犬のトイレの1日の適切な回数とは?おしっことうんちの頻度を紹介

犬の1日のトイレの適切な回数を知っておくことは、愛犬の健康のバロメーターにもなるので非常に重要なことです。

おしっことうんちを毎回を数える必要はありませんが、あまりにも頻度が多い少ないを感じるようであれば病気の可能性もあります。

そこで今回は、犬の1日のおしっこやうんちの平均的な回数を挙げて、異常な場合どのような病気が考えられるのかを検討していきたいと思います。

Sponsored Link

1日のおしっこの平均回数

まずはおしっこの頻度から見ていきます。

年齢によって大きな違いがあるので、それぞれ年齢ごとに紹介します。

幼犬(1歳未満の犬)の場合

1歳未満の幼犬、特に生後半年未満の子犬はおしっこの回数がとても多いです。

おしっこを溜める機能がまだ十分に完成していないことや、嬉しかったり怖かったりあるいは自分の匂いをつけるためにと、頻繁におしっこをしてしまう状況があります。

子犬のおしっこの間隔は子犬の月齢+1時間と言われていて、例えば3ヵ月の子犬であれば、3+1で4時間に1度はおしっこが出るという計算になります。

それをもとにすると1日にだいたい6回ほどおしっこをすると考えられますが、あくまで目安なので、水を多めに飲めば30分後におしっこをすることもありますし、それはその時々で変化するので覚えておきましょう。

生後半年を過ぎると、5回程度に落ち着いてきます。

また、おしっこをするタイミングもだいたい決まってきたり、散歩のときに済ませて終わりという犬も出てきます。

成犬の場合

成犬の場合は、1日3回~5回程度におしっこの回数は減ってきます。

膀胱の機能が出来上がり、おしっこを溜められるようになるので、1日2回の散歩の時だけしかおしっこをしないという犬も増えてきます。

室内でトイレトレーニングをしている犬は、少し回数が多くなる傾向にありますが、多くても5、6回程度に落ち着いてくるようです。

関連記事:犬のトイレトレーニングのやり方はサークルを使う方法が失敗しない

老犬の場合

老犬の場合は、だんだんとおしっこの回数が増えてくる傾向にあります。

特に10歳を超えた老犬は、腎臓をはじめとした排尿に関する器官が弱ってくるので、おしっこを溜めることができなくなってしまったり、トイレに間に合わない、我慢ができないなど様々な問題が出てきます。

人間も歳をとるとおもらしをしてしまったり、トイレが間に合わなくなるのと同様です。

そのような時には、老犬が我慢しなくてもすむように、飼い主がトイレのタイミングをみてあげましょう。

外でしか排泄することができない犬の場合は、散歩以外に少し外に出してあげる回数を1、2回増やしたり、室内の場合は寝床からトイレへの移動の距離を短くしてあげるなど、少しでも犬がやりやすい方法を探してあげるようにしましょう。

ホワイトは13歳を超えたあたりから、寝ているときに若干ちびるようになり、それから6時間に1度必ず起こしてトイレに行かせています。

足を怪我してから家のトイレを嫌がるようになり、外でオシッコをさせていますが、それでも最長で6時間に1度は必ず外におしっこを行かせています。

1日のうんちの平均回数

ここまでおしっこの回数を見てきましたが、次にうんちの回数を紹介します。

こちらも年齢ごとに見ていきます。

幼犬(1歳未満の犬)の場合

幼犬の場合、うんちは1日だいたい5回~6回程度です。

おしっこ同様にうんちも多く溜めておくことができなかったり、消化器官が弱いのですぐにお腹を下してしまったりもします。

生後半年頃からだんだんと回数が落ち着いてくるようになりますが、子犬の頃はすぐにうんちをするので目が離せません。

成犬の場合

1歳を過ぎると、うんちの回数は1日に1回~2回と決まってきます。

多くの犬は外に散歩へ出た時に排泄を済ませるので、朝と夕方の散歩時にうんちをする犬が多いです。

体のリズムも決まってきて、消化器官も強くなっているので一番安定している時期と言えます。

老犬の場合

老犬の場合、うんちの回数が減ってくる傾向にあります。体の機能の低下から、排便したくてもうんちが出ない、しようとしているのにうんちが出てこないということが増えてきます。

1日に1回きちんとしたうんちが出ていれば問題はありませんが、何日も出ないようだと病気の可能性もありますので獣医師に相談が必要です。

シニア用のドッグフードにはこうしたトラブルを軽減させるために、食物繊維を多く含んだフードが多くなっているので、食事面にも気をつけてあげて、良い排泄ができるようにサポートしてあげましょう。

ホワイトは1日1度は絶対にウンチしていますが、たまに2回します。笑

まとめ

  • 幼犬はおしっこもうんちも多い
  • 老犬はおしっこが増えうんちが減る
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す