし、外でマーキングさせる行為は犬にとっては、とても大切なのです。

      私はこの飼う側、飼わない側、両方が思う当たり前を、しっかり当たり前のこととして書きたいと思っているので、堂々と記事にもしました。

      あまりコメントが荒れるのは好きではないので反論しているとは捉えてほしくないので、私としてはこういう方針でブログを運営しているという風に理解して頂ければと思います。

コメントを残す