犬がタバコを食べた時の致死量とは!誤飲の症状や副流煙の影響!

Smoking Dog
flickr photo shared by indi.ca under a Creative Commons ( BY ) license

タバコは犬に限らず、生き物が誤飲してしまうと命に関わる危険なものですが、実際に食べた場合の致死量やニコチン中毒の症状はどのようなものなのでしょうか。

そもそもタバコの副流煙は人体だけでなく犬にも悪影響だと言われています。

今回は犬がタバコを食べた時の致死量や、誤飲した場合の症状、副流煙の影響などを詳しく説明します。

Sponsored Link

タバコの誤飲の実情

タバコを誤飲してしまうという事故は日常の中で比較的多いようです。

最近では分煙が徹底されてきていることもあって、道にタバコが落ちているというようなことも少なくなりましたし、喫煙者のマナーもよくなっています。

しかし中には家の外で吸っているから大丈夫だという安心感が事故につながっているケースもあります。

家の庭の隅に灰皿を置いておいたところ、その吸殻を犬が誤飲してしまうというような事故が多いようです。

犬がタバコを誤飲してしまう場合、ほとんどが飼い主の家族の中に喫煙者がいます。

不注意にタバコを置きっぱなしにしたり、吸殻を放置したりしないように家族全員で注意することが必要です。

また、普段から落ちているものを食べないなどのしつけも合わせて行うことで危険なものを誤飲してしまうことを防ぐこともできます。

ニコチン中毒について

タバコには様々な成分が入っていますが、犬がタバコを食べてしまった場合、最も危険なのはニコチン中毒です。

愛犬がタバコを誤飲した場合、症状の発症など全てを左右するのは、結論どの程度ニコチンを摂取してしまったかに懸かっています。

ここではニコチン中毒について説明していきます。

ニコチン中毒の症状

嘔吐・下痢

嘔吐は中毒症状と言うよりかは、誤飲した場合に一番初めに起こる共通の初期症状と言えます。

嘔吐した際に飲み込んだタバコを吐き出した場合はとても運が良いので、嘔吐はできるだけさせてしまい、悪いものを出してしまった方が良いでしょう。

誤飲をしたのは明らかなのに、特に吐いたりする様子が無い場合には逆に危険な可能性が高いです。

詳細は下記を参照下さい。

関連記事:犬の誤飲は症状が出ない場合が一番危険!対処法は吐かせる?

次に下痢ですが、下痢の症状が出ているとなると、ニコチンが腸まで達しているということになりますので、これは軽度ですが中毒症状が発症していると考えて良いでしょう。

普通の下痢症状だけでしたら、そこまで急ぐ必要はありませんが、血が混じるような血便や血尿が出る場合は、早めに獣医師の診察を受けましょう。

重度な症状になる前に電話などで確認するようにし指示を受けるように準備しておくことが大切です。

呼吸困難

この場合はすでに重度なニコチン中毒に陥っている可能性が高いです。

呼吸器に異常がある場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

命に関わる状態であると判断できるので、早急に体内のニコチンの量を減らしていくなどの治療が必要です。

ニコチンの致死量

ニコチン中毒になってしまうニコチンの量は、犬の体のサイズによって違います。

小型犬であればニコチン含有量の高いたばこであれば、4分の1本誤飲してしまうだけで中毒症状が現われます。

また一般的に言われている致死量は、ニコチンの摂取量が8mg~12mg/kgと言われているので、小型犬が2本たばこを誤飲してしまうと死亡してしまうという計算になります。

しかし、タバコの含有量表示はあくまでも正しく吸った場合の量を示しているのでタバコ本体には数倍のニコチンが含まれています。

よって、個体差はありますがタバコを1本誤飲してしまっただけでも死に至るケースがあると考えられます。

今まで色々と誤飲や中毒症状を記事にしてきました。

関連記事:犬用バレンタインチョコレートを紹介!少量なら中毒症状は出ない?
関連記事:犬の玉ねぎ中毒は嘘?少量では致死量に達しないので危険じゃない!

これら過去の記事を見て頂くと分かりますが、犬の中毒で有名な玉ねぎやチョコですら、都市伝説レベルの話で、中毒症状が出るには相当な量を食べる必要があります。

しかしタバコは違います。

1本2本のレベルで死に至る可能性もありますので、喫煙家の家庭はかなり慎重になった方が良いと言えるでしょう。

発症までの時間

タバコ中毒の初期症状は、タバコを誤飲してから早くて10分~15分ほどで出始めます。

嘔吐や震え、よだれなどの症状が多く興奮状態になる犬もいるようです。

このときにニコチン摂取量が多いと呼吸困難など重篤な症状が現われます。

誤飲から1時間ほどで小腸に達すると思われますが、そうなると一気にニコチンの吸収量が増えてしまうのでタバコの誤飲を発見した場合は早急に動物病院へ連れて行き、治療を行うことで犬の命を救うことができます。

初期症状が軽い、あるいは全く出ない場合は、それ以上症状が酷くなる可能性は低いですが、何かあってからでは遅いので、すぐに病院に行きましょう。

誤飲の場合には様子見は最もやってはいけない対処法です。

なお、タバコを誤飲した際に何かを飲ませて吐かせようと考えることがあると思いますが、ニコチンは水分に溶けやすい性質を持っているため水分を摂らせることで体への吸収を早めてしまい逆効果となってしまいますのでやめましょう。

副流煙による影響

この記事を見られている方は、おそらく愛犬家で愛煙家か、愛犬家で家族に喫煙者がいるという方がほとんどだと思いますので、タバコ繋がりで副流煙についても紹介したいと思います。

人間にも副流煙は様々な悪影響があると言われていますが、犬にとってもその有害性は同じです。

嗅覚が優れている犬にとってはタバコの臭いはとても辛くきついものであることに間違いないですし、煙が目や内臓など様々部分に支障をきたします。

ある研究では、飼い主が喫煙者の場合は犬の発がん率が1.6倍になるとも言われています。

また、副鼻腔ガンや肺がんのリスクが格段にあがることも確認されています。

その他、命に直接かかわる病気ではなくても喘息や鼻腔に関する病気を発症する恐れがあり、犬にとっても副流煙は健康を害するものであることがわかります。

関連記事:犬の誤飲を物別に紹介!プラスチック・ゴム・ビニール・薬・スポンジ

まとめ

  • タバコの誤飲は少量で死に至る
  • 副流煙も犬に悪影響
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す