【ペットと泊まれる宿】 かずさリゾート鹿野山ビューホテルをレビュー!

kanozan-00.jpg

千葉県のペットと泊まれる宿でおすすめなのが、『かずさリゾート鹿野山ビューホテル』です。

マザー牧場までの立地が最適で、色々なサイトでの口コミもなかなか高評価を獲得している優良ホテルです。

ドッグランも完備していてマザー牧場に行く方ならぜひおすすめしたいホテルです。

今回は『かずさリゾート鹿野山ビューホテル』を徹底的にレビューしたいと思います。

Sponsored Link

部屋がとてもキレイ

前回千葉に旅行へ行った記事を書きましたが、今回レビューする『かずさリゾート鹿野山ビューホテル』はそこで宿泊したホテルになります。

関連記事:マザー牧場と濃溝の滝に旅行!最後はわんわんアリスで記念撮影!

まず部屋の作りやキレイさに関してですが、これは文句無しの満点ですね。

最近リフォームでもしたのでしょうか?とにかくキレイでした。

▼全体写真1
kanozan-01.jpg

▼全体写真2
kanozan-02.jpg

洋室のホテルも良いですが、やはり和室の宿は落ち着いてて良いですね。

旅館かホテルかみたいな部分は個人的な好みになってしまいますが、でも犬の事を考えると和室の方がメリットが多くて、まず床が畳だから足が滑らないというのは大きいと思います。

フローリングは足の滑りが激しく、自宅でもマットを敷いたりして対策されている家庭も多いですが、実際にホテルでそういう対策をされている所は少ないですから、畳の方が安心です。

また、和室の場合には椅子も足の無い座椅子の場合がほとんどですし、当然ベッドもないので、部屋に高さのあるものが無いんですよね。

我が家のホワイトは足が悪いので、ベッドとかソファを乗ったり降りたりピョンピョンされる訳にはいかないので、そういう意味でも和室は安心できます。

▼ホワイト用にベッド作りました!笑
kanozan-03.jpg

▼やっぱり暗い所が良いみたい
kanozan-04.jpg

また、水回りも非常にきれいでした。

▼シャワー室
kanozan-05.jpg

▼洗面所
kanozan-06.jpg

特にシャワー室が良かったですね。

こういう所で湯船浸かりたい人はきっと大浴場行くでしょうし、湯船浸かりたくない人は部屋でシャワーで済ませちゃうパターンが多いかと思います。

そうなると部屋の湯船って邪魔だし、なんとなく清潔感なくて汚いし、ユニットバスでトイレも付いてた日には最悪です。

それがシャワー室という形でシャワーに特化した作りなのは清潔感もあり非常に理にかなってると思います。

ペットの行動範囲

まず基本的にホテル内は部屋以外全面的にペット禁止です。

まぁ犬連れからすると周りの目もあるので、部屋以外禁止は全然かまわないのですが、重要な部分は部屋までの導線です。

部屋以外は全面禁止な代わりに、部屋に行くまでは気を遣わなくて良いような作りだとありがたいのですが、そういう意味ではこのホテルはギリギリ合格ぐらいのレベルでした。

というのも、ホテルのロビーでチェックインすると、そこから一旦外に出てグルーッと裏に回りまずドッグランに入ります。

するとドッグランに部屋が面しており、ドッグラン経由で直接部屋に入れるのですが、この入り口が窓(べランド的な窓)からの出入りになります。

最初は窓でも、ドッグラン経由で部屋に直接入れるので、会う人は基本皆犬連れで悪くないなと思ったのですが、途中で外出しようとした際に、窓なので外から戸締りできないことに気付いたのです。

嫁と一緒にベランダから外に出ると戸締りができないので、1人が犬と共にベランダからドッグラン経由で外に出て、もう1人がホテルの廊下に出る通常の玄関から出るということになります。

犬を抱いて外に出るときとか、荷物を多く運搬するチェックイン・チェックアウト時などは地味で面倒でした。

ただ、犬をケージに入れて部屋まで入らなければいけないホテルとかが多い中で、外から直接入れるのは通常の宿泊客に気を遣わなくて良いので有難かったですね。

あそこが窓じゃなくて玄関だったら最高だったのに!笑

▼出入りする窓の写真
kanozan-07.jpg

アメニティグッズは一般的なものは一通り置いてありますが、犬関係の物は備え付きのケージくらいなので、普段使っているものを準備して持っていきましょう。

ドッグランについて

ドッグランは結構良かったですね。

なんと言っても部屋から出たらそこはドッグランですから、外でオシッコさせてる我が家としてはまぁ楽なこと楽なこと。笑

他の宿泊客の方もベランダの窓を開けて、窓際で親御さんが座りながらテレビを見てて、ドッグランでは子供と犬が遊んでいるような感じだったので、部屋とドッグランが近いというのは多少放置できて楽ですね。まぁ他の犬が少なければの話ですが。

ドッグランの作りも死角が少なく、地面の段差も少なかったですし、犬のフンを直接流せるように外に水洗便器が完備されていて、ドッグランとしての評価も悪くないです。

特にホワイトの場合は足が悪くて積極的にドッグランは行かせていないので、段差が少ないのはありがたいですね。

▼ドッグランでのホワイト1
kanozan-08.jpg

▼ドッグランでのホワイト2
kanozan-09.jpg

1つ残念な部分を上げるとしたら、ドッグランの入り口の扉が1つしかついてなかったです。

脱走防止のため今やドッグランの扉は2重構造が常識ですが、それが1つってのはかなり不安です。

私が行ったのは平日だったので、そもそも出入りがほとんどなく関係なかったですが、これが繁忙期だったら頻繁に出入りがあり犬を放し飼いにするのは危険な気がします。

▼今開けられたら脱走する!笑
kanozan-10.jpg

食事

今回は素泊まりだったので食事は食べてませんので評価できないです。すみません。

我が家は外で食事するのが好きなので、比較的ホテルは食事無しにすることが多いんですよね。

あと、ここはレストランは犬不可で、部屋食もやってません。

この辺りは犬連れ的にはマイナスポイントだなと思います。

外で食事が多いのは事実ですが、今回は正直このレストラン不可と部屋食不可っていう方が、素泊まりの理由です。

やっぱせっかく旅行来て、犬だけお留守番は可哀想ですからね。

お風呂

お風呂は比較的キレイでしたが、思ったより大きくなかったというか、気持ち小ぶりな作りだったと思います。

露天風呂もないですし、そもそも温泉ではないので、まぁ普通って感じですね。こんなもんかって感じです。

あと、洗い場の正面が一面ガラス張りなのですが、なぜかドッグランに面していて、中が丸見えです。笑

女子風呂はさすがに曇りガラスで中は見えませんが、男子風呂は普通に中が見えるようになっていて、なぜこんな作りなのか不思議です。笑

さっきドッグランの入り口の写真を貼りましたが、その横のガラス張りの建物が大浴場ですので、いかに丸見えか分かると思います。

まぁ私は気にしないので良いですが、気にする方は少し注意が必要です。

立地

立地に関してですが、マザー牧場へ行くなら立地は最高です。

とても近いので、マザー牧場も公式におすすめしていますし、プランによってはマザー牧場のチケットをセットで安く購入できる可能性もあります。

関連記事:マザー牧場は犬連れにおすすめ!料金や証明書、宿泊施設をご紹介

ただ近くにお店が何も無く、山の上というのを押しているだけあって、どこか買い物に行こうと思うとまさに下山する感じです。

当然車での話ですので、徒歩や電車で考えてる方は多分やめた方が良いでしょう。

ちなみにホテル自体は事前連絡すれば送迎が出るみたいなので、チェックイン自体は徒歩でも問題ないです。

コンビニは車で15分~20分走らせた所にありますので、車があればチェックイン後に全く何も買えない訳ではないです。

また山道に入るまでの開けた通りにはお店が色々あるので、宿ですぐにお酒を飲む方などは、そこで先に済ませるのが無難でしょう。

総評

部屋・設備 :
ドッグラン :
犬への理解度:
大浴場   :
食事    : (測定不能)
立地    : (マザー牧場限定)

施設名 :かずさリゾート鹿野山ビューホテル(かのざんビューホテル)
住所  :〒292-1155 千葉県君津市鹿野山319
アクセス:JR君津駅よりタクシーで約30分 館山道君津スマートインターより車で15分 ※君津駅より無料送迎あり(予約制)
電話  :0439-37-3411(FAX→0439-37-3412)

⇒かずさリゾート鹿野山ビューホテルのご予約はこちら

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す