河津・花小町は犬連れには優しいが旅館としては微妙?

hanakomati.jpg
Photo by 河津・花小町

河津にある花小町という旅館に行ったのですが、ここは峰温泉の源泉かけ流し風呂ということで、温泉を非常に楽しみにしていたのですが、私的には少し微妙な感じでした。

しかし犬に対する対応は決して悪いものではなかったので、そこまで最悪って訳では全然ありませんが、旅館としては色々言いたい部分があるって感じです。

今回は河津・花小町に行った感想や、犬に対する対応、食事や温泉などについて徹底レビューしたいと思います。

Sponsored Link

花小町は純和風で趣ある旅館

先日、伊豆旅行をしたと記事にしましたが、その時こちらの花小町に宿泊しました。

関連記事:河津の峰温泉へ旅行に行きました!

こちらの旅館は本当に昔ながらって感じの旅館で、チェックインすると女将さんがお出迎えしてくれます。

夜に男性の方が来て、2日間この2人しかいなかったので、おそらく夫婦で切り盛りをしているのでしょうか。

ロビーから純和風の雰囲気が漂っていて良い感じです。

▼ロビーの写真
IMG_20161124_161756.jpg

▼別角度
hanakomati02.jpg
Photo by 河津・花小町

▼階段の写真
IMG_20161124_162732.jpg

長年やっているわりには非常にキレイだったと思います。

もちろんオープンしたてだったり、リフォームしたての建物のようなキレイさは全くありませんので、そういう意味では古臭い作りですが、清潔感があるというか、全然ボロボロになっていないという表現が正しいかもしれないですね。

部屋は客室露天風呂付き

今回は202号室の桜の間に宿泊しました。

▼桜の間
IMG_20161124_162713.jpg

客室露天風呂付きの8畳の和室です。

楽天トラベルで予約したのですが、1泊2食【和室8畳・信楽露天付】というプランのものを利用しました。

▼部屋の様子
IMG_20161124_164033.jpg

▼別角度
IMG_20161124_164023.jpg

犬との宿泊の場合、フローリングだと足を滑らせますし、ホワイトの場合は足が悪くベッドやソファーに飛び乗られるのは困るので、どうしても旅館になってしまうのですが、変に段差や障害物も無く安心して放置できます。

普段使ってるベッドを置いてあげたら、ホワイトもすぐに寝てくれました。笑

▼ソッコー爆睡
IMG_20161124_214746.jpg

部屋と客室露天の間に脱衣所のようなスペースがあるのですが、そこに犬用のケージやら水皿やらが設置してあります。

ここはカーペット貼りなので、ホワイトも歩きやすそうでした。

▼犬系設備
IMG_20161124_164104.jpg

客室露天風呂付きですが、しっかり室内に普通のお風呂も付いています。

洗面所はきれいな大理石作りですし、浴室もとてもキレイで高級感ある作りになっています。

▼洗面所
IMG_20161124_162838.jpg

▼浴室
IMG_20161124_162852.jpg

ネットは繋がったが空調設備がクソすぎる

アメニティに関しては一般的なものは一通り揃っていますが、最近のホテルだとアメニティに有名ブランドの物や高級品が置かれているケースが多くなっていますが、さすがにそういう感じではなかったです。

【以下引用】
テレビ・ インターネット接続(ロビー無線LAN形式)・ 湯沸かしポット・ お茶セット・ 冷蔵庫・ ドライヤー・ 加湿器・ 個別空調・ 洗浄機付トイレ・ 石鹸(固形)・ ボディーソープ・ シャンプー・ リンス・ ハミガキセット・ カミソリ・ シャワーキャップ・ ブラシ・ タオル・ バスタオル・ 浴衣・ くつろぎ着・たび・ スリッパ・ 湯沸かしポット(貸出)・ 金庫
【引用ここまで:河津・花小町【公式サイト】より】

上記一覧にインターネット接続とありますが、実際にはロビーのみで利用できるというのが公式アナウンスになっていて、パスワードを聞きに行った時もロビーのみで利用できるものなので部屋では繋がらないと女将さんから説明を受けました。

しかし実際には部屋でもWi-Fiが繋がりましたし、持参したノートパソコンも普通にネットができました。

私の宿泊した部屋がロビーの丁度真上に位置する場所だったので、もしかしたらたまたまWi-Fiが届いたのかもしれません。

もしネット環境が必須なのであれば、宿に1度相談した方がいいでしょう。

私としては部屋は非常に満足だったのですが、1つだけ残念なポイントがありました。

暖房が全く効かないということです。

さすがに壊れてはなかったですが、多分部屋のサイズとエアコンの対応サイズが合ってないんだと思うんですが、ずっと30度でフル稼働させても全く部屋が暖まりません。

夜になると寒くてホワイトが震えてました。笑

前回の日記にも書きましたが、この日は記録的な初雪が降った日でまぁ寒かった訳です。

そんな日に暖房の効きが悪いって拷問かって話ですよ。

1月2月のピークで寒い時期なんて泊まれたもんじゃないのではないか不安になります。

食事は別料金で部屋食可

今回この宿を選んだ決め手になったポイントが2つあるのですが、そのうちの1つがこの部屋食です。

1人につき追加1000円払うと、1食分部屋食にすることができます。

複数人数で泊まって1人だけ部屋食というのはできないので、カップルや夫婦で宿泊の際は両方とも部屋食になります。

ちなみに部屋食は2名までなので、3名以上は『1室限定~6名様まで部屋食プラン』という別プランでの予約となります。

私は嫁と2人で朝夕両方部屋食にしたので追加4000円でした。

でも食事の内容は結構豪華でしたよ。

夕食はマヨネーズ焼きが超美味い

まずは夕食から見ていきましょう。

▼夕食
16-11-24-18-12-27-187_photo.jpg

内容としては、

  • 食前酒
  • お通しのような3種のやつ(前菜かな?)
  • お刺身盛り合わせ
  • 伊勢えびマヨネーズ焼き←これ超美味かった
  • ズワイ蟹(半身)
  • 金目鯛の煮付け
  • 山海鍋
  • 炊きたて釜飯
  • 漬物
  • お吸い物
  • 食後のデザート

って感じです。

金目鯛の煮付けは、名産なだけあり美味かったですね。

伊勢えびマヨネーズ焼きが私的には超ヒットでした!

本当に美味しかった。

欲を言えばマヨネーズ焼きと煮付けがもう少し温かい状態で出てきたら最高だったのですが、冷めて冷たくなっていたのが残念ですね。

宿の食事で熱々が無理なのは理解してますので気にしてませんが、部屋食代を追加で出してる分レンチンで良いから温めなおしてくれればとは少し思ってしまいましたね。

でも味は普通に美味しかったのは私的には及第点かなと思いますが、冷めた飯に嫌悪感を感じる人って意外と多いですので、自覚がある方は要注意です。

朝食はアジの開きが美味かった

次に朝食ですが、特別珍しい料理は無かったですね。

でも定番って感じの朝食で、私的には「あぁ旅館の朝飯や~」って感じで悪くなかったですけどね。

▼朝食
IMG_20161125_081428.jpg

内容としては、

  • 白飯
  • 納豆
  • 味付け海苔
  • 漬物
  • 温泉卵
  • サラダ
  • アジの開き
  • 湯豆腐
  • 味噌汁
  • ヨーグルト

アジの開きは嫁と2人で美味い美味い言って食べました。笑

静岡県はアジの干物生産量が日本一という干物の名産地で有名です。

時期的には旬ではないですが、おそらくトロアジって言われるアジだと思うんですよねぇ。

詳しく説明聞いてないので違ったらスミマセン^^;

このアジこそ本当に焼き立てで食べたかったです。

冷めて皮も取りづらくなってましたし、本当に美味しかったからこそ非常に残念です。

温泉は源泉かけ流し

こちらの花小町は峰温泉という温泉を源泉に持つ宿なんですが、それを贅沢にもかけ流しで入ることができるわけです。

峰温泉は80年以上も前に爆音と共に50m近く上空に吹き上げて以来、ひと時も絶えることなく毎分600リットル、100℃の源泉を吹き上げ続けている非常に珍しい温泉です。

峰温泉大墳湯公園へ行けば今でも噴き上げる瞬間を見ることができます。

しかも公園なので入場料も無料なのも嬉しいポイントです。

私は予定が合わず行けなかったので、『しずふぁん』という静岡県の情報サイトより画像をお借りします。

▼峰温泉大墳湯公園
mineonnsenn.jpg
Photo by しずふぁん

この峰温泉の源泉をかけ流しで楽しめる訳ですが、まさに私がこの宿を選んだポイント2つ目はこの源泉かけ流し温泉に入れるということです。

大浴場は温度設定最悪

花小町はおそらくほとんどの部屋に客室露天風呂が付いているからだと思いますが、館内に大浴場が1つしかありません。

入るときは入浴中プレートを下げて入るので、常に貸切風呂と同じ状態です。

カップルなどで貸切風呂を探している方には非常におすすめですが、繁忙期の宿泊では入りたい時間に入れない可能性もあります。

一応予約もすることができるみたいですが、私が利用した時は平日だったので他の宿泊客も少なく(もしかしたらいなかったかも笑)予約の混み具合とかは分からないです。

※後日公式HPを確認すると、大浴場が2つと表記されていたので、もしかしたら普段は1つを閉鎖しておいて、繁忙期に両方解放されるのかもしれません。

▼大浴場
hanakomati03.jpg
Photo by 河津・花小町

私的に今回の宿の1番のマイナスポイントはこの大浴場なんですが、脱衣所の壁に『源泉かけ流しのため上部が熱くなっている場合があるのでお気を付け下さい』と注意書きがされていたので、どんだけ熱々なのか戦々恐々としながら湯船に足をつけると、なんとビックリぬるい!

熱くなっている可能性が高い上部がぬるいということは中の方はどうなってんのってことで、足を底まで突っ込んでみると!

なんと!

みずーーーーーーーー

いやぁ私温泉旅行好きなんで色んな旅館行ってきましたけど、大浴場が水だったの初めてですよ!笑

しかも貸切なので、他に人いないから相談できないし、わざわざ一度体拭いて言いに行くのも面倒なんで、とりあえず大浴場の中1人でグルグル歩いてかき混ぜました。笑

かき混ぜたおかげで水は中和されましたが、終始ぬるま湯だったので、温泉って言うより温水プールって感じでしたね。

正直繁忙期とかで他に結構お客さんとか来てたらクレームにならないのか本当に気になりましたが、しっかり営業しているということは、私の日がたまたまだったような感じなのでしょうか。

温泉が好きなだけに残念です。

客室露天は外から丸見え

客室露天は大浴場と違って、女将さんから温度調整が必要な旨を聞いていました。

蛇口をひねると60℃の熱い源泉が出てくるので、入る数分前から事前に準備しておく必要があります。

これを忘れて、体とか全部洗った後に気付くとかなり厄介ですので、もし行かれる方はお忘れないように。

若干面倒ですが、これも源泉かけ流しの醍醐味ですので、水の風呂に浸かるより全然ましです。笑

▼客室露天
IMG_20161124_164126.jpg

河津桜の時期に温泉に浸かりながら桜を見れるようにしているからか分かりませんが、湯船から外が非常によく見えるような作りになっています。

つまり逆に言うと外から浴室の中が丸見えになっているわけです。笑

そもそも全体的に丸見えなんですが、一応正面はスダレがついています。

しかし右上の部分だけスダレも無い状態です。

▼写真右上の位置だけスダレが無い
IMG_20161124_164137.jpg

私は気にせず入りましたし、むしろ景色が良くてとても良かったですが、やはり嫁が入るときにはかなり気を使ったみたいです。

私的にもあまり良い気分では無かったですね。

犬に対する対応

ペットの行動範囲ですが、これは他の宿とほとんど同じで、基本は部屋のみOKって感じです。

ただ、ロビーと廊下は抱っこかキャリーなら移動しても平気なので、外にオシッコを行かせている私としては抱っこで気軽に出入りできたのはとても良かったです。

泊まれるのは小型犬のみで、しかもフレンチブルドックとパグは2匹までとか、豆柴・コーギーは中型犬とするとか、少し犬種やサイズは厳しめです。

部屋食の場合、部屋に食事を運ぶ必要があるので、その間はキャリーに入れるか抱っこをしておくようにと言われます。

宿の方は犬に対して好意的というよりかは、迷惑さえかけなきゃ別にいいよって感じのスタンスだったように感じました。

総評

部屋・設備 :
大浴場   :
客室露天  :
食事    :
犬への理解度:

施設名 峰温泉 源泉かけ流しの湯宿 河津・花小町
住所 〒413-0511 静岡県賀茂郡河津町峰513-1
駐車場 無料 部屋数分くらいはあり
支払方法 現金決済のみ カード不可
連絡先 0558-32-2112

▼グーグルマップ

⇒源泉かけ流しの湯宿 河津・花小町のご予約はこちら

Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す