犬の気管虚脱の症状とは?対処法は首輪をやめてツボを押す!

犬には気管虚脱といって、気管が狭くなり呼吸がしづらく息苦しい状態が続く病気があります。

気管虚脱は先天性の遺伝的なものと、肥満などの後天性のものと両方あり、それにより治療も異なりますが、首輪をやめることが対処法では有効と言われています。

今回は、気管虚脱の詳しい症状や対処法、気管虚脱に効くおすすめのツボなどを紹介します。

Sponsored Link

気管虚脱とは

気管虚脱とは、何らかの原因で喉と肺を繋いでいる気管が押しつぶされていき、呼吸をするのが困難な状態になることを言います。

犬特有の病気で、人間には見られない病気です。

気管虚脱になってしまう原因には大きく分けて2つあります。

1つは遺伝的な要因で、元々気管の軟骨部分が弱く生まれてきたり、短頭犬種の小型犬は体の構造上気管虚脱の症状を起こす個体が多いと言われています。

短頭犬種の場合、気管の周りの内臓が圧縮されているような構造になっているので、元々呼吸をするだけでも体への負担が大きいのです。

そのため、気管虚脱の症状を発症しやすいと言われています。

2つ目は後天的な要因である肥満です。

肥満により、気管の周りの筋肉周辺に脂肪がついてしまうと、気管を変形させてしまいます。

脂肪に圧迫されて気管が変形してしまうのです。

そのため、短頭犬種で肥満傾向にある犬は気管虚脱になる確率が高くなると言えます。

肥満だからと言って必ず気管虚脱になるわけではありませんが、リスクが高くなるので覚えておいた方がよいでしょう。

状態のグレードについて

気管虚脱の症状の重さはⅣ期に分けられていて、気管が押しつぶされている度合いによって分けられているのですが、数が多くなるほど重篤な状態を表しています。

Ⅰ期は気管の25%、Ⅱ期が50%、Ⅲ期が75%、Ⅳ期が90%以上気管が押しつぶされている状態を指します。

これだけを見ると、Ⅰ期やⅡ期は比較的軽い症状のように感じますが、気管は呼吸をするという生きていく上でなくてはならない管で、それが半分使えない状態になっていることを考えると、この病気そのものが深刻で、犬の寿命を左右する病気であることは間違いありません。

気管虚脱の症状

咳が出る、よだれを垂らす

気管虚脱を見つける症状としても挙げられているのが、咳の音です。

通常の咳は、「コンコン」というイメージの咳の音が多いのですが、気管虚脱の場合はまるでがちょうが鳴いているように「ガーガー」という音の咳をするようです。

咳の音に違和感を感じた場合は気管虚脱が疑われます。

また、少し病気が進んでいると、呼吸をすること自体が苦しく辛いことになり、知らないうちによだれを垂らしながら呼吸をしている場合があります。

舌の色が青紫色に変化する

人間は唇の色で酸素の状態を把握することができますが、犬の場合は舌で判断します。

犬の舌が青紫色になっている場合は酸素不足でチアノーゼを起こしている状態です。

この場合は命に関わる危険があるのですぐに動物病院を受診しましょう。

咳など他の症状も出ている場合が多いので、獣医師に詳しく説明することができるよう、日頃からちょっとした変化もメモをとっておくと診断が早くつきます。

気管虚脱の対処法

気管虚脱になった場合、対処法としてはどのような治療法があるのでしょうか。

項目ごとにご紹介します。

内科的治療

一般的な治療は投薬による症状の緩和です。

気管虚脱自体を完治させるのは非常に困難だと言われています。

症状が軽い場合は、気管支拡張剤の投与や咳止め、抗菌薬を内服するなどして症状を抑えていきます。

肥満が原因となっている場合は、標準体重に戻すダイエットを行うこともあります。

外科的治療

内科的治療で症状が抑えられない、あるいはどんどん悪化してしまう場合、最終的には手術による外科的治療が必要となります。

前述したように、気管がどんどん潰されてしまうと、最終的には呼吸困難に陥り死に至ることもあります。

それを未然に防ぐためにも手術が必要です。

ただし、気管虚脱の手術は難易度が高いこともあり、手術を受けられる病院も限られています。

またリスクも大きいので簡単に選択できる方法ではないことは知っておきましょう。

首輪をやめる

首輪は首に大きな負担を与えると言われています。

気管虚脱の犬に首輪をつけて散歩をしていると、その症状をさらに進めることになり、命の危険に関わります。

気管虚脱の犬は呼吸をすることだけでも大きな負担があるので、首を絞めつける首輪はやめましょう。

散歩の時は体に装着するタイプのハーネスを利用してあげてください。

特に散歩中はリードを引っ張りがちですが、ハーネスも形によっては首に多少の負担が残る場合もありますので、あまりリードをグイグイ引っ張るのは控えた方が良いでしょう。

ツボを押す

犬の体にもツボがたくさんありますが、気管虚脱の症状に効くツボがあると言われています。

膈兪(かくゆ)というツボで、肋骨の6番目と7番目の間にあるツボです。

▼膈兪のマッサージ動画

ツボによる症状の変化は長く続けていかなければ分からない面もありますが、愛犬のためにできることは試したいところですし、人間にはツボ治療はとても有効な場合もあるので、病院での治療と並行して行いたい方法です。

ホワイトの場合

16-10-21-16-51-42-613_photo.jpg

ホワイトは2014年の冬頃に突然発作のように咳が止まらなくなりました。

夜中だったのですが、一晩中咳をし続け、さすがにヤバいと救急で夜中やっている動物病院に駆け込み、そこで咳止めを飲ませるとやっと咳が落ち着きました。

そこではレントゲンだけとり、翌日そのレントゲンを持っていつも行っている動物病院に行きましたが、そこで気管虚脱と診断されました。

咳止めを処方され、発作のように咳が出たら薬で落ち着かす、後はとにかく喉への負担を減らすことを指示されました。

我が家での気管虚脱の対処法は首輪からハーネスに変更したくらいです。

最初は定期的に咳が止まらなくなっていたのですが、徐々に咳をしなくなり、今では全くしないと言っても過言ではないくらい咳をしなくなりました。

ただ前述したように気管虚脱は完治が難しい病気ですので、ホワイトも半年前くらいに本当に久しぶりに咳が止まらなくなって薬を飲ませました。

おそらく1年ぶりくらいの発作だったので、日常的に全く咳はしませんが、1年に1度くらいのペースで突然発作のように咳が出るというのがホワイトのパターンのようです。

一番重要なのは首に負担をかけないということなので、そこまで重度でなければ首輪からハーネスへの変更と、薬での症状緩和だけでやり過ごせると思うので、気管虚脱で悩んでいる方はぜひ参考にしていただければと思います。

まとめ

  • 気管虚脱は呼吸困難に繋がる危険な病気
  • 症状の重さによってグレードがある
  • 首輪からハーネスへの変更がおすすめ
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す