ウエストハイランドホワイトテリアの性格や飼い方と寿命

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはウェスティの愛称で呼ばれるスコットランド原産のテリア系の犬種です。

今回はウエストハイランドホワイトテリアの性格や寿命などの特徴と、飼い方や他犬種と比べた時の飼いやすさなどをご紹介します。

Sponsored Link

犬種情報

名称:ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア(West Highland White Terrier)
愛称:ウェスティ
サイズ:小型犬
原産地:スコットランド(イギリス)
体高:30~40cm
体重:7~9kg
寿命:12~14歳

主要団体によるグループ分け
  • FCI:3G.テリア
  • AKC:4G.テリア
  • JKC:3G.テリア

歴史

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはスコットランドのウエストハイランド地方が原産であることからこの名前がつけられています。

当時、先祖犬であるケアーン・テリアからしばしば白色の犬が生まれ、昔はケアーン・テリアの変種として扱われていたため除去されていましたが、他の白い犬種との掛け合わせにより白いケアーン・テリアが増やされていき、後にウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアとして正式に登録されました。

特徴

近年、日本でも愛玩犬として定着してきましたが、元々は穴の中に住むキツネなど小型獣用の狩猟犬だったため、鋭い歯と頑丈な顎、ダブルコートの固い被毛を持ち合わせています。

最も特徴的な部分としては、やはり真っ白な被毛というのがホワイトテリアの代名詞と言えるでしょう。

性格

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはかなり活発で好奇心旺盛な性格をしていますが、しかしその反面、気性が荒く独立心が強いため頑固な面も持ち合わせています。

狩猟のパートナーとしての血統を持つため、しつけ次第では従順で飼い主に忠実な忠犬に育ちますが、狩猟犬としてのプライドが高いため自分より体格の大きい犬種に対しても挑発的に吠えたりと、無駄吠えの多い犬になる可能性が高いです。

とにかくやんちゃで、自発的に行動をするので、飼い主にかまってもらうために飼い主を困らせるいたずらをするのも特徴です。

しつけは難しいですが、賢い犬種ですので、しっかりしつけられれば飼い主と相性ばっちりのパートナーに育つこと間違いなし!!

注意したい病気

ウェスティはレッグ・ペルテス・パーセス病やノミによるアレルギー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎(脂漏症・脂ろう症)などの皮膚疾患にかかりやすい傾向があります。

ノミ・ダニの駆除には特に気を付けシャンプーの頻度などにも気を遣うことが必要です。

また、ウェスティの仔犬は遺伝子的な問題で「ライオンの顎」と呼ばれる頭蓋下顎骨症を発症する場合が稀にあります。

基本的にはほとんど遭遇することはありませんが、ホワイトテリアの飼育を考えているのであれば頭の片隅には置いておきましょう。

飼い方

ホワイトテリアを飼育する上での注意点をいくつかの項目に分けて説明します。

運動について

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは好奇心旺盛で活発な犬種ですので、過度な運動は必要ありませんが定期的な散歩は必要です。

友好性が高いため飼い主とのコミュニケーションも大切にしていますので、一緒に遊ぶ時間が少なくなるとストレスから攻撃的になることもあります。

散歩とは別にしっかり遊んであげるようにしましょう。

しつけについて

しつけに関しては、過保護に育てると自分の方が優位だと思い言うことを全く聞かなくなります。

自発的に行動するため、多少習慣化させたしつけ方をさせると、指示が無くても勝手に行動してくれます。

その一方、間違った習慣を覚えられると直すのが大変ですので注意が必要です。

被毛のケア

ホワイトテリアの被毛の特徴はダブルコートです。

ダブルコートを簡単に説明すると剛毛です。笑

そのため、1~2日に1回くらいの定期的なブラッシングと2~3ヶ月に1回くらいの定期的なカットが必要です。

前述したように皮膚病が多い犬種ですので、ブラッシングの際に皮膚病のチェックをすることも重要です。

個体差はありますが、涙やけやヨダレやけが多い場合には、目周りや口周りのケアも一緒にしてあげましょう。

体調管理

ウェスティの原産地であるスコットランド地方は北海道よりも北の緯度にあるため寒さには強い犬種ですが暑さには弱い傾向にあります。

夏場は部屋の空調管理を徹底し、ケージも日陰に置くなど工夫が必要です。

他のテリア種に比べれば脚は長い方ですが、それでも他犬種に比べ脚が短いためアスファルトの照り返しに弱いです。

日中の散歩は控え、夕方以降に散歩しましょう。

Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

39件のコメント

  • SHinobu

    2ヶ月のウエスティを飼い出して2週間です。
    体に触るのを嫌がらないように遊びながら色んな場所を触り、餌の時も体を撫でたり器に指を入れたりして、どこを触っても甘噛みはしますが嫌がることはありません。
    でもご飯の後、口周りを拭くときだけ唸ったりしてものすごく嫌がります。
    特に嫌がるようなきっかけがあったとは思えないのでさが…。
    以前飼っていたウエスティは来たのが5ヶ月を過ぎていたので初めから比較的落ち着いていました。
    今の子は月齢のせいもあってかなりヤンチャです。
    そのうち落ち着きますかねぇ…。
    ウエスティの子犬の育て方やしつけについてアドバイスがあれば教えていただけないでしょうか?

  • SHinobu

    2015年の3月末に前の子を16歳11ヶ月で亡くし、もう飼わないと思ってたのですがやっぱりウエスティが大好きで11月半ばに家族に迎えました。
    楽しく幸せな生涯にしてやりたいので、相談にのって頂けたら嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    • ゆーま

      SHinobuさんコメントありがとうございます。

      16歳11ヶ月とは本当に凄いですね。
      我が家のホワイトも8日に15歳になるので、ぜひとも見習いたいです!笑

      さて、2ヶ月の子犬の件ですが、口周りというのは基本的に全ての犬が触られることを嫌がるものです。

      野生の場合、母犬は子犬のマズルを噛むことで主従関係を教えていました。

      そのため、マズルコントロールというしつけも存在するくらいです。

      私のサイトではまだマズルコントロールについて書いた記事が無いので、説明しづらいのですが、もしマズルコントロールが分からなければ「マズルコントロール やり方」とかで調べてみて下さい。

      前回の子は5ヶ月を過ぎてから迎えたということですが、ブリーダーから直接購入しましたか?

      もしそうなら母犬と共にした時間が長い分、そういう基本的な社会性を学んでから親元を離れたのかもしれません。

      しかし年齢的に徐々に落ち着くというのは全然あり得ることですし、2ヶ月ではまだしつけを入れるのは早いと思うので、そういう意味では少し様子を見てもいいのかなとは思います。

  • SHinobu

    さっそくお返事をいただきありがとうございます!
    今日コメントを書いた後、2回目のワクチンに連れて行き先生にも相談してきました。
    まだ拭こう拭こうと思わずオヤツやオモチャで気を逸らしながら慣らしていって、無理矢理やって口を触られるのを苦手にしない方が大事です…と言われました。
    前の子は個人宅で生まれた子で、一度他家に行き出戻って5ヶ月まで親兄弟と過ごしていた子でした。
    非常に賢く比較的大人しい子だったのですが、もっと子犬の頃はヤンチャだったかも知れないですね!
    気長に付き合って良い子の育つように頑張ります。
    マズルコントロールも徐々にやってみますね♪

  • SHinobu

    もしかして個人的なご相談などは、問い合わせフォームからメールの方が良かったのでしょうか?
    すみません…

    • ゆーま

      全然コメントでも大丈夫ですよ^^
      私も忙しくて返信できたりできなかったりですが、基本的にコメントは全部読ませて頂いてますので全く問題ございません。

      見られたくないような内容であればメールでも大丈夫ですよ。

      たしかにマズルコントロールの反対派の意見として、嫌がることを無理矢理するから虐待に近いとか、口周りを触られることが嫌なことと覚えられると逆効果など言われているのは事実です。

      しかし私的には飼い主が愛犬の口元を触るのはごく自然なことですので、その流れからマズルコントロールへ移行するのは犬に嫌悪感は与えないと考えています。

      月齢的に2ヶ月でのしつけはまだ早いと思うので獣医師の方の言うように、最初は口元を触られることが当たり前で自然なことと覚えてもらい、本格的にしつけを入れるようなタイミングでマズルコントロールに移行するのが良いと思います。

      もちろんその頃にそもそも口周りを触ることを嫌がらなくなっているのであれば必要以上のしつけは不要ですのでマズルコントロールはやらなくて良いと思いますし、今はコミュニケーションの中で自然に触れていくのが良いと思います。

  • SHinobu

    遊んでる時やリラックスしている時など、口や鼻ずらを触ったり撫でたりしても嫌がらないので、拭かれることが好きじゃないのかも(^^;
    徐々に慣らしていきます。
    マズルコントロールも遊んだりしながらぼちぼちと…ですね♪

  • SHinobu

    ホワイト君、足が悪いんですか?
    でも落ち着いて穏やかな感じが可愛いです♪
    以前の子は腎臓を4年、その1年後からリウマチも患って
    療養食や不要なものを排出する薬と最低限のステロイドでリウマチの痛みを押さえながらも長生きしてくれました。
    最後の半年は点滴に通いましたが、ギリギリまで自分でご飯を食べトイレをし、腎臓の発作で寝たきりだったのは最後の2週間だけという親孝行な子でした。
    今の子も元気に長生きして欲しいです。
    また一緒にいっぱい旅行に行ったりしたいです♪
    ホワイト君もまだまだ元気に長生きしてくださいね!

    • ゆーま

      >>ホワイト君、足が悪いんですか?
      ホワイトは去年春ごろに左後ろ足の前十字靭帯を断裂してしまい、その後、右後ろ足の前十字靭帯も断裂してしまいました。

      靭帯を断裂した場合手術しないと完治しないので、最初は車椅子も覚悟しましたが、なぜか普通に歩いたり散歩したり出来るほど回復しました。

      獣医いわく、性格的に無理矢理足を使うタイプだから、結果的に靭帯を補助する役割の筋肉が発達してくれたらしいです。

      立ったり座ったりは痛そうにしますし、走ったりもできませんが、まぁなんだかんだ怪我する前と同じ生活は出来てる感じです。

      >>以前の子は腎臓を4年、その1年後からリウマチも患って
      16歳と聞いていたのでずっと元気なのかと思いましたが、苦労した時期もあったんですね。

      でもそんだけ長生きして寝たきりが2週間だけなんて本当に羨ましいです。

      ホワイトも明日で15歳なので、少しでも思い出を作ろうとなるべく旅行に行ったり一緒に出掛けてたりしていますが、ホワイトとの時間も少ないんだと思うと本当に胸が張り裂ける思いです。

  • Shinobu

    ホワイト君、なんとかでも歩けているなら良かったです(*^^*)
    段々足が衰えたり目や耳が悪くなったりを見ているのは切ないものがありますが、それなりにゆったりした時間を一緒に過ごせたので、私はその時間も大切でした♪

    今日はホワイト君の誕生日ですね!
    15歳おめでとうございます!
    幸せな1年となりますように(^o^)/

    うちのレオ(うちの子の名前、男の子です)物は家具などは噛まないのですが、手足(特に主人の)へのあまがみがひどくて…私は一緒にいる時間が多いせいか小まめに叱ったり無視したりとしつけができるからかあまりしつこくは噛んでこないので止めさせることもできるのですが、主人に対してはじゃれてるのは判るけど興奮して結構痛いくらい噛むようです。
    やっぱりその度に無視したり短く「ダメ!」「痛い!」などと言って判るのを待つしかないでしょうか?
    なにか有効なアドバイスがあればお願いします!

    • ゆーま

      お祝いの言葉ありがとうございます。

      これからドッグカフェに行こうと思うので、夜時間あれば日記も書きたいと思います。

      甘噛みは色々な原因があるので一概には言えませんが、甘噛みは無視と気の逸らしの2つが基本と言われています。

      やはり手を甘噛みされてリアクションすると、遊んでいると犬は勘違いするので、基本的には無視です。

      そして、おもちゃなどを噛むように犬の気を手からおもちゃへ移行させます。

      2ヶ月頃の甘噛みは手をおもちゃと勘違いしている場合が多いので、手を使って遊ばないように心掛けることが大切です。

  • Shinobu

    ブログ読みました!
    こんなにお祝いしてもらってホワイト君は幸せ者ですね(*^^*)
    ケーキも可愛い♪
    また来年も楽しい誕生日を迎えられるように、頑張れホワイト君\(^^)/

    前の子は亡くなる4ヶ月前まで旅行に行き、1ヶ月前まで親戚の家に遊びに行って、しっかり食べて暮らしていました。
    腎臓の発作で急に元気がなくなりましたが、彼もいっぱいの幸せを私達にくれました。
    ホワイト君もまだまだこれからですよ(^^)

    甘い噛みのしつけは気長に根気よく!ですね。
    無視もタイミングが難しいですが、まだまだお子ちゃまなので叱られても今一つ理解していないような気がします。
    少しずつ覚えてくれるかな?
    本格的なしつけはまだ先で大丈夫でしょうか?

    • ゆーま

      いつも見て頂きありがとうございます。

      亡くなる直前まで元気だったんですね^^
      ホワイトも寝たきりとかにならず、生きてる間はずっと元気でいて欲しいものです。
      来年もし誕生日迎えられたら、さすがにもっと盛大に祝いたいですね。笑

      5ヶ月くらいを目安に始めるのが良いのではないでしょうか。

      しかし甘噛みは子犬の段階でやめさせた方が良いので、コミュニケーションを取りながら手を噛まないよう習慣づけさせることが大切です。

      前回のマズルコントロールのときと同じで怒ったり痛みを感じさせるしつけ方をすると手が怖いものと認識する可能性もあるので、あくまで手を噛まないよう習慣づけさせることが大切です。

  • Shinobu

    今日はちょっと嬉しかったのでご報告です♪
    ご存知の通りウエスティはかなり食欲旺盛な子が多くて、うちのレオも2ヶ月半では抑制がきくはずもなく、ご飯の時は「なんでそんなに…」というくらい興奮して喜びまくりの状態でした(^^;
    ボイルしたササミをご褒美に毎日少しずつこちらに注目して座ってる状態の時に「お座り」と声をかけて、「覚えてくれるといいな~♪」くらいの気持ちでいたのですが、夕飯の時に器に注目させたまま試しに「お座り」と言ってみたら少し興奮を押さえてちょこんとお座りしてくれました!
    本当にささやかな進歩でまだやったりやらなかったりするのでしょうが、それでも私を認めてくれてきているような気がして…..。
    トイレも失敗がまだまだ多く甘噛みもなかなか理解してくれずですが、なんだかスゴく嬉しくて…..ささやか過ぎて笑われるかもしれませんが、つい報告しちゃいました(^^ゞ

    • ゆーま

      2ヶ月半でお座りとは優秀ですね^^

      ホワイトテリアは頭が良く優秀な犬種ですから、Sinobuさんの思いは必ず伝わるはずです!

      それだけ優秀なら、トイレなんかも気付いたら勝手に覚えててくれてそうですね。笑

      しつけの入りが良い子は本当にすぐ色々覚えるので、どんどん色々教えていっても良いかもしれないですね。

  • Shinobu

    優秀なのかな~(^^;
    でもそんな風に言ってもらえるとちょっと自信がもてます!
    あと3日で3ヶ月になりますので、少しずつ少しずつでいいから進歩していってくれたら嬉しいなぁ(*^^*)

    昨日は義兄の家に遊びに連れて行ったのですが、最初にその家のワンコのトイレの場所を教えたら次は自分で行ってしてました。
    自分のトイレも判ってないわけじゃなくて、構ってもらいたくて失敗ぽいことをしていることもあるのかも…..。
    根気よく付き合ってたら、その内ちゃんとしてくれるようになるかな?
    あとは甘噛みですが…..義兄や義姉が言うには「最初の日に比べたら随分噛まなくなってるし加減してる気がするよ。」とのこと。
    うちでは興奮してくるとまだまだガウガウするのですが、これも段々マシになるかなぁ。

    お座りの次は何がいいですかね?「待て」ですかね~(^-^)
    あっ、この数日でお座りは完璧に覚えました♪

    • ゆーま

      あけましておめでとうございます。

      前回のコメントで、あと3日で3ヶ月ってことだったので、きっとグングン成長していることと思います。

      トイレとお座りが完璧で、甘噛みも減ってきているというのは良い傾向ですね。

      やはり犬との共同生活を考えると「待て」を覚えさせるのは大切だと思うので、次は「待て」が良いのではないでしょうか。

      でも、前回のコメントから少し日が経ってしまったでの、レオ君ならとっくに「待て」は習得済みかもしれないですね^^笑

  • Shinobu

    明けましておめでとうございます!
    レオは3ヶ月半になりました(*^^*)
    年末に3回目のワクチンも無事に終わり、今は家の敷地内で散歩の練習中♪
    まだリードに慣れてくれないので噛み噛みしてますが(^^;
    お座りは完璧に覚えてくれ、「待て」も習得しましたよ\(^o^)/
    まだ甘噛みはしてますがレオは断然「鞭より飴」派のようで、ドライフードやオヤツで「痛いから噛まないで!ダメ!!」と根気よく言い聞かせてしつけてます。
    毎日付き合ってる私は今一つ判りませんが、少しずつでも進歩してくれてるなら嬉しいなぁ(*^^*)
    今は「待て」から「来い」の練習中♪だいぶんできるようになりました(^^)v

    ホワイト君も元気に1年を過ごして年末の誕生日を迎えてくれますように(^-^)

    • ゆーま

      3ヶ月半ですか!
      子犬の成長は早いですね。

      ホワイトテリアは賢いですから、根気よくしつければ必ず理解してくれます。
      「来い」もきっとあっという間に習得してしまいますよ^^

      ホワイトの応援よろしくいおねがいします!!!

  • Shinobu

    うちのレオもあと5日で4ヶ月になります!
    週末から1回目のパピー教室に行ってきます。
    「来い」も覚えてくれ、他の家に遊びに行って姿が見えなくなっても、「来い!」と呼んだら走って戻ってくるのでしっかり覚えてくれたかな?
    「ふせ」を教えて始めたら2日で様になってきました(*^^*)

    まだまだ落ち着きがなくわさわさしてますが、夜寝てる間のオシッコもしない日もあるので少しずつ成長して段々落ち着いてくれるかな?と思っています(^-^)

    • ゆーま

      もう4ヶ月ですか!
      早いですね^^
      5日後ってことは今日が誕生日ですかね?

      さすがに4ヶ月で落ち着きは出ないと思いますが、あと数ヶ月もすれば成犬に近い落ち着き方になると思います。

      最近ホワイトが原因不明の前庭疾患になり、連日吐き続けています。
      徐々に良くなっているようですが、年齢的にもこのまま弱っていかないか心配でなりません。
      今日もこの後病院に行ってきます。

      レオ君も長生き出来るように、早いうちから健康には気を付けてあげて下さい。

  • Shinobu

    ホワイト君、いかがですか?
    吐くのは見ててスゴく可哀想なので、早く治まってくれるといいですね!
    吐き気があると落ち着かなくウロウロするし、横になるのもしんどいのか寝ることもできない時があるので、心配で目が離せませんもんね(;_;)
    早く良くなりますように!

    レオは昨日で4ヶ月になりました♪
    夜中のウンチはしなくなりオシッコもしない日が増えてきました!
    散歩も頑張って歩いてくれてます(^^)
    週末は2回目のパピー教室です!
    まだまだ「落ち着く日がくるの?!」ってくらいがさがさしてますが…そのうち落ち着いてくれるかなぁf(^^;

    前のレオはあまり水を飲まない子でたまにパンなどをついついやったりして、何が原因か判りませんが14歳くらいから腎臓を患いましたので、今は気をつけて水を飲ませて犬用以外のものは一切食べさせてません。
    前のレオみたいに「もう少し気をつけてやっていれば…」と後悔はしたくありませんよね(-_-)

    • ゆーま

      昨日ホルモン病の検査を受けました。
      あれから数日吐き気が続いていたのですが、ここ最近はなんとか吐いていません。
      しかし眼振の症状が何度か出ていて、水平眼振になると数時間暴れまわるので大変です。
      獣医さんも原因が分からないようで、これといって治療をしてもらえてないのですが、ホルモン検査の結果によっては進展があるかもしれません。

      確かに腎不全などは水を多く飲むことが重要なので、水をしっかり飲ませているのは非常に良いと思います。
      犬と小麦は相性が悪いので、パンももしかしたら関係があるかもしれないですね。

      というか今気付いたのですが、先代の愛犬もレオって名前なんですか?

  • Shinobu

    ホワイト君、元気になってくれるといいですね!
    原因が判らずしんどそうにしているのを見てるのはツラいもんです(;_;)
    前のレオは晩年リウマチも患ったので、ある日突然しっぽを垂れて足を震わせて家の前もってから動けなくなった時は慌てました。
    腎臓の治療と相談しながら2年ほど1ヶ月に一度の血液検査とステロイドが欠かせなくなりましたが、気をつけていたおかげでひどい症状は出ませんでした。
    原因が判らず突然発症する病気は仕方ありませんが人が気をつけてやっていれば防げる病気は気をつけていこうと、今回は余計なものを食べさせないようにしています。

    名前はね~違う名前にすると呼び間違えて混乱させそうだったので、同じレオにしました(^^;
    正式にはレオ2号です(笑)

    • ゆーま

      ホルモンの検査をしたら引っかかったようで、クッシング症候群などのホルモン病の症状の可能性が高いようです。
      来週あたり病院に行きますが、これからホワイトも薬漬けの日々になりそうです。

      レオ2号が正式名称なんですね!笑
      名前を入れるようなグッズは再利用ができるので有りですね^^

  • ベルのお母さん

    我が家のウエスティのベル君は17才と10ヶ月になりました。2~3ヶ月前から少し元気がなくなって来ましたが、初めての動物病院の先生から、純血種で長寿とビックリされたので、ウエスティ好きの方に聞いて頂きたくてコメントしました。

    • ゆーま

      本当に凄いですね。
      あと2ヶ月で18歳じゃないですか。
      ウェスティで18歳っていうのはあまり聞いたことがないので、ぜひ頑張って頂きたいです。

      最近元気が無いということなので、ここが踏ん張り所ですね^^

  • Shinobu

    ホワイト君、その後いかがでしょうか?
    上のコメントでベル君が18歳近いというのを読んでビックリです(^^)
    13歳くらいから時々具合があまり良くない山のような時期がありますが、うまく乗り越えてこられたんでしょうね!

    うちのレオ2号も5ヶ月になりました!
    まだまだヤンチャ盛りですがちょっと加減を覚えてきたような気がします(^^;
    まっ、興奮してくると忘れてますが・・・。
    狂犬病の注射を受けてから、お腹の調子が今一つ・・・副作用にしては長い気もしますし、今はお薬飲みながら消化の良いフードに替えて様子見状態です。
    お腹以外はすこぶる元気で散歩も喜んで行ってます♪

    • ゆーま

      先日記事にもしましたがクッシング症候群と診断されました。
      しかしあれから目立って具合が悪くなるということもなく、比較的体調は良いです。
      今の所まだ薬物療法をしてないので、また眼振を起こしたり、発作に近いような症状が出る可能性はありますが、実際はクッシングとその症状の関連性は分かっていないので、しばらくは様子見って感じです。

      5ヶ月ですか。
      なんだか早いですね。笑

      狂犬病の副作用であれば4~5日とか、長くても1週間もあれば治りますので、あまりにも長ければ違うかもしれませんね。

      ホワイトも昔はお腹が弱くてよく軟便になってましたし、定期的にお腹がギュルギュルなることが多かったのですが、フードを変えたり手作り食を導入したりして治ったので、今回フードを変えたということであれば、もう少し様子を見れば良くなると思いますよ。
      ウェスティってお腹弱い犬種なんですかね?笑

  • Shinobu

    ホワイト君心配ですね( ´△`)
    でも体調が落ち着いているようで良かったです。
    腎臓の発作の時も眼振があって心配しました。
    ゆっくりのんびり過ごしながら長生きして欲しいですね♪

    レオは薬を飲んでお腹が落ち着いてます。
    レオ1号はお腹が強い子だったので、あまり軟便の記憶がないんです(^^;
    今晩の分で薬が終わるので明日病院に連れて行って、とりあえずは整腸剤と消化の良いドライフードで様子をみることになりそうです。

    丸5ヶ月でまだ体重が3.3キログラムくらい・・・とくに痩せてはいないし元気いっぱいなのですが・・・ウエスティにしては小さいような気がします( ̄0 ̄;

    • ゆーま

      ありがとうございます^^
      あれから眼振は無いですが、定期的に吐いてしまうんですよね。
      血栓の予防薬を飲み始めたのですが、それから吐いてしまうので、もしかしたら相性が悪いのかもしれないです。
      今は薬を飲ませず様子見しています。

      もしかしたらレオ2号はお腹が弱いタイプなのかもしれないですね。
      しかし5ヶ月で3.3キロは少し小さいかもしれませんね。
      まぁ最近はウェスティでも体格の小さい子が増えているので普通と言えば普通かもしれませんが、あまり体格が小さすぎると体の弱い個体になりやすいので、それが少し心配ですね。

  • Shinobu

    こんにちは(^^)
    ホワイト君はいかがでしょうか?

    レオは整腸剤を飲みつつ消化の良いドライフードをメインに食べさせて、お腹は
    落ち着いています。
    3分の2は病院で買った消化の良いドライフードで3分の1を市販のドライフードを食べさせているのですが、それを替えた途端に状態が一気に改善しました!
    何かの成分が前のは合わず、今のが合ったのかな?
    量も回数も正常に戻り、匂いもなくなりました。
    整腸剤を飲まなくても大丈夫になってフードだけで落ち着いてくれたらいいのですが・・・でもなんかホッとしました(*^^*)

    • ゆーま

      ホワイトは血栓の予防薬だけ飲んでいたのですが、なぜか吐いてしまって、今は薬をやめています。
      しかし相変わらずクッシング症候群の症状は何も出てないので、なんだかんだ毎日元気そうにしてます。笑
      そろそろ病院に行って、血栓の薬をどうするか相談する予定です。

      やっぱフードが合ってなかったんですね。
      ホワイトも前にウンチが緩くなるフードがあったので、やっぱフードとの相性って大切ですね。
      良い餌を食べさせたいですけど、そうすると中々お値段が高くなっちゃうんですよね。笑
      愛する愛犬のためには仕方ないことなんですけどね^^

  • Shinobu

    お久しぶりです♪ホワイト君はどうですか?
    暖かくなって体調が良くなってるといいのですが・・・。

    うちのレオは整腸剤を飲まなくても良いウンチをしてくれるようになりました!
    やっぱりフードなんかなぁ・・・レオ1号の頃から考えて、フードもなんだかどんどん良い物が出てるようで悩みますが、今のがレオには合ってるようなのでしばらく続けてみようと思っています。

    さて、レオも6ヶ月半となり術前検査も問題が無かったので来週去勢の手術をすることになりました。
    どうしようか随分悩んだのですが、将来的な病気のリスクや繁殖は考えてないのでレオのストレスなどを考えて決めました。
    去勢は自然の姿を人間の勝手で歪めてしまうものなので賛否はあるでしょうが、家族として迎えた方側の責任で決めるしかないので・・・でも考えてしまいますね(^^;

    今の心配は手術当日の朝ごはん抜きです!
    食いしん坊なもんで「なんで今朝はくれないの~!」と騒ぎそうでドキドキです( ̄0 ̄;

    • ゆーま

      お久しぶりです^^
      我が家の爺さんは意外としぶとく、言うほど体調は悪くないです。笑

      血栓の予防薬だけは飲ませたいので色々試しているのですが、どうしても血栓の薬だけは吐いてしまって合わないんですよね。

      結果なんだかんだ何も治療してない状態が続いていますが、意外と元気です。笑

      去勢手術は無事終わりましたか?

      私は去勢手術は賛成派なので全然良いと思います。
      病気のリスクも高いですし、自然の生物に人間の技術が入ることに賛否はありますが、結果的に犬の平均寿命は昔よりも長くなっています。

      90年代の平均寿命は10歳未満ですので、犬らしさを追求しすぎれば昔のよう犬が短命になるだけです。
      ちゃんと愛情を注いで飼っていれば全く問題無しです!笑

  • Shinobu

    ホワイト君、ぼちぼちとでも元気に過ごしているようで安心しました(*^^*)
    薬が合わないのが困りものですね~( ̄0 ̄;
    ホワイト君の体質に合うのが見つかるといいのですが・・・。

    レオの手術は無事終わりました!
    朝ごはん抜きも拍子抜けするくらい良い子で受け入れてくれました(^^;
    先日傷口のチェックに行ってきましたが良好で週明けには抜糸です♪
    術後の麻酔の覚めも良く、帰ってからも便秘も下痢もせず食欲もありエリザベスウエアも比較的嫌がらずに着てくれています。
    時々思い出したように背中ズリズリしてますが・・・f(^^;

    これで今やれることは終わったので病気やケガの気をつけて、愛情たっぷり楽しいことを一緒にいっぱいして過ごして長生きしてくれるように育てていきますね!

    • ゆーま

      先日久々に眼振してしまいました。
      寝ながら吐いて、失禁して、ウンチまでもらして、本当に大変でした。
      今は軽くフラフラしながらですが、まぁいつも通りな感じです。
      なんだか体調が良いんだか悪いんだか分からない感じで不安です。

      エリザベスを嫌がらないのは良かったですね!
      ホワイトも昔付けてことがありますが、物凄い嫌がってたのを思い出します。笑
      抜糸も無事終わりましたか?

  • Shinobu

    ホワイト君、可哀想に・・・吐くのも見てるの可哀想やし、ウンチなども寝たまましてるのは本人も嫌でしょうから・・・。
    なんとか落ち着いて状態が良くなってくれるといいですね。

    エリザベス「カラー」は絶対嫌がると思ったので、着たままウンチやオシッコもできるエリザベス「ウエア」なるものをサイズを計ってお願いして着せていたんです(^^;
    今は便利でワンコがなるべく嫌がらないものがあるんで助かりました♪
    抜糸もあっという間に無事終わりました!

    • ゆーま

      前回、前庭疾患で眼振の症状が出たときは2週間以上長引いてたのですが、今回は3日ほどで治りました。

      突然発作のように発症するので、いつまた前庭疾患が出るのか毎日不安って感じです。

      カラーではなくてウエアでしたか!
      今はそんなのがあるんですね。
      ウエスティは皮膚病の子が多いので、これは皆に知ってもらいたいですね。
      今度時間があったら記事にしてみたいと思います。笑

コメントを残す