犬の換毛期の時期はいつ?抜け毛対策におすすめブラシランキング!

3256103171_bbe05bd289_b.jpg
Photo by behavior training & coachi | Flickr

犬には換毛期という被毛の生え変わり時期があるのですが、短毛種と長毛種など犬の種類によって、抜け変わる犬種とそうでない犬種の違いがあります。

また毛の長さに合わせてブラシを選ぶことで抜け毛対策も変わってきます。

今回は犬の換毛期の時期がいつなのかや、抜け毛対策におすすめのブラシをランキング形式でご紹介します。

Sponsored Link

犬の換毛期について

5054137283_f34e0913ea_o.jpg
Photo by Aleksey Gnilenkov | Flickr

犬の被毛というのは犬種によって種類があり、その被毛の種類によっては換毛期が有ったり無かったりするのです。

簡単に被毛の種類と、換毛期の時期をご紹介します。

シングルコートとダブルコート

犬には大きく分けてシングルコートの犬種とダブルコートの犬種の2種類があります。

よく耳にすることもあるとは思いますが、オーバーコートという上毛のみしか生えていない犬がシングルコートの犬で、主にプードルやシーズー、マルチーズなどといったいわゆるトリミング犬種です。

シングルコートの犬は被毛が抜けにくい変わりに定期的なトリミングが必要となります。

一方ダブルコートの犬はオーバーコートという上毛の他に、アンダーコートという下毛が生えています。

ダブルコートの犬にはチワワやポメラニアン、コ―ギー、レトリバーなどの犬種がいて、一般的にダブルコートは一定の長さまでしか毛が伸びないので、トリミングは必要ないと言われていますが、定期的に被毛が抜け替わります。

我が家のホワイトはウエスティーなのでダブルコートですがトリミングには行っていて、他の飼い主さんに聞いても、ダブルコートはトリミングが必要ないとは一般的に言われているものの、やはり室内犬として飼育されている以上、定期的にトリミングに出している家庭は多いようです。

換毛期と時期について

換毛期がある犬種は、前述したようにダブルコートの犬種のみです。

このダブルコートの犬種には換毛期といって春と秋の季節が変わる頃に毛が生え変わるという特徴があります。

春には暑くなる夏に向けてアンダーコートが抜け、秋には寒い冬に備えてアンダーコートが生えてくるため年に2回毛が抜け替わるのです。

換毛期がある犬は、毛の抜け変わる時期になると約1ヵ月かけて毛が生え変わるため、抜け変わる時期は抜け毛の処理が大変です。

短毛種と長毛種でのブラシ選びの違い

2482136911_3d48e18418_b.jpg
Photo by Anniina Rutanen | Flickr

犬の被毛の長さによって使うブラシが全然違うので、実際に市販されているブラシも、短毛用・長毛用と毛の長さによって専用のブラシが異なって売られています。

では毛の長さだけでどのような違いがあるのでしょうか。

短毛犬種

短毛種は尖っているブラシを使用すると皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので注意が必要です。

ピンブラシだと先が丸くなっていて保護されているので、しっかり毛をとかしても安心できます。

また獣毛ブラシというブラシが、抜け毛を取り除いたり毛についた汚れをとるのに適している上に、ツヤのある毛並みにする効果があり短毛犬種には特におすすめです。

長毛犬種

長毛犬種はきれいな毛の流れを大切にしたいですよね。

そういったことから考えるとピンブラシとコームがおすすめです。

両方とも毛の流れをきれいに整えるのに適しています。

そして、毛玉ができてしまったり毛が絡まってしまった時にはスリッカーブラシが良いでしょう。

絡んだ毛をとくのに適しているので、スリッカーブラシをかけてからコームやピンブラシで毛並みを整えればツヤツヤです。

ブラシの種類ランキング

4873951281_d9abe8c914_b.jpg
Photo by Taro the Shiba Inu | Flickr

それではおすすめのブラシタイプをランキング形式でご紹介したいと思います。

ブラシ選びに迷ったらぜひ参考にして頂ければと思います。

 

  ピンブラシ
ピンブラシの良いところは何といっても先が丸く保護されていることです。

このブラシは短毛犬種でも長毛犬種でもどちらでも使用することができます。

皮膚を傷つける心配もないので、犬の世話に慣れていない人でも簡単にブラッシングを行うことができます。

1本家庭に用意しておくと非常に便利なブラシです。

 

  スリッカーブラシ
スリッカーブラシは、特に長毛犬種の毛が絡んだときに使用します。

毛の絡まりをほどいてくれるので、スリッカーブラシをかけたあとにピンブラシをかけてあげると非常にスムーズにブラッシングを行うことができます。

 

  コーム
今多いのは金属製のコームです。

錆びないですし丈夫で犬にかじられても壊される心配もありません。

毛並みをキレイに整えることができます。

だいたいのコームが1本で2種類の幅があるので、用途によって使い分けることができます。

抜け毛に効果的な掃除方法

33589907250_72fdc28cfb_k.jpg
Photo by Hilary Halliwell | Flickr

今はペット用の掃除道具も豊富になってきています。

特に毛が抜ける犬種は換毛期の掃除が大変になります。

そんなときに役立つ方法をいくつかご紹介します。

まず効果的な掃除方法は、フローリング用のコロコロとカーペット用のコロコロを用意してこまめに掃除することです。

フローリング用のコロコロは床にはくっつかないのでとても便利です。

掃除機だと犬の毛が詰まって掃除機自体が壊れてしまうことも少なくありませんので、手動で掃除をした方が良いでしょう。

それから日々のブラッシングや定期的なシャンプーも抜け毛を最小限に抑える方法です。

マメにブラッシングをしてできるだけ部屋の中で毛が落ちないように手入れをしてあげましょう。

犬の毛の掃除はとにかくためないことが大切です。

コロコロとブラッシングを上手に使って毛がなるべく落ちないで楽に掃除ができるように心がけましょう。

まとめ

  • 抜け毛が多いのはダブルコート
  • 春と秋が換毛期
  • おすすめのブラシはピンブラシ
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す