犬が散歩で歩かない時のしつけ方法!抱っこはわがままになる?

愛犬のわがままで散歩中に歩かなくなったり、匂いを嗅ぐのに夢中で同じ場所から動かないという場合がありますが、すぐに抱っこしてしまうのは、さらにわがままになる原因です。

今回は、犬が散歩で歩かない場合のしつけ方法や、抱っこをしない効果的な対処法をご紹介します。

Sponsored Link

犬が歩かなくなる理由

散歩で歩かないのをしつける方法というのを紹介する前に、まずはなぜ歩かなくなってしまったのかを知る必要があります。

▼歩かない犬

愛犬が歩かなくなってしまうのにはいくつか理由がありますが、根本的な理由は愛犬のわがままです。

代表的な2つの事例を紹介します。

良いことがあると学習している

わがままで歩かない犬は、その先に何かご褒美があることを知っています。

やはり1番多いのは、歩かないからと抱っこをしている場合でしょう。

散歩中に歩かないからとすぐに抱っこされている犬は、道に座り込めば抱っこしてもらえると学習しますので、散歩は抱っこされていくものだと覚え、怠けるようになってしまいます。

散歩は外の世界に慣れる目的もありますが、犬自身が歩いて運動をしたり、色々な匂いを嗅いだりしながら楽しむのが目的ですので、高齢で歩くのが難しかったり、足の病気で歩けないなどの理由がない限りは安易に抱っこするのはやめた方が良いでしょう。

また、頻繁に抱っこされている犬は腰への負担が大きくヘルニアなどにもなりやすいです。

健康のためには、犬に歩かせる散歩を定着させたほうが良いです。

また、抱っこに次いで比較的多いのが、歩かせるためにおやつをあげている場合です。

これも当然、歩かなければご褒美がもらえると学習しますので、歩かなくなってしまいます。

散歩の主導権が逆転している

犬は自分がその群れのリーダーだと思った場合には、その群れを引き連れて歩く習性があります。

普段から犬が散歩コースを決めている場合には、愛犬と飼い主の主従関係が逆転している可能性が高いので、急に飼い主が歩く道を決めた場合に、犬が反発して立ち止まります。

普段抱っこもしてないしご褒美もあげてないのに急に立ち止まって歩かないという場合には、犬が自分の進みたい道に勝手に行こうとしている証拠ですので、日々の散歩のスタイルを見直した方が良いでしょう。

ホワイトの場合ですが、昔は散歩中にわがままなどは言わないとても利口な子だったのですが、最近は老犬になり足も怪我をしてしまい、いつ散歩に行けなくなってしまうか分からないので、ホワイトの行きたい道を歩きたいだけ歩かそうと、あえてわがまま放題やらせています。

するとビックリ、完全に主従関係が逆転し、歩きたい道に行けない時は道端に座り込んで頑として動きません。笑

▼わがままなうの瞬間
16-05-15-18-19-03-505_photo.jpg

さすがに若干後悔しています。笑

関連記事:ホワイトのお散歩コースのお気に入りは4~5種類!

歩かない犬のしつけ方法

さて、ホワイトは爺さんなのでもういいですが、まだまだ若いワンコ達はしっかりトレーニングする必要がありますので、愛犬がわがままで歩かない場合のしつけ方法をご紹介します。

公園からスタート

子犬の散歩デビューを思い出し、まずは公園で散歩をさせましょう。

関連記事:子犬の散歩デビューはいつから?ワクチン接種前の外出がダメな理由

公園で散歩させる理由ですが、主従関係が逆転している場合には犬が道を選ぼうとして歩かないことに繋がっています。

公園の草むらや芝生のような広い敷地であれば、道を選ぶという概念がなくなりますので、主導権を取り戻しやすくなります

また、おやつをあげたり、抱っこをされて歩かなくなった愛犬は環境を変えてあげることが有効なので、そういう意味でも普段の道から公園に切り替えることは効果的です。

後は車や自転車なども通らないので、急に歩き出したりしても危険がないですし、怖い体験をする可能性も低いというのもおすすめの理由です。

トレーニング方法

散歩自体が好きな子なら関係ないですが、そもそも散歩嫌いの場合には、外の楽しさを知らないために歩きたくないという可能性が高いので、最初は20分~30分自由に歩かせてみましょう。

方法はハーネスをつけて、そこにリードや紐をつけ、リードは伸び縮みするものであれば、3メートルくらい伸ばした状態でとめて紐をたるませておきます。

犬が3メートル範囲位は自由に動けるようにセットしてあげて様子を見ます。

それを1週間くらい続けていくと犬の様子が変わる場合がありますので、まずは自分の足で歩く習慣をつけていきます。

公園で歩けるようになってきたら、少しずつ公園近くの道に出てみましょう。

しつけの進み具合をみながら、公園内を歩く時間と外の道を歩く時間の配分を調整します。

まれに、公園内は歩けるのに道で座り込む犬がいますが、これは道路で何か怖い体験をした可能性があるので、少し時間はかかりますが根気よく道路に慣れさせましょう。

匂いを嗅いで歩かない

ここまで犬のわがままによる歩かない事例を紹介しましたが、他にも愛犬がクンクン匂いを嗅ぎ続けて歩かないというパターンもあります。

これは、わがままやしつけの失敗などではなく、犬の習性的なもので、匂いを嗅ぐ行為自体は犬にとってとても重要なことです。

時間が許すのであれば10分くらいは好きに匂いを嗅がせてあげましょう。

しかし、何事もやりたい放題やらすのはよくないので、ある程度匂いを嗅いだ後に動かす方法を紹介します。

最も効果的なのは呼びかけを行うことです。

なかなか一定の場所から動かない犬の場合、しつけが入っているのであれば「行くよ!」や「GO」の掛け声で犬をその場から動かすようにしてみましょう。

匂いを嗅ぐことに満足していれば歩きますし、まだ足りないようであれば動きは悪いかもしれません。

匂いを嗅ぎだしたばかりでぐいぐい引っ張って先を急ぐのは散歩の意味がありませんので、ある程度クンクンさせ、最終的に飼い主の掛け声で犬が動いてくれればそれが1番の理想形です。

呼びかけのしつけがまだ微妙な場合は、持ち上げて散歩コースに戻してあげるのが有効です。

呼びかけで散歩コースに戻るというのを反復していると、次第に犬も覚えてきますので、徐々に呼びかけに反応するようになります。

この時、抱っこのように持ち上げると、最初に紹介した止まる=抱っこという認識になる可能性があるので、お腹の部分を持って低い位置のまま元の道に戻してあげるようにしましょう。

当然、ご褒美なので釣って散歩コースに戻すというのは言語道断です。

まとめ

  • 歩かない事とご褒美がリンクしている
  • 犬に主導権を握られない
  • 公園から少しづつ矯正しよう
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す