愛犬がおしっこをなめる原因とは?やめさせるしつけ方法をご紹介!

犬の問題行動の1つにおしっこを舐めるというものがありますが、その原因はいくつかに分かれ、やめさせるしつけ方法も異なります。

今回はおしっこを舐めてしまう原因と、それをやめさせるためのしつけ方法について詳しく説明していきたいと思います。

Sponsored Link

犬がおしっこを舐める原因

おしっこを舐めてしまう場合、それをやめさせるにはまずは原因を把握する必要があります。

愛犬がなぜ問題行動を起こすのか、しっかり観察して原因を見極めましょう。

ストレスが溜まっている

問題行動がある場合、たいていの場合なんらかのストレスが関係している場合が多いです。

犬がいつもおしっこを舐めているようであれば、1度犬との生活を見直してみる必要があります。

散歩の量や時間は足りているか、犬と遊ぶ時間やしつけの時間をとってコミュニケーションが図れているか、えさや水などは常に新しいものを与えているか、生活環境は清潔でキレイか、トイレはいつも掃除されているかなど、ストレスの原因となる理由はその犬によって様々です。

何が犬のストレスになっているのか、1つ1つ一緒に考えてあげましょう。

免疫力をあげたり栄養補給のため

犬のおしっこには雑菌が含まれているので、おしっこを舐めることは悪いことばかりのような印象がありますが、実は良い面もあります。

犬はおしっこを舐めることで、自分の体の免疫力をあげたり、体が足りないと感じている栄養を補給したりしています。

犬のおしっこには、雑菌以外にも体に良い影響をもたらしてくれる菌がいるので、定期的におしっこから良い菌を取り込んでいます。

昔の犬は外飼いが基本で、色々な菌の中で生活していたため免疫力も自然と高まりましたが、今は室内で犬を飼うのが中心となっているので免疫力の低い犬が多く、おしっこを舐めるという行動をする犬が増えているとも言われています。

また、犬のおしっこにはミネラルが含まれているので それを補給するために舐めている場合もあります。

いずれにしてもおしっこを舐めることがただ単に汚いいけない行動ではないということを認識しておきましょう。

興味や好奇心

特に子犬に多いのですが、子犬の頃はおしっこやうんちを食べてしまうということがよくあります。

それは餌が足りていないわけではなく、ただ単に色々な物に興味を示しているが原因です。

排泄物もその対象で、おしっこやうんちを口に入れて何なのか確認しているのです。

子犬ではよくある光景ですが、そのまま見守っていると食べるのが癖になってしまうので、子犬が排泄をしたらすぐに片付けるようにしましょう。

なめるのをやめさせるしつけ方法

おしっこを舐めるのをやめさせるには、とにかくおしっこを舐めるという行動をとらせないように気をそらせたり、制止したりすることです。

例えばトイレシートのおしっこを舐める行動をするならば、トイレをメッシュタイプのカバーがついているものにして、シートを直接舐めることができないようにします。

そして、おしっこをしたらすぐにトイレをキレイに掃除します。

とにかく舐める行動をとらせる隙を与えないように徹底しましょう。

外で散歩をしている場合は、おしっこをしたらすぐに水をまき、その場から立ち去ることです。

犬がおしっこを舐めようとしていても、リードを軽く引っ張ってその場から動くようにしましょう。

もし舐めてしまった場合は、その瞬間に「ダメ」や「NO!」などしつけで叱るときの言葉を使ってやめさせるようにしましょう。

しかし、タイミングを間違って禁止の言葉を使ってしまうと、おしっこをすることで怒られていると勘違いしてしまう場合があるのと、オシッコを舐めたり食糞した時に怒ったり騒いだりすることで、かまってもらえてると思う場合があります。

愛犬が叱られていると認識できていないと判断した場合には、逆に無視をして静かに処理をしましょう。

他の犬のおしっこを舐める場合

ここまでは自分のおしっこをなめていまうことについて書きましたが、中には他の犬のおしっこをなめてしまう犬がいます。

これは、主に発情期のオス犬がメス犬のおしっこを舐めるというケースが多いようです。

その理由は、おしっこにはオスを引き付けるための強いホルモンが混ざっているためで、発情期だとその匂いをオスが嗅ぎつけておしっこを舐めてしまうという行動をとります。

関連記事:犬の生理中に散歩やお風呂は平気?嘔吐して元気ないのは想像妊娠!

本能的な行動なので仕方のない面もありますが、他犬のおしっこだとどのような菌を持っているかわかりません。

その犬がどのような予防接種をしているのかなどもわからないので、他犬のおしっこやお尻付近は舐めそうになったら行動を止めるように気をつけて散歩を行うようにしましょう。

まとめ

  • まずは原因を特定する
  • 舐める場面を減らすよう心掛ける
  • 発情期のメス犬のおしっこは皆舐めたがる
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す