犬のトイレトレーニングのやり方はサークルを使う方法が失敗しない

3184963395_22664615fb_b.jpg
Photo by Ivan Mlinaric | Flickr

犬のトイレトレーニングは、人間と犬が快適に共同生活するため必ず必要になるしつけです。

しかしやり方が分からなかったり、失敗して途中でやめてしまったり、結構挫折する人も多いです。

犬のトイレトレーニングは、サークルを使う方法が失敗しないので、今回はそのやり方をご紹介します。

Sponsored Link

トイレトレーニングの必要性

11764881766_2b547619e5_k.jpg
Photo by kelly | Flickr

初めて愛犬を家族として迎えたとき、一番最初にぶつかる難題というのがトイレと言われています。

少し前まで犬はおしっこを外でするものという感覚でしたが、最近はお家の中でするのも一般的になってきていて、お家の中でトイレができること、決まった場所でできるということはとても大切なことです。

もし災害にあったときや大雨や嵐で外に行けないときなど、お家の中の決まった場所でトイレをする習慣がついていれば、愛犬にかかるストレスも飼い主にかかるストレスも少なく済みます。

分からないからとか、上手くいかないからとか、そういう理由でしつけを疎かにするのは将来的に負担が増えるだけですので、犬を飼ったならばトイレトレーニングは成功するまで絶対に続けましょう。

トレーニングのやり方

8857528191_63473c763d_k.jpg
Photo by Craig Murphy | Flickr

トイレトレーニングにも色々なやり方があるのですが、基本的に本質的な部分は同じです。

ただ、今後の飼い方によってトイレの置き場所や覚えさせ方が若干変わってくるので、犬を飼う上で代表的な飼い方と言える、室内放し飼いパターンと、ケージ飼いパターンの2通りを紹介します。

ケージ飼いパターン

用意していただきたいのが犬のサークルかケージ、トイレトレー、トイレシートです。

まず、サークルの中にトイレシートを敷き詰めます。

▼床を全部シートで覆う
toilet01.png

そのケージの中に犬を入れ、犬を迎えてから1週間はケージの外に出さないようにしてください。

中には吠える子もいますが、これは欲求吠えといって、文字通り何かを欲求しているときに吠えるもので、この時はケージやサークルの外に出してほしいのと、飼い主にかまってほしいという欲求で吠えてきます。

なのでここで可哀想だからとかまってしまったりケージやサークルから出してしまうと、犬は吠えれば思い通りになると思ってしまい、今後のしつけにも影響してきますので我慢しましょう。

個体差はありますが、無視をすることによって欲求吠えは減少していきます。

そのまま1週間ほど過ぎると、愛犬が決まっておしっこしている場所というのが出てきます。

そこが犬の排泄しやすい場所なので、そこにトイレトレーを置き、トイレシートはケージ内から除きます。

すると、その後に数回失敗するかもしれませんが、確実にトイレトレーでする割合がどんどん多くなるはずです。

ケージを区切る

犬は本能的に居住スペースとトイレをきっちりと分けたがります。

なので、トイレトレーの置く位置が決まったら、ケージ内を板や網のような物で区切りましょう。

100均などでラック用の網やバーベキュー用の網など、それらしい物が色々売っているので、ご自身の持っているケージのサイズを照らし合わせて購入しましょう。

仕切りの上を愛犬がまたぐように行き来するので、あまり高くはせず、スペースが別れているんだと犬に認識を与えられる程度で大丈夫です。

取り付け方法も自由ですが、結束バンドで固定するのが一番簡単だと思います。

▼高くなり過ぎないように注意
toilet02.png

スペースの広さに注意

最初から区切りのある市販のケージを買うのも良いかと思います。

各社様々な商品が出ています。

▼ペティオ(楽天市場に飛びます)

▼アドメイト(楽天市場に飛びます)

探せば他にも似たような商品がありますが、しかし私が作成した図と実際の商品とで大きな違いが1点あります。

それが居住スペースとトイレスペースの広さです。

犬は本来、狭い所で寝て、広い所で排泄するという習慣があるので、居住スペースを広くしてしまうと、かなりの高確率でトイレトレーをベッド代わりに使いトイレトレーニングが失敗します。

仕切りを自作する場合には必ず居住スペースを狭くし、市販の物を買う場合には居住スペースとトイレスペースを逆に使いましょう。

犬がおしっこしやすい場所をトイレにし、仕切りを作ってスペースが別れていることを認識させ、本能的に狭い場所で寝るようにコントロールするというこの3点を抑えれば、成功率はグッと上がります。

放し飼いパターン

室内で放し飼いする場合は最初から放し飼いを始めるのでは無く、サークルを使って生活区域を少しづつ広げていきます。

このとき有効なのが、クレートトレーニングと同時に行うことです。

サークル、クレート、トイレトレーの3点を用意し下記画像のように、サークル内にクレートとトレーを設置します。

▼サークルの配置
toilet03.png

子犬の場合には2時間に1回ほどおしっこをさせる必要があり、成犬でも個体差はありますが、だいたい3時間~6時間に1回は排泄させる必要があります。

しかし最初はどれくらいのペースでおしっこをするか分からないので、1時間に1度クレートから出しトイレに行かせ、その結果をメモに記録しておきます。

何日か続けると決まってする時間帯があったり、排泄と排泄の間隔が分かってきますので、それに合わせてクレートから出します。

おしっこをしない場合にはそのままクレートに戻し、ちゃんとトイレトレーでおしっこをした場合は大げさなくらい褒め、そこからしばらくサークル内で遊ばせてあげます。

しかし最初はなかなかトイレの位置を覚えてくれませんが、子犬のおしっこのタイミングは結構分かりやすく、床をクンクン嗅いで周っているときはおしっこのタイミングなので、すかさずトイレに移動させましょう。

もしくは、ケージ飼いパターンのときと同じように、サークル内にトイレシートを敷き詰め、子犬がおしっこをする場所にトレーを置くというのも1つの方法です。

そして徐々にサークルを広くしていき、最終的にそのサークルを撤去できればクレートトレーニングを用いたトイレトレーニングは成功です。

こちらの動画が、私の紹介しているやり方と似ているかなと思います。

▼トイレトレーニングの様子

ケージ飼いパターンも放し飼いパターンも、囲いの中で寝床とトイレをきっちり分けるという基本的な考え方は同じで、犬の本能に任すやり方がケージ飼いパターンで、人間が排泄時間までコントロールしてやっていくやり方が放し飼いパターンと言えるでしょう。

トイレトレーニングのコツ

6155783695_881787065a_b.jpg
Photo by Sean and Lauren | Flickr

トイレトレーニングを完璧に成功させるには、かなりの根気と時間が必要になりますので、簡単にできるなんて期待しない方が良いです。

しかし、なるべく最短で順調に終わらせたいと思うのは当たり前ですので、ここでは上手に進めるためのトイレトレーニングのコツをご紹介します。

ご褒美をあげる

トイレトレーで排泄ができたら、とにかくアホみたいに褒めてあげましょう。

トイレと褒められることの関連性を学習すると褒められたいがために自主的にトイレでおしっこするようになります。

おやつやフードをその時に少し与えるのも効果的です。

そのご褒美というのは、飼い主様が撫でてあげることだったり、おやつやおもちゃなど色々なものがあります。

もちろん褒めることもご褒美の1つですが、やはり犬にとって食べ物の威力は大きいみたいで、おやつなどのご褒美を用意するのは効果がかなり高いです。

それは飼い主様の方針で決めていただいて大丈夫ですが、当然ホワイトはおやつ派でした。笑

▼棒状のおやつを食うホワイト
16-04-11-13-30-28-851_photo.jpg

失敗しても怒らない

トイレ以外でおしっこをした場合、反射的につい大声を出したり、人間のしつけと同じように考えあえて叱ったりする場合がありますが、もし失敗したとしても絶対に怒ってはいけません。

犬は学習する生き物なので、褒めてあげると「ここでおしっこをしていいんだ」と思いますが、逆に失敗を怒ってしまうと、排泄すること自体をいけないことだと思い我慢してしまう子もいます。

そうすると家ではおしっこ出来ない子に育ったり、我慢が習慣化し膀胱炎などを引き起こす原因となります。

また、犬は言葉の意味までは理解しないので、怒られているのを飼い主にかまってもらっていると間違って覚える場合もあり、それが犬にとってご褒美に繋がってしまうと、かまってほしいが為に失敗をわざと繰り返すようになります。

怒っていなくても、声をあげるだけで勘違いされる危険があるので、愛犬がトレー以外の場所で排泄してしまった場合には、騒ぎたい気持ちをグッと押し込めて、静かに黙々と掃除しましょう。

トイレトレーで排泄ができる

ご褒美をあげる

失敗してトレー以外で排泄してしまった

何事も無かったかのように静かに掃除する

これを繰り返すと気づけば失敗はなくなっていると思います。

まとめ

  • スペースをしっかり分けることが大切
  • 居住スペースを狭くトイレを広く
  • 失敗しても騒がない
  • 成功したらお祭り騒ぎ
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す