【イタリア語編】犬の名前ランキング!オスとメス両方紹介

犬の名づけは、家族の一員として犬を迎えてから最初に飼い主が犬に贈るプレゼントでもあります。

一生使っていく名前ですから、呼びやすく素敵な名前をつけたいと考えている飼い主さんも多いと思います。

そこで今回は、イタリア語が語源となっている犬の名前ランキングをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

【オス編】イタリア語由来の犬の名前ランキング

 レオ
イタリア語でレオは「勇敢な人」という意味を持っている言葉です。

オス犬にたくましさや強さ、勇敢さを持って欲しいという飼い主の願いを込めてつけられている名前です。

レオという響きもいいですし、呼びやすくとてもカッコいい名前なので人気があります。

 

 フィリオ
イタリア語で「息子」という意味の言葉です。

文字通り、飼い主の息子のような存在であるという意味を込めてつけられる名前です。

イタリア語なのですぐに「息子」という意味にはたどり着きにくいですし、「フィリオ」という響きも品があり、高貴な雰囲気があって素敵な名前です。

 

 カルロ
イタリア語でカルロとは、男らしい・自由なという2つの意味を持つ言葉です。

オス犬にのびのびとたくましく育ってほしいという願いから多くつけられている名前です。

カルロという響きも「男」というかっこよさが際立つ名前で素敵な印象を持ちます。

中型犬以上の犬に特にピッタリとくる名前です。

【メス編】イタリア語由来の犬の名前ランキング

 モナ
イタリア語でモナは「平和的な」という意味がある言葉です。

今のような時代だからこそ、犬の名前にも平和を願う気持ちを込めて名づけをしている人が多いようです。

もちろん飼い主と犬の平穏な生活も一緒に願っていることとは思いますが、とても素敵な意味の深い言葉です。

モナという響きも柔らかく、あたたかい雰囲気があって、かわいらしく穏やかなメス犬にピッタリと合う名前です。

 

 エレナ
エレナという言葉はイタリア語で「光」という意味です。

家族にとって光となる存在であるという意味を込めて、エレナという名前を選ぶ飼い主が多いようです。

エレナという名前もとても素敵で、女の子らしい華やかさと可憐さを兼ね備えた名前なのでおすすめです。

 

 カラ
カラは「最愛の」という意味を持つイタリア語の言葉です。

文字通り最愛の存在であるという意味から名づける人が多いです。

カラという響きも呼びやすいですし、メスの名前にピッタリです。

愛犬につけてあげたら喜んでくれること間違いなしです。

【オスメス共通編】イタリア語由来の犬の名前ランキング

 ティノ
ティノは「小さい」という言葉の意味を持っています。

日本では小型犬ブームが続いているのでティノという名前は増えてきています。

特に犬の中でも1番小さい犬種であるチワワや、2番目に小さい犬種であるヨークシャテリアなどにティノという名前はピッタリです。

オスメスどちらにも使うことができるので、つけやすく呼びやすい名前で人気があります。

 

 ルチア
イタリア語でルチアは「優雅な光」という意味をあらわします。

被毛のきれいな犬種や高貴なイメージの犬種にピッタリの名前です。

優雅な光という意味も、おおらかでゆったりのんびりとしたイメージがあり、オスメスどちらの犬にもつけたくなる意味を持つ名前です。

ルチアという響きも、宝石の一種のような名前でとても気品のある名前です。

 

 ブルーナ
ブルーナとは「黒茶の毛の」という意味をあらわす言葉です。

言葉自体には色を表す意味しかありませんが、ブルーナという言葉の響きが意味以上にきれいな響きで呼びやすいのがこの名前の良い点です。

黒や茶色の犬ならばオスでもメスでも合う名前なのでおススメです。

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す