犬のしゃっくりが止まらない原因は病気?おすすめの止め方を紹介!

犬も人間と同じでしゃっくりが止まらないという状況になることがありますが、病気が原因の可能性もあります。

また、しゃっくりにもちゃんと止め方があるってご存知でしたか?

今回は私が実践しているオススメの止め方を紹介しつつ、犬のしゃっくりが止まらない原因が病気なのか検証していきます。

Sponsored Link

病気によるしゃっくり

しゃっくりは人間だけだと思っている人が多いみたいですが、犬も同じようにしゃっくりをします。

▼犬のしゃっくりの様子

しゃっくりは横隔膜が痙攣して起こる現象なので、通常は時間が経てば治まりますが、中には病気によるしゃっくりが含まれていることもあり、その場合はしゃっくりしている時の症状を見ることが重要です。

病気ごとのしゃっくりの違いを紹介します。

喘息等の呼吸器疾患

喘息や肺炎を患っている犬は、しゃっくりが出やすい傾向にあります。

呼吸器系の疾患は横隔膜に刺激を与える場合があるので、刺激により痙攣をおこし、しゃっくりが頻発します。

呼吸器系の疾患を抱えている場合は、しゃっくりの他に呼吸が苦しそうな仕草をみせたり「ヒューヒュー、ゼーゼー」といった呼吸音が聞こえたり、咳をしたりと他の症状が併発している場合が多いです。

胃捻転

この記事の後半で早食いについても後述しますが、一気にエサなどの食べ物を食べて水を飲み満腹状態で急に運動を始めたりすると、胃の中でガスが発生し胃捻転を起こす危険性があります。

胃捻転は、何らかの原因により膨れ上がって胃が捻じれてしまうことによって起きる病気です。

大型犬に多く処置が遅いと死に至る病気です。

げっぷやしゃっくりの症状の他に、お腹が膨れていたり、嘔吐をしたり、お腹を痛がるような症状がある場合は胃捻転の可能性があります。

脳卒中

脳卒中の症状にしゃっくりが止まらなくなるという症状があります。

これは脳卒中とみられる病気が原因で脳が刺激を受け、しゃっくりが止まらなくなるという流れを繰り返しています。

脳卒中が原因によるしゃっくりの場合、止まることなく長い間しゃっくりが出ている状態が続きます。

脳卒中の場合は、大きな症状が起きたと同時に命を失うこともあるので、しゃっくりが続くときは疑った方がよいでしょう。

てんかん

しゃっくりがとまらないなと思っていたらてんかんの症状のはじまりだったということもあります。

てんかんになる原因は様々ありますが、初期症状としてしゃっくりが止まらないということがありますので注意してみてあげましょう。

日常で起こるしゃっくり

ここまで病気が原因のしゃっくりを紹介してきましたが、重い病気では無くても、日常生活の影響でしゃっくりが止まらなくなる場合があります。

実際に愛犬と生活していても、そうそうしゃっくりと遭遇することはありません。

愛犬のちょっとした体調の変化で病気に気付けることは大変良いことですので、アンテナを敏感にしておくことは大切ですが、しゃっくりをしているからと、すぐに病気と関連付けるのは不安を煽るだけですので、日常生活の影響で起こり得る原因も紹介しておきます。

ストレスや環境の変化

犬はストレスや環境の変化に敏感な動物です。

引っ越しなどの大きな環境変化はもちろんですが、日常のちょっとしたストレス(散歩が足りない、ゆっくり眠れない、かまってもらえないなど)を積み重ねてしまうと様々な問題行動や体の異常を訴えてきます。

犬は人間のように言葉を話すことができない分、欲求が伝わりにくい部分があるので飼い主がしっかりと犬の様子を見て、寄り添ってあげることが必要です。

寒暖差や極度の寒さ

部屋の温度などの差があまりにもある場合はストレスを感じてしゃっくりが出ます。

また極度に寒い場合は低体温になり、自律神経のバランスが乱れたことでしゃっくりが出やすくなります。

部屋の温度管理はしっかりと行い、冬は適度に暖房を入れ夏はエアコンで冷えすぎないようにするなど適温を把握して管理するようにしましょう。

関連記事:犬は寒さに強い?弱い?下痢や吐くといった症状も!

エサの食べるスピードや内容

しゃっくりには食べたものを消化するときに出るガスを排出する働きがあると言われています。

そのため餌を食べた後にしゃっくりが出ることが多いです。

あとは餌を食べるスピードが早過ぎると交感神経と副交感神経が混乱を起こして乱れてしまい、しゃっくりが起こるようです。

また餌が合わないとしゃっくりが頻繁に起きてしまいますので、早食いではないのにしゃっくりがよく出る場合は餌を変えてみるとよいでしょう。

しゃっくりを止める方法

しゃっくりを止める方法は諸説ありますが、私は個人的にしゃっくりが出ると水を飲むと止まるような気がします。

なので犬にも水を飲ませてます。笑

根拠ねーのかよって感じですが、色々調べてみたところ、やはりゆっくりと水を飲ませてあげると効果があるというのは結構一般的な説みたいですね。

あとは色々ですが、犬が夢中になれるおやつをあげたり運動させて今の呼吸を変えることでしゃっくりを止めるなど様々な方法があります。

のどや首元をやさしくマッサージするというものもあり、病気の場合は治療が必要なので効果は無いですが、日常生活の影響で発症してるしゃっくりには効果があるのではないでしょうか。

マッサージなら以下の過去記事も参考にどうぞ。
関連記事:犬の車酔いは酔い止め薬で吐くのを防止!アロマやツボで克服も?

まとめ

  • 犬もしゃっくりをする
  • 連続的な場合は病気の可能性もある
  • 止める方法は水を飲ます!
Sponsored Link

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す