犬を自転車のカゴに乗せるならペットポーターがおすすめ

2017-05-12-16-43-31.JPG

犬との移動手段は色々ありますが、免許を持っていない飼い主さんは、自転車のカゴに愛犬の乗せている場合が多いと思います。

しかし、犬を乗せる為に作られたわけではない普通の自転車では様々な危険性が考えられるので、あまりおすすめできる方法ではありません。

そこで今回は犬用の自転車として販売されている丸石サイクルの『pet porter(ペットポーター)』をおすすめしたいと思います。

Sponsored Link

安心の丸石サイクル設計

丸石サイクルは10年以上前から『ふらっか~ず』というブランドで子ども乗せ自転車を販売していて、フレームの太さだったり、ハンドルの固定機能だったり、タイヤサイズを工夫することで得られる抜群の安定性など、自転車に子どもを乗せても危険ではない設計ノウハウというのが丸石サイクルにはあります。

そして、その長年培ってきたノウハウを犬用に応用して制作されたのが、今回ご紹介するペットポーターなんです。

つまり、ただの自転車のカゴに犬を乗せるのとは安定性が断然違うということです。

ピックアップすべき特徴がいくつかありますので、なるべく分かりやすいように細かく説明していきたいと思います。

抜群の安定性

ペットポーターは前輪のタイヤサイズを小さくし、カゴの重心を低くすることで安定性がかなり向上しています。

▼前輪が小さい
2017-05-06-14-51-24.JPG

また、ハンドルの回転軸上にペットバッグを設置している為、ペットが動いても重心移動が少なく、ふらつきにくい構造になっています。

これは前述した、子ども乗せ自転車と同じ構造になっています。

ハンドルロック機能

自転車あるあるだと思うのですが、重い荷物をカゴに載せるとハンドルが曲がり、そのままタイヤが回って自転車が倒れてしまうってことありませんか?

ちょっと文章だと伝えづらいのですが、停車時にタイヤが横に向いてしまいカゴに乗せた荷物の重さに負けて倒れるってことが結構頻繁に起きるかと思うのですが、実は普通の自転車のカゴに愛犬を乗せるときというのもこの危険性がかなり高くなります。

そこでペットポーターにはハンドルを固定する『ピタロックⅡ』という機能が搭載されているんです。

▼黄色いのがレバー
2017-05-06-14-28-41.JPG

ライトの部分に私が写りこんでしまっていますが気にしないで下さい。笑

これでハンドルをロックしてあげれば、ペットの乗せ降ろしの安全性は飛躍的に上がると思います。

乗り心地の良いペットバッグ

安全面も大切ですが、やはり乗るのは愛犬ですので、乗り心地の良さというのは非常に重要です。

▼9kgのホワイトがすっぽり収まります
2017-05-06-14-35-08.JPG

この日は海浜公園でたっぷり遊んだ後に撮影したので、疲れてグッタリしてます。笑

海浜公園へ行ったときの様子は前回のブログに書いてあります。

しかし、いくら疲れているとはいえバッグの中で寝てしまうくらいですから乗り心地が悪いってことはまず無いと思います。

中には愛犬を繋げておけるリードがバランス良く左右に取り付けられていますので、万が一の落下事故を防ぐことができます。

▼カゴの中
2017-05-06-14-28-32.JPG

▼取り付けた様子
2017-05-06-14-34-40.JPG

ペットバッグ自体も取り外し可能なので、雨ざらしを防ぐことも可能ですし、ペットバッグを日常的に利用することも可能です。

▼カゴのみの状態
2017-05-06-14-49-20.JPG

このペットバッグは前と後ろを好きに入れ替えて使うことができるので、愛犬を出し入れする大きい窓を外側にしたり飼い主側にしたり、お好みで調整できるのは嬉しいポイントです。

もちろん逆側にも小窓はついていて、デフォルトではこれが正面で、ペットの出し入れ用の開封口が飼い主側になっていますが、ホワイトの場合はサイズ的にバッグからずっと顔が出てる状態になるので、逆にして、大きい窓を正面にしています。

チワワとかの超小型犬に分類されるようなサイズのワンコであれば、デフォルトの向きでも良いかもしれません。

▼小窓
2017-05-06-14-51-45.JPG

意外と便利なポーチ付き

カゴに取り付けるタイプのポーチが付いているのですが、ウンチ袋や水のお皿など、ちょっとした物を入れのに意外と便利です。

最初は運転席側に取り付けられているのですが、漕いでる時に足が当たるので、私は先頭側に付けています。

▼前に付けたポーチ
2017-05-06-14-53-19.JPG

ペッドバッグの向きも自由ですし、ポーチの位置も自由ですので、色々とお好みで調整できるので自由度は高いと思います。

ハンドルにベビーカー用のS字フックを取り付けているのですが、ウンチを取った後とか、ちょっとした荷物をかけたりするのに便利なのでおすすめです。

▼プチカスタマイズ
2017-05-06-14-55-20.JPG

選べるデザインとカラー

フレームデザインはスタイリッシュなXフレームタイプと、かわいらしいWフレームタイプの2パターン用意されていて、カラーは各2色づつになります。

▼デザイン一覧
pet-porter.jpg
Photo by pet porter公式サイト

ちなみに私はXフレームタイプのマットブラックを購入しました。

購入するなら通販

ではどこで購入するのかという話になってくると思いますが、丸石サイクルはメーカーなので直売はしてませんので、置いてある自転車屋さんで買うということになるのですが、私も何店舗か回りましたが、どこの店員さんに聞いても在庫を置いてある店舗は無いと言われました。

さすがに特殊な自転車ですので、店頭に置いてくれている自転車屋さんはやはり少ないみたいですね。

店舗によっては店員さん自体がこの商品を把握してなくて、責任者の人に確認して初めて分かるみたいな状態も結構あったので、正直店舗で買うメリットは全く無いように思います。

ネットよりも割高の店舗で買うメリットって、行ったらその場で買えるとか現物を目で見れるっていう部分だと思うんですけど、現物は見れないし、取り寄せなので時間かかって結局自宅配送だから通販と変わらないって状態になるので、自転車と言えば自転車屋さんってイメージがあると思いますが、ペットポーターに関してはネットで買うのが得策だと思います。

ちなみに私は楽天のスマートジョイというショップで購入しました。

ここは整備士の方が自転車の組立整備をして発送してくれるのと、あと防犯登録や自転車保険の加入なども全部一緒にやってくれます。

町の自転車屋さんなんかでは結構当たり前のサービスですけども、防犯登録が必須になっている実情を考えると、通販でもやってくれるというのは、ボタン一つで完了するので本当に楽で良かったです。

防犯登録に関しては、自転車と一緒に購入するような形になります。

おすすめは自転車保険と防犯登録がセットになったお得なパックです。

まとめ

  • 普通の自転車のカゴに犬を乗せるのは危険
  • 丸石サイクルの長年のノウハウで設計されている
  • 店舗に行っても置いてあることはほぼない
  • スマートジョイは防犯登録もあっておすすめ
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す