犬のサマーカットは逆効果?バリカンは毛質が変わり危険

春から夏にかけて犬のカットをサマーカットにする飼い主が増えてきます。

サマーカットとは犬の被毛を短くするカットの呼び方で、暑い夏を迎える前にさっぱりと涼しく過ごせるようにと愛犬を思ってのケアでもあります。

しかし、そのサマーカットも方法によっては逆効果で犬の健康を損なう危険性もあるのです。

そこで今回は、犬の被毛の役割とバリカンを使うことによるデメリットなどを中心に詳しく説明していきたいと思います。

Sponsored Link

被毛の役割

犬の体毛には様々な役割があり、一見すると暑そうに思えても実は犬にとっては快適だったりする場合もあるのです。

いくつか代表的な被毛の役割を見ていきましょう。

断熱材としての役割

サマーカットで犬を涼しく快適にと思っている飼い主も多いと思いますが、実は犬の体毛にはとても素晴らしい機能があります。

それは暑い夏にでも犬の体温を上手に管理する機能が備わっているということです。

犬の体毛にはいくつもの空気の層があるので、例え暑い夏の日差しを浴びたとしても体毛の表面から犬の皮膚に届くまでの空気の層で熱が吸収されるため、皮膚にまで暑い熱気は届いていないのです。

つまり断熱材の効果があるということです。

断熱材はそれ自体は分厚く、一見それを持っている方が暑いように感じますが、一番守りたい断熱材の内側では快適な温度が保たれているものです。

クーラーボックスや最近の住宅などがいい例で、厚みはあっても熱は通さない、それが断熱材の優れた役割なのです。

犬の体毛はまさにその役割を果たしています。そのため、夏を迎えるにあたってバリカンで短くサマーカットを行ってしまうと、犬の断熱材を取り払ってしまっていることになり兼ねないということです。

犬の体毛は見た目では暑そうに感じますが実際には断熱材の役割を果たしていることを知っておきましょう。

その上でサマーカットにするのか検討する必要があります。

直射日光から守る

サマーカットにしてしまうと、見た目は涼しくなりますが直射日光を皮膚に直接受けることになります。

直接日光を受けた犬はどうなるかというと熱中症になってしまいます。

最近夏になると犬の熱中症の話題がニュースになることが増えましたが、あまりに短すぎるサマーカットにも1つ原因はあるのかもしれません。

日焼けなど被毛があれば守れる部分が守れなくなってしまうので、夏のサマーカット後の散歩などは特に注意が必要となります。

もし夏場に毛を短くするのであればその上から夏物の洋服を着せたりするのが良いでしょう。

私が犬アレルギーなので気軽に触れるようにホワイトには服を着せていますが、人によっては犬本来の毛を刈って服を着せるのは本末転倒だと思う人もいるかもしれませんね。

虫やウイルスなど外敵から守る

被毛がなければダニなどが潜り込むスペースはなくなりますが、直接蚊などに刺される危険性は上がります。

夏場は登山やキャンプなどのアウトドアが増え、あえてお出かけに合わせてサマーカットをしたりってこともあるかもしれませんが、被毛が無いと蚊やダニに直接皮膚を刺されることがありますので、アウトドアに愛犬と出かける場合はサマーカットはあまりおすすめできません。

また、被毛には皮膚の乾燥や外からくるウイルスの感染を防ぐ役割もあります。

被毛が皮膚の状態や体の状態を管理するためにうまくバランスをとっているのです。

被毛が果たしている役割は、人間が思っている以上に多くあり、とても重要なものばかりです。

バリカンでの丸刈りは毛質が変わる

ツルツルに毛刈りをした後、生えてくる毛に異変が起きてしまったというのはよくある話です。

人間でも坊主にすると毛質が変わってしまったという話を聞いたことがある方も多いと思いますが、これとまったく同じで、犬もバリカンでツルツルにすると毛質が変わる可能性が高いです。

フワフワの毛だった犬がサマーカットをして、ゴワゴワでクルクルした毛が生えてきたとか、真っ白の毛の犬だったのに丸刈りにしてしまった後に生えてきた毛は少し色が濁ったような色だったなど、様々なトラブルが聞かれます。

中にはサマーカット後、毛が生えてこなくなってしまったという犬の話を聞いたことがあります。

犬を清潔に保つためにトリミングに出してあげたり、自宅でケアをしてあげることはとても大切なことですが、犬のとって体毛は非常に重要なものです。

サマーカットに関してはただ涼しそうなだけで、実際の体毛の機能を考えらればそこまで短いカットの必要はないように感じられます。

もし被毛を短くしたいのであればツルツルまで丸刈るのではなく、数センチ毛を残したり、バリカンではなくハサミを使ったりと工夫が必要です。

しかし、本当にあなたの愛犬にサマーカットが必要なのか、今一度サマーカットについてよく考える必要がありそうです。

ホワイトの場合

2014_a_1989.jpg

では我が家ではサマーカットはしないのかというと、実は全くそんなことはなくて、ホワイトはバリバリのサマーカット派です。笑

前述したように私が犬アレルギーということもあり被毛が長いと抜け毛などがあまり良くないっていう私の都合と、ホワイトが大のシャンプー嫌い、ブラッシング嫌いというのが大きいです。

嫌いなシャンプーに時間をかけるのが可哀想なのと、毎日毎日ブラッシングをしてストレスを感じられるくらいなら別に被毛は短くて良いかなということで丸刈りにして服を着せています。

ただ実際丸刈りにしてから本当に毛質が変わって癖っ毛になってしまい、今では伸ばすと毛がグルングルンです。

真冬は毛が短いと寒くて震えることもあるので、やはり体温調整がし辛くなっているのかなというのは感じます。

愛犬の毛の長さやカットの仕方はそれぞれの家庭の事情や方針で決めるものなので、サマーカットでも全然良いと思いますが、この記事で書いたような危険性は常にありますので、しっかり理解したうえでサマーカットをするようにしましょう。

まとめ

犬の被毛には様々役割がある
むやみやたらに短くすべきではない
丸刈りにすると毛質が変わるかも

Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す