伸びすぎは危険!犬の爪切りの頻度や長さ、小麦粉での止血を紹介!

犬の爪切りの頻度や長さがよく分からないという方も多いと思いますが、実は伸びすぎはとても危険なんです。

最近では小麦粉による止血方法など面白い情報もありますので、犬の爪切りの頻度や長さ、伸びすぎた場合の危険性などをご紹介します。

Sponsored Link

爪の適切な処理

犬を飼い始めてすぐの頃は爪の処理1つでビクビクするものですが、適切な長さや切る頻度など疑問も多いものです。

爪の適切な処理方法をご紹介します。

適切な長さ

犬の爪の適切な長さは、爪切りに慣れている人であれば見た目ですぐに判断することができます。

犬の爪を切るときには、筒状になっている犬の爪をいきなり大きく切らずに、端から少しずつ角を落としていくように切っていくのがポイントです。

少しずつ切りそろえていくことができれば、やがて爪とは違った白い断面が見えてきます。

それが爪の中にある血管近くにある組織なので、その断面が見えるくらいが適切な爪の長さです。

断面が見えた時点で爪切りの使用をやめ、やすりをかけて表面を整えていく作業を行うことで適切な長さに爪を揃えることができます。

爪切りの頻度

犬の爪切りは月に1回程度行うのがよいでしょう。

そこまで頻繁に切る必要はないですし、散歩をする習慣のある犬だと散歩で歩いているときに多少爪が削れたりするので、週単位でケアをする必要はありません。

何か月も放置してしまうと、爪と共に爪の中の血管も伸びてしまうので、自宅でケアを行うのが難しくなってしまいます。

月に1度のケアはかかさずに行いましょう。

爪を切る目安は、フローリングなどを犬が歩いているときにカチカチと音がする時が良いと言われています。

失敗した時の止血方法

切り過ぎないように周りから少しづつ切り、最後はヤスリで丁寧にと気を使っていても、プロではないですからミスはしてしまうものです。

ここでは爪切りに失敗して出血した場合の止血方法についてご紹介します。

パウダー止血剤

犬の爪切りを行う時に用意すべき道具の1つに止血剤があります。

▼医薬品のクイックストップ(楽天市場に飛びます)

犬の爪には血管が通っているので少しでも爪を切りすぎてしまうと出血してしまいます。

そんな時に止血剤があると安心できます。

パウダー状の止血剤があるのでそれを用意して、もしもの時に備えてから爪切りを始めましょう。

止血のパウダーを使用しても出血が止まらない場合は獣医師の治療が必要となりますので、きちんと様子をみながら使用するようにしましょう。

小麦粉を止血剤代わりに使用

爪から出血した際の止血に小麦粉が有効であるという情報がネット上で見られます。

使い方は小麦粉をそのまま出血した患部につけてしまうというものから、少し水で溶いたものを固めて患部につけるというものもあります。

小麦粉は水を含むと固まるのでその原理を利用したことと、もし犬がなめてしまっても害がないという点から利用されているようです。

出血が少量である場合は効果があることもあるようですが、用意できるのであれば止血剤の方がやはり効果は期待できます。

自分では無理な場合

どうしても自分でやるのが怖くて無理という方も多いと思います。

とても参考になる動画があったので載せておきます。

かなり分かりやすい動画でしたが、これを見てもやっぱ無理という方は自宅でのケアはあきらめましょう。

犬というのは恐怖心を忘れないものなので、1度失敗して爪切りが怖い事だと覚えてしまうと、爪を切ろうとするだけで逃げたり暴れたりします。

ちなみに我が家のホワイトは爪切りが大嫌いで、私が自分の爪を切っている時に、パチパチという音を聞くだけでゲージの中に逃げ込みます。笑

トリミングサロンでも安ければ500円ほどで爪を切ってくれますし、我が家では爪切り・足裏バリカン・耳掃除などが1500円でパックになっている物を月1で通っています。

爪が伸びすぎてはいけない理由

わざわざ私のサイトに足を運ぶような熱心な愛犬家の方々に限って放置するということは無いかもしれませんが、爪が伸び過ぎてしまった場合の危険性なども合わせてご紹介します。

血管が伸びる

犬は爪の中に血管や神経が通っていて、爪が伸びるのと共に血管なども伸びていきます。

爪が伸びても切らない放置してしまうと、爪と同時に血管類もどんどん伸びていきますので、切ろうと思った時には血管も伸びてきていてうまく切れなかったり、切っても長いなど元の長さに戻すのが難しくなってしまいます。

無理に短く切ってしまうと出血もしますし、痛みも伴いますので、爪のケアはきちんと行いましょう。

伸び過ぎてしまった場合

爪が伸びすぎてしまうと、やがて肉球に爪が食い込んでしまって歩くことが困難になることもあります。

ずっと放置されていた犬や保護犬などはこうした状態のこともあります。

この場合は、獣医師の処置に任せるのが一番良いでしょう。

動物病院で爪を切ってもらう際に出血を伴うと思われますが、動物病院でしたら設備も整っているので、安心して処置をしてもらうことができます。

傷から菌などが入ってもいけないので、専門である医師やトリマーなどに任せた方がよいでしょう。

また、手術や検査などで全身麻酔をする時に、ついでに爪を全部切ってくれたりもするので、そういう機会があれば相談してみるのも良いかもしれません。

まとめ

  • 最低でも月1のケアが必要
  • 無理なら諦めてプロに任せよう
  • 伸びすぎた場合は獣医師に相談
Sponsored Link

Royal whiteaのおすすめ商品

胸肉ジャーキー50g
胸肉で作ったジャーキーです。ささみのように嗜好性が高く、胸肉を使用している為、ささみよりも少し低価格でご提供ができます。ホワイトも毎日食べているスタンダードなジャーキーです。
砂肝ジャーキー30g
砂肝で作ったジャーキーです。クッシング症候群は血栓の危険性が高いと言われていますが、砂肝はその血栓を予防すると言われています。ホワイトがクッシング症候群になったので食べさせ始めました。少し硬めなので、噛みごたえがありおすすめです。

コメントはこちらから

ご意見・ご感想があればお気軽にコメント下さい。
返信はしたりしなかったりですが頑張ります!笑

コメントは承認制になっていますので、私が承認するまで表示されません。
投稿後は表示されるまで気長にお待ちください。

誹謗中傷などのネガティブなコメントは非承認にする場合がありますが、個人運営のブログなのでご理解頂ければと思います。

ホワイト可愛いってコメントは100%承認させて頂きますのでお待ちしております!笑

コメントを残す