ウエストハイランドホワイトテリアの性格や飼い方と寿命

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはウェスティの愛称で呼ばれるスコットランド原産のテリア系の犬種です。

今回はウエストハイランドホワイトテリアの性格や寿命などの特徴と、飼い方や他犬種と比べた時の飼いやすさなどをご紹介します。

Sponsored Link

犬種情報

名称:ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア(West Highland White Terrier)
愛称:ウェスティ
サイズ:小型犬
原産地:スコットランド(イギリス)
体高:30~40cm
体重:7~9kg
寿命:12~14歳

主要団体によるグループ分け
  • FCI:3G.テリア
  • AKC:4G.テリア
  • JKC:3G.テリア

歴史

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはスコットランドのウエストハイランド地方が原産であることからこの名前がつけられています。

当時、先祖犬であるケアーン・テリアからしばしば白色の犬が生まれ、昔はケアーン・テリアの変種として扱われていたため除去されていましたが、他の白い犬種との掛け合わせにより白いケアーン・テリアが増やされていき、後にウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアとして正式に登録されました。

特徴

近年、日本でも愛玩犬として定着してきましたが、元々は穴の中に住むキツネなど小型獣用の狩猟犬だったため、鋭い歯と頑丈な顎、ダブルコートの固い被毛を持ち合わせています。

最も特徴的な部分としては、やはり真っ白な被毛というのがホワイトテリアの代名詞と言えるでしょう。

性格

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはかなり活発で好奇心旺盛な性格をしていますが、しかしその反面、気性が荒く独立心が強いため頑固な面も持ち合わせています。

狩猟のパートナーとしての血統を持つため、しつけ次第では従順で飼い主に忠実な忠犬に育ちますが、狩猟犬としてのプライドが高いため自分より体格の大きい犬種に対しても挑発的に吠えたりと、無駄吠えの多い犬になる可能性が高いです。

とにかくやんちゃで、自発的に行動をするので、飼い主にかまってもらうために飼い主を困らせるいたずらをするのも特徴です。

しつけは難しいですが、賢い犬種ですので、しっかりしつけられれば飼い主と相性ばっちりのパートナーに育つこと間違いなし!!

注意したい病気

ウェスティはレッグ・ペルテス・パーセス病やノミによるアレルギー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎(脂漏症・脂ろう症)などの皮膚疾患にかかりやすい傾向があります。

ノミ・ダニの駆除には特に気を付けシャンプーの頻度などにも気を遣うことが必要です。

また、ウェスティの仔犬は遺伝子的な問題で「ライオンの顎」と呼ばれる頭蓋下顎骨症を発症する場合が稀にあります。

基本的にはほとんど遭遇することはありませんが、ホワイトテリアの飼育を考えているのであれば頭の片隅には置いておきましょう。

飼い方

ホワイトテリアを飼育する上での注意点をいくつかの項目に分けて説明します。

運動について

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは好奇心旺盛で活発な犬種ですので、過度な運動は必要ありませんが定期的な散歩は必要です。

友好性が高いため飼い主とのコミュニケーションも大切にしていますので、一緒に遊ぶ時間が少なくなるとストレスから攻撃的になることもあります。

散歩とは別にしっかり遊んであげるようにしましょう。

しつけについて

しつけに関しては、過保護に育てると自分の方が優位だと思い言うことを全く聞かなくなります。

自発的に行動するため、多少習慣化させたしつけ方をさせると、指示が無くても勝手に行動してくれます。

その一方、間違った習慣を覚えられると直すのが大変ですので注意が必要です。

被毛のケア

ホワイトテリアの被毛の特徴はダブルコートです。

ダブルコートを簡単に説明すると剛毛です。笑

そのため、1~2日に1回くらいの定期的なブラッシングと2~3ヶ月に1回くらいの定期的なカットが必要です。

前述したように皮膚病が多い犬種ですので、ブラッシングの際に皮膚病のチェックをすることも重要です。

個体差はありますが、涙やけやヨダレやけが多い場合には、目周りや口周りのケアも一緒にしてあげましょう。

体調管理

ウェスティの原産地であるスコットランド地方は北海道よりも北の緯度にあるため寒さには強い犬種ですが暑さには弱い傾向にあります。

夏場は部屋の空調管理を徹底し、ケージも日陰に置くなど工夫が必要です。

他のテリア種に比べれば脚は長い方ですが、それでも他犬種に比べ脚が短いためアスファルトの照り返しに弱いです。

日中の散歩は控え、夕方以降に散歩しましょう。

Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

5件のコメント

  • ベルのお母さん

    我が家のウエスティのベル君は17才と10ヶ月になりました。2~3ヶ月前から少し元気がなくなって来ましたが、初めての動物病院の先生から、純血種で長寿とビックリされたので、ウエスティ好きの方に聞いて頂きたくてコメントしました。

    • ゆーま

      本当に凄いですね。
      あと2ヶ月で18歳じゃないですか。
      ウェスティで18歳っていうのはあまり聞いたことがないので、ぜひ頑張って頂きたいです。

      最近元気が無いということなので、ここが踏ん張り所ですね^^

  • Shinobu

    ホワイト君、可哀想に・・・吐くのも見てるの可哀想やし、ウンチなども寝たまましてるのは本人も嫌でしょうから・・・。
    なんとか落ち着いて状態が良くなってくれるといいですね。

    エリザベス「カラー」は絶対嫌がると思ったので、着たままウンチやオシッコもできるエリザベス「ウエア」なるものをサイズを計ってお願いして着せていたんです(^^;
    今は便利でワンコがなるべく嫌がらないものがあるんで助かりました♪
    抜糸もあっという間に無事終わりました!

    • ゆーま

      前回、前庭疾患で眼振の症状が出たときは2週間以上長引いてたのですが、今回は3日ほどで治りました。

      突然発作のように発症するので、いつまた前庭疾患が出るのか毎日不安って感じです。

      カラーではなくてウエアでしたか!
      今はそんなのがあるんですね。
      ウエスティは皮膚病の子が多いので、これは皆に知ってもらいたいですね。
      今度時間があったら記事にしてみたいと思います。笑

      ※コメントが長くなりすぎたので、過去のやりとりは非公開にしました。
      非公開にしただけで、管理画面にはちゃんと保存して大切に残してありますので、
      またお気軽にコメント下さい。

コメントを残す